fc2ブログ

みんなで伊東の旅 1日目



 伊東への旅、1日目。まずは港北インターにて待ち合わせをし。東久留米の父母、義妹ファミリー、そして我が家、と3ファミリーでの始めての旅。みんなで一緒、の設定はあてはのみならず、こちらまでなんともわくわくし。渋滞も無く、スムーズに進み、気づけば一面に真っ青な海、海!今回の目的はもちろん海水浴、なのだが、まずはその前にちょっとした小山を進み、立ち寄ったのは、和食「楽居」。お座敷にてみんなでテーブルを囲み。注文はやっぱり金目の煮付けに刺身など。煮汁、というよりも詰めたたれ、に近い、とってもコクのある煮つけに質の良い身質は思わず箸が止まらず。大満足で一路、伊東の海岸へ。母のありがたい好意にすっかり甘え、母とゆふきは海水浴場への眺めばっちりのお店へ避暑へ。ということで、水着姿の子供たちと男性陣にくっついて、海岸へ。まずはうれしそうにひたすら砂遊び、そして砂遊びしつつ、徐々に海へ、海へ。とにかく大はしゃぎの姿をパラソルの下、義妹あかねちゃんと眺めながら、おしゃべりなど。気温は高いものの、カラッとしているせいか、案外心地よく。それにしても、それはそれは楽しそうな男衆。振り向けば、道路を挟んで向こうに母の手を降る姿。海を後に。伊東と南伊東の間の山道を上がっていく。今日の宿はありがたくも義弟としゆきくんの会社の保養所。保養所、という言葉からは想像もつかないほどの、それはそれはすてきなところ。一面ガラス張りに広いテラス、そして向こうには美しき海。山の中から眺める伊東の街と青い海。荷物はさておき、まずは特等席にバウンサーを置き、ゆふきを乗せ。満足げにその眺望を満喫している様子。あてはは、といえば、階段を上がり、もちろん向かうのは父の部屋。みんなと一緒に、そんな設定がとにかくうれしいのだ。ということで、お風呂上り、あてはのいない静かな部屋でのんびりと景色を眺め。夜は甚平姿の子供たちを眺めながら、おいしい地ビールとおみやげの南アフリカワインと楽しいおしゃべり。あてはの言葉、「ここのおうちにみんなで住みたいね。」同感、同感。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/1373-5547c779

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR