FC2ブログ

代わるもの、なにかないかな?



 大崎の友人宅にての、月に1度の「大崎出張料理教室」へ。今回はこちら国立教室とほぼ同じメニューながらも、材料の調達やキッチン事情などを含め、少々の変更など。
 今回のメインも、やっぱりみんなの大好き、「麻婆茄子」。今日はご自宅でたくさんの野菜を育てている彼女宅からの朝採り新鮮なすをふんだんに使って。そう、すでにこの段階でおいしさが加味される。今日ももちろん、素揚げでなく、オリーブ油→電子レンジ、の下処理で。チャイニーズ、というと、仕上げに一気に合わせ調味料を加えて、仕上げるものが多い中、この「麻婆」については、2回に分けて加えるのが特徴。まずは、辛味と味のベースである豆板醤と八丁味噌。通常ならテンメンジャンを使うのだが、和食、チャイニーズ、と応用範囲の広い八丁味噌を使って。まずは2つの調味料を油と一緒に炒め、より辛味と香りを引き出す。と、冷蔵庫の豆板醤の蓋を開けると、「ひゃ~、足りない!!」、の叫び声。こんなとき、あっ、今日はおいしいものが作れない!、と思うのではなく、なにか代用できるものは・・・、そんな思いを強く巡らせてみると、意外となにか思いつくもの。ちなみに今日はタカノツメを2本ほどすりつぶし、調味料に加え、これまた絶妙な仕上がりに。調味料のみならず、たとえば野菜やたんぱく源などなど、ふっと代わりのものが思いつくようになると、ふとアレンジがきくようになると、料理は一気に自分のものになるはず。もちろん、経験値からのものでもあるのだが、そういう目線を意識してみることも価値ある上達テクニックの1つかも。
 今回のチャイニーズスイーツ、「いろいろ豆汁粉」は冷蔵庫でしっかりと冷やし、アイスクリームにココナッツパウダー少々をかけ、至福のおいしさに。
 何かに取り付かれたような眠気に身を任せて、の帰りの電車。国立駅で下りた頃には、もしここで誰かに会ったら、間違いなく呂律がうまく回らなかった自信があるほどの眠気だった記憶。そして、あてはのスイミングスクールへ。見学スペースに向かう階段の先のほうに、東久留米の母とゆふきの姿。こちらに気づくと、指をさし、「あっ!」。午前中、一橋での母の特訓の成果大、階段を自由自在に下ることができるように。こうやって、2人を安心して託すことのできるありがたさをしみじみ。
 
スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/1047-07724e3d

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR