ガレット・デ・ロワにチーロー飯



 お正月ごとの片づけをしつつ、あては宿題チェックを一気に進めつつ。夏休みに比べると、圧倒的に「あっという間」感は大きく、親子ともども、落ち着いたら手を付けなくては、と思いつつ、先延ばしになっていたことなども多く。
 お年賀などを買いに買い物へ行き、お菓子屋さんへ立ち寄ると、そう、今日は新年のお菓子「ガレット・デ・ロワ」がお店に並ぶ日。紙の王冠がのった、パイ菓子で中には、フェーヴと呼ばれる陶器の小さな人形が入っている。本場フランスでは1月6日の公現節にみんなで切り分けて、フェーブが当たった人は王冠をかぶり、その年1年の幸福が約束される、という、なんとも新年らしいお菓子。昨年はお友達たちと「ガレット・デ・ロワ」食べ比べをし、プチ新年会を迎えた記憶。つい先日はセブンイレブンに「ガレット・デ・ロワ」が並んでいて、びっくり。本来はかなりピンポイントの日付でいだたくお菓子、なのだが、もう少し長く、「新年」として楽しむのもありなのでは、ということで私の楽しみ含めて、今年最初のおいしいイベントを大急ぎ、イメージ中。明日は、1月7日の七草粥。その時期その時期を、「食」を通して、体感すること。
 午後は、新年の将棋集まりにうれしそうに出かけるあてはを見送り、久しぶりに下2人との時間、そんな感覚に少し懐かしさすら感じるくらいに。と、お正月疲れが出たのか、珍しく2人揃っての昼寝が始まり、一気に静かな家の中。コーヒーを飲みながら、まずは今年のおせちノートに書き加えをし、ここでようやくのおせち仕事納めとなり、来年の(正確には今年の年末)私へのメッセージとなり。1年後には本当に悲しいほどにたくさんのことを忘れているので。
 再来週からの1,2月教室、「あったかチャイニーズ」に向けて。ようやくメニュー取り合わせのめどが立ったところ。ごはんものとそれからスープのリクエストをいただいていたので。今日の試作は、大好きな「鶏肉(チーロー)飯」。おもな作業が鶏肉をゆでるくらいで、とにかく手軽で、辣油などのスパイシーさが、かなり癖になる一品。そして、鶏肉をゆでたスープもきっちり使って、こちらも手軽なスープに仕上げ。そう、シンガポール料理「チキンライス」の印象にも近いかもしれない。ということで、新年の初試作は丼もの、そんな幕開け。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/147-de20913c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR