fc2ブログ

ガスと電気、同時に


 あっという間に師走に突入。恐るべし。昨日から熱の下がらないあては、初めての幼稚園お休み。幼稚園お休みも残念なのだが、今日は幼稚園後、親子共々楽しみにしていた、クラスのお友達たちとのアドベントカレンダー作りの予定、だっだのだが。おとなしく3人でのんびり過ごすことに。高熱ながらも、時折おもちゃを持ち出して、とグズグズの感じもなく。食欲はなく、一昨日の夜からちょこっとつまんだり、ほとんど口に入らなかったり。そしてあまりに対照的なゆふきの食欲。口を大きく開くのは、まさに巣の中で、飛び戻る母鳥からの餌を待つ小鳥のようで。週末にいただいているお菓子の注文の仕込みをしながら。日頃、焼き菓子はほぼ100%ガスオーブン使用、の日々。が、今日は、昨日の反省も含めて、生地の一部を電気オーブンでも同時に焼いてみることに。ガスオーブン170度10分、での仕上がりを、電気オーブン、170度、180度、190度のパターンで。ふと思えば、今までにこういった試みをしていなかったこと自体が不思議だった。してみるべきであった。結論。ガスと電気とでは加熱の回り方での大きな違いは歴然。どちらが優れているか、ということではなく、同じ仕上がりにするためには。今回の「ごまボーロ」については、電気170度で15~20分。中まで強い火力で一気に加熱するガスに比べて、周りからじんわりと過熱していく電気。中心までに届くのに、やっぱり1,5~倍の時間を要し。温度力については、ほどよく。ただ余熱終了時点では若干パワーが弱いので、10度ほど余熱の設定を上げて、例えば今日ならば、180度で予熱し、170度で15~20分、といった流れ。オーブンコントロールとそして生地をとにかく「さっくり」と。「混ぜる」という言葉を使いたくないくらいにさっくりと。イメージとしては、片手でボウルを回しながら、ボウルの肌にゴムベラをあて、回るボウルの動きに軽く添える程度、というか。料理に比べて、こういった細かいコツが仕上がりに大きく響くのがお菓子の醍醐味といえば、醍醐味なのだろう。有意義な1人反省会を力にしていかなくては。今日はだんなさんの誕生日。今までの仕事に加え、新しい事業も加わり、かつてないほどに忙しそうな日々はいつまで続くのだろうか、とかなり心配ではあるのだが。真夜中でもちょこっとお祝いはしたいもの、なるべく体に優しく、ということで、いつものケーク・サレ生地にバナナを加え、仕上げにナッツをトッピングし。そして、真夜中に生クリームとキャンドルを添えれば。ゆふきが昼寝の間、寝転がるあてはをキッチン越しに眺めながら、なんとなくこんなシーンが懐かしくもあり。おもちゃが散乱しない部屋がちょっとだけ、本当にちょっとだけ寂しくもあり。明日にはよくなりますように。
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/1238-c28ab720

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR