FC2ブログ

あわてんぼうのサンタクロース


 寝起きの枕元にはサンタクロースからのプレゼント。大喜びで2階へ上がり、さっそく包みを開ける。今年のプレゼントはあては初めての包丁。私からの吹き込みではなく、欲しがっていたもの。「あわてんぼうのサンタクロースがもう1つのプレゼント、忘れちゃったんだって。だから今日、宅急便で届くみたいだよ。」アマゾンでの注文、もう1本はとり急ぎでも25日以降、ということだったので。すでにあてはの元にある1本は子供用包丁の丸刃。つまり刃が出ていないので手を切ることのないもの。が、予想以上の切れ味(切れ味という言葉があっているかどうかわからないが)。さっそく包丁を手にキッチンに立つあては。カリフラワーをざくざくとカットし、「もっと切りたい!」と。今日のお昼はあてはのカットしたカリフラワーとキャベツ、ツナのクリームパスタ。テーブルに座ると、真っ先にカリフラワーばかりを食べるあては。「おいしい~!」「あてちゃん作ったからおいしい?」と私の顔を覗き込み。お昼ごはんを食べ終わった頃に、もう1つのプレゼントが届いた。こちらは同じ子供用包丁でも刃のあるものでちゃんと研ぐこともできるもの。様子を見ながら、使い分けていけたら、と。この時期、私の頭の中の半分以上を占めるのが毎年恒例の「おせち」。乾物系の買い出しはほぼ済ませ、今日から野菜など生鮮系の買い出しも本格スタート。慈姑に京にんじん、ゆずなどなど。ついでにお花屋さんで飾りに使う若松なども。昨年は甘さ見直し、ということで全体的にかなり甘さを控えた品揃え。黒豆、栗きんとん、伊達巻など。おせちのシンボル、ともいえる黒豆の甘さ、今年も昨年と同じでいこうかどうしようか、ということで試し煮など。コトコト数時間、やっぱりこの黒豆を炊く香りは本当になんともいえない。が、思いがけず電話に夢中になり、焦がすまではいかないものの、カラメルの香りに近い仕上がりに。そして甘さを確認、の意をなさず。どこかげんかつぎにも近い、この試し煮、気を取り直してもう1度、ということで明日のためにもう1度豆を戻す夜。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/1578-1328c225

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR