一気に頬張りたくなるエッグタルト



来週から始まる1,2月教室に向けて。ようやく、「エッグタルト」が思い通りに焼き上がり、オーブンの前、1人ガッツポーズ。同じ生地でも焼き方の違いでまったく違った印象に。焼き菓子全体にいえることなのだが、そこがおもしろさでもあり、難しさでもあり。かなり高温で短時間で焼き、表面はしっかりと焼き色、中はようやく火が通るか通らないか、口に運んだ時にトロリとした印象、そんなイメージのもと。熱々を、思わず一気に頬張りたくなる、そんな一品に仕上がったのでは。
 もちろん、一気に頬張ってから。週末のケータリングに向けて、買い出しへ。今回は、「くにたち食材」をテーマに5,6品の料理をご用意する予定。特に、くにたち産の季節野菜をふんだんに、ということで、とにかくの季節もの、その時期その時期、その日その日にどんな野菜が入っているのか、そしてどんな野菜がおいしそうか、など、まさに実際に目にして、手にしてみないとわからない。今日はひとまず野菜とにらめっこすることしばし。そして、野菜をみて、改めて、メニューの見直しなど。以前働いていたオーガニックレストランではいつもこうだった。野菜からメニューの詳細が自然と決まってくる。「しゅんかしゅんか」と、野菜カフェ「モロゴロ」をはしごして、ほぼ野菜のめどは立ったのでは。
 作った料理をどんな風に盛り付けようか、召し上がっていただきやすくするには、などなど、いつもの仕事とはまた違った目線での思案。そして、なんせケータリングはだいぶ昔に1度、大磯にてやったことがあるのみ。ノウハウのノの字もない未熟者、秘かに大いに緊張しつつ。
 「モロゴロ」の近くにある、手縫い革教室「shuji works」へ。以前1度修理をお願いした財布を再び。ここしばらくは、みんな通る道、お財布いじりが趣味の1歳児ほゆきに日々財布をいじられ、カード入れの部分に一気にほつれができてしまい。ここのアトリエが、エントランスの感じから本当に素敵なのだ。アトリエが、オーナーさんらしさそのもの、というか。その空間に入った瞬間に、その人となりが伝わってくるような。私の教室のスペースも、きっと、いつのまにか、私らしさ、になっているのかもしれない。ああ、そんな大切なスペース、実はいまだに年末年始の余韻残りつつ、来週の教室までにきれいにしなくては、と心した帰り道。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/138-241ea022

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR