イチョウの黄色を楽しむ日



 お弁当を持って、小平中央公園へ。予想通り、一面、いちょうの葉々、黄色いじゅうたん!大喜びで駆け回る子どもたち。そんなトータルな眺めがなんとも目に優しく。ここ最近は、子どもたち3人の絡みもますますおもしろくなり。特に一番下ほゆきの大きい兄あてはと、小さい兄ゆふきに対する態度の違いは、日々の積み重ねからくるものなのだろう。ゆふきが近づけば、時に「ぎゃあ~!」と威嚇したかと思えば、あてはが近づくと、上目使い、ちょっと甘えた風に、手をつないで、そんな素振りなど。こんなやりとりを眺めつつ、晩秋の景色を満喫する日。
 教室買い出し前に、平日になかなか足を運ぶことができなかったところへ足を延ばし。
 まずは、いつも外からうっとりと眺めていた場所。今は亡き、帽子作家、関民さんのアトリエがお弟子さんたちによって、先日リニューアルオープンした、とのことで。壁一面には印象的な帽子がずらり。そして、アトリエの一角、生前まで関さんが使っていらしたJUKIの足踏みミシンがなんともすてきで。その横には色とりどりの糸がずらり、ずらり。小さなアトリエなのだが、一角にはミニキッチン、そしてピアノが置かれ。きっと、大好きなことがぎゅぎゅぎゅっと詰まっている、そんな空間だったのだろうなあ、など。そして、ものが生み出される、アトリエという空間の魅力とエネルギー。
 もう1つ、以前匙屋さんがあった松葉荘にオープンしたギャラリー「国立○ミ」へ。とっても印象的なリースの展示。「クサキタケツルカワハナハミマルワ展」。御年70歳の二名さんという方の、植物を生かした、とっても大胆で力強くありながら、対照的になんとも優しい、そんな見応えのあるリースが展示され。アジサイやムギ、ふわり香ると思えば、レモングラスにローリエ、ユーカリなど。今はクリスマスをイメージしたものが多いそうだが、これからはお正月に向けてのリースも届く、とのことで開催中に降らまた足を運んでみたいなあ、と。そうそう、黄色いイチョウで作ったリースも展示されていた記憶。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/176-42784546

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR