七色のオオカブト



 お友達ファミリーと、「多摩六都科学館」へ。さすが夏休み、以前、確か平日にふらりと訪れたときとは比べものにならない人。こちらは世界最大級の立派なプラネタリウムのある傾斜型ドーム、サイエンスエッグでの迫力ある上映が魅力。駆け込みチケット購入、危うく、お目当ての「ダイナソーDX」を全員で逃すところだったほど。
 先にパンランチを済ませ、さてどこから回ろうかな、と。ここ六都科学館は宇宙、生命、生活、地域、地球、いろいろな角度から科学の世界に触れてみることができる。あてはたちにとって、もちろん、まだまだ1つ1つの展示を十分に理解することは難しいものの、こうやって、今の段階での触れ方があり、今の楽しみ方があり。と、本人たちはそれはそれはなにもかも楽しそうに。「地域の科学」のフロアにて、武蔵野の雑木林が再現され。前回はたぬきやうさぎなど大物のみに目がいっていたあてはだが、今回は解説パネルと見比べながら、隠れ組の発見を楽しんだり、と。そして、前回はそれこそ生まれて数ヶ月、スリングですやすやだったゆふきも、ひたすら小走りなど、と再訪した場所だからこそ感じることなど。
 お楽しみの全天周映画の前に一休み、とぬりえコーナーへ。選んだ題材と一緒に塗られたお手本が手渡されるのだが。あてはが選んだのはヘラクレスオオカブト。そしてお手本に目を向けることなく、オリジナリティー溢れる、情熱的な色使いと筆遣い(というと、なんだかとっても聞こえがいいのだが)。いつになくじっくりと熱中し、仕上がり。まさに七色に輝くオオカブト。
 さて、絶妙にキャンセルが出て、運良く全員で鑑賞することができることになった「ダイナソーDX」へ。天を仰ぐように腰掛け、時に空を飛んでいるような、時に恐竜がわが上をまたぎ越えていくような臨場感。と、お昼寝中だったゆふきもぱちりと目を覚まし、しばし天を仰ぎ、恐竜を眺め。
 夕方の屋外はあまりにも涼しい空気。敷地内に広がる雑木林を散策していると、一瞬どこか遠くへ来たような錯覚に。またふらりと訪れたときに、子供たちの成長をも楽しむことができるはず。

 
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://shokutakuizui.blog.fc2.com/tb.php/1007-86cca0c1

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR