fc2ブログ

4月18日 掲載のおしらせと、おすしの魅惑

DSC_1412.jpg


*おしらせ①*
5,6月レッスンは全日満席になりました。
キャンセル待ちは承っておりません。
キャンセル出しだい、ブログやInstagramにアップしております。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


DSC_1552.jpg





*おしらせ② 掲載のおしらせ*
女性セブン」5月2日号にて、おすしのページを担当させていただいています。
春の進化系のり巻き、というテーマ。

ということで、巻きすを使わないのり巻きや、カラフルなアレンジ裏巻きずし、そして、我が家ですっかり定番の、手軽な、酢めしの広げ方のご紹介などなど。
春はすし!!!


DSC_1495.jpg


DSC_1508.jpg


今は世界中で親しまれている和食の1つ、すし。
酢めしのまろやかな酸味は、驚くほどに、世界あちらこちらの食材やメニューとの相性上々。
クラシカルなおすしのおいしさはもちろん、ここ数年は、酢めしの懐の深さに驚かされることが多々。
気軽におすしでも!、そんなヒントになれば幸いです!


DSC_1500.jpg


DSC_1479.jpg


DSC_1483.jpg


テーブルでのおすしのポジショニングの妙。
例えば、手巻きずしやちらしずしなどで、しっかりのおすしごはんももちろんのおいしさ。
ながらも、例えば、副菜感覚で、おすしが1皿、も、ぜひぜひのおすすめ。


DSC_1990.jpg


今夜の我が家の1皿は、今回ご提案させていただいた、いなりうず巻き。
みんな大好きな味付き油揚げ×のり×酢めしの魅力。
といいつつも、なんなら酢めしではなく、白飯も大いに、おすすめ!

トッピングなしでも十分なおいしさ。
掲載レシピでは、カリカリ梅を忍ばせたり、トッピングにねぎとろをのせたり。
今夜の1皿には、しらすといくらをのせたり、ふりかけを散らしたり。
ご依頼いただいて、おすしの魅力を改めて再発見、のありがたい機会となり。


DSC_1994.jpg


DSC_1989.jpg


すっかり終盤へ向かいつつ、の、3.4月レッスンにも、フレンチレッスンながらも、おすしの登場。
こちらは、春のフレンチずし ガレット仕立て、そんな切り口で。


DSC_1983.jpg


酢めし×オリーブ、酢めし×ハーブ、酢めし×チリパウダー、酢めし×オリーブオイル。
まだまだ出会いの可能性を感じずにはいられず、の、おすしの、魅惑。
春のフレンチずし。


DSC_1403.jpg


数日前から、湿気を感じるような暑さもあり。
レッスンスイーツの1品、カッサータをカットするタイミングで思いがけずも一気にやわらかくなり始めたので、今年初のクーラー試運転など。
桜散り、こちらの心の準備とは裏腹に、一気に初夏に向かう空気。

といいつつも、すっかりの悪あがき、もう少しだけ、もう少しだけ、春の余韻。
いただきものの、春のお菓子。
マスカルポーネ×春限定のあん、さくらあんを、サックサクの最中生地にたっぷりのせて。


DSC_1975.jpg


もう少しだけ、春の余韻。
桜の花の塩漬けの乾燥をせっせと消費中の日々。
濃い目に入れた緑茶にふわりと浮かばせて。
これはこれは。
春色のピンク色と、初夏に向かうべく萌黄色のマリアージュ。
そして一口含んだ瞬間に、桜の香り。


DSC_1973.jpg


いただきものにありがたくも触発される日々。
イタリアのおみやげ。
以前から使ってみたいなあ、と思っていた、イタリアの魚醤、コラトゥーラ 。


DSC_1958.jpg


カタクチイワシの、イタリア版魚醤。
いやはや、濃厚なうまみ存分ながらも、魚臭くない、バランスの妙。
お噂通り、1度使ったら手放せなくなるのも大いにうなづく魅惑。


DSC_1959.jpg


DSC_1968.jpg


さっそくわくわくしながら、あれこれ試作中。
とある日には、前菜感覚のサラダピッツアに。
さっと焼いたピッツア生地に、塩とオリーブ油でさっと和えたケールやベビーリーフをたっぷり。
その上に、ちぎったモッツアレラチーズに、ミニトマト、そしてさっとグリルしたたけのこをのせて。
仕上げに、さっそくのコラトゥーラ 、そしてオリーブ油を回して。
ううう、底力的。
春を満喫すべく1皿。


DSC_1969.jpg


DSC_1966.jpg
スポンサーサイト



4月16日 5.6月レッスンスケジュール、アップしました




5.6月レッスンスケジュールをホームページにアップしました。
初夏のモダンアジアンレッスンです。
ご興味ある方はお早めにお申し込みいただけるとありがたいです。

すでにご参加のみなさまには、日程ご案内メールを送付しました。
届いていない方などありましたらご連絡くださいませ!


DSC_1620.jpg



初夏にぴったりの爽やかなモダンアジアンメニュー。前菜盛り合わせには、お茶の葉をトッピングしたトムヤムテイストなサラダに、ライスペーパーを水に浸さず作る生春巻き2種、ライスペーパーを使ったベトナム屋台メニュー、バインチャンヌンに、シンガポール定番スープ、ふわりとスパイス香る肉骨汁(バクテー)などなど。主菜には、タイ風焼き鶏、ガイヤーン、ごはんものにはベトナム風混ぜごはん、コムアンフーに、ベトナム風チリオイルを添えて。食後スイーツは、フルーツと白玉のチェーを予定しています。


DSC_1552.jpg


DSC_1833.jpg


3.4月レッスンもいつの間にかすっかりの後半戦。


DSC_1939.jpg


DSC_1925.jpg


白い大皿に盛り合わせの1品。
牛肉のステーキには、2種のソースを添えて。
今回は、シンプルなステーキの焼き方をご紹介。

実は、ステーキの焼き方もあれこれ、あれこれ。
なんとなくでも、ご自身の焼き方にたどり着いている方はそのままその道を進んでいただくべく。
毎回まだまだ迷路の中、という方には、気軽な焼き方の1つとして想っていただければ幸い。
私自身も少し前までさんざん、さんざん迷路中だった身、だからこその、お伝えしたあれこれ。
2種に華やかなソースを添えるべく。


DSC_1934.jpg


DSC_1941.jpg


春爛漫を少し通り過ぎた、そんな空気感。
我が家の玄関先の小手鞠が一気に、一気にほころび始め。
早い春、かと思いきや昨年よりもやや遅めのほころび。


DSC_1949.jpg


さっそくの、レッスンのテーブル演出役にも。


DSC_1947.jpg


DSC_1948.jpg


こちらも、ぐぐぐっとあたたかさが増すと、日に日に表情を変える多肉たち。
玄関先のリースや寄せ植えも、メンテナンスなど。


DSC_1793.jpg


春先だけの、気まぐれガーデニングナーにも、それはそれは心優しい多肉の、包容力にすっかり包まれて。
これからの、暑くなる季節の玄関先の味方。


DSC_1795.jpg


DSC_1794.jpg


5.6月アジアンレッスンに向けて。
アジアンプロフェッショナルの方から、お友達から分けてもらった、ラペソーがあるけれど、いりますか~?、のお声がけ。
はい、もちろんいります!!!、いるます!!!、本気でお願いします!!!
ラペソー、とは、ミャンマーの、発酵した茶葉。
ミャンマーでは定番の食材で、ピーナッツや揚げにんにく、豆、干し海老などと合わせて和えものにしたり。
それはそれは興味津々に、ミャンマーカフェに食べにはうかがったものの、入手はすっかり諦めていた食材だったので、喜びはひとしお、ふたしお。


DSC_1929.jpg


そして、こちらもヒントになるはず、と。
国産の茶葉の軽やかな佃煮風。
さらに、ここしばらく試作中の、茶葉のマリネも一緒に。
トムヤムテイストなサラダに、3種の茶葉をトッピングして。

ありがたし。
一緒に盛り合わせることでの気づきが、多々。
いつもいつもこうやって優しく支えていただいている実感。
そしてその優しい支えにお応えできる日は来るのだろうかと。
爽やかにアジアンの風、そんなイメージをさらに膨らませつつ。


DSC_1930.jpg


DSC_1931.jpg


桜が舞ったかと思いきや、すっかりの初夏の空気感。
買い出しに向かった帰り道に思わず汗ばむ陽気。


DSC_1951.jpg


そうそう昨年のこの時期にも見かけました!
早々のすいかに魅了され。
ここ数年ならでは。
いちご×スイカ、のコラボレーション。
春から一気に、初夏へ。


DSC_1952.jpg


DSC_1950.jpg

4月14日 スナップエンドウの醤油麹マリネに、桜のスコーン




*おしらせ*
5.6月レッスンスケジュールは、次のブログやInstagramにてアップ予定です。
ありがたくもお楽しみにしてくださっているみなさま、もうしばしお待ちくださいませ!


週末レッスン。
予想気温25度、とのことで、今年早々の、オーブンからの熱い空気に汗ばむ、など。
思わず汗ばみつつも、もう少しもう少し、春、を満喫したいところ。
盛り合わせの1品は、スナップエンドウの醤油麹マリネ。


DSC_1918.jpg


スナップエンドウと一緒に、旬の青菜も合わせるのだが、レッスンスタートの頃には、菜の花を合わせ。
そしてレッスン後半戦は、I LOVE のらぼう菜、の、のらぼう菜。
ほくほくサクサクとした食感に茎の魅力に、見た目以上に肉厚な満足感の葉の魅力。
実は、レッスンに登場するのは、初めて、かと。
なかなかコンスタントな調達が難しい地場野菜なので、4月後半レッスンについても、ある日もない日も、そんな気まぐれ感。
こちらの小皿、さりげないアクセントは、もうすっかり手放せない、醤油麹、さまさま。
そして、仕上げのアクセントには、我が家定番の豆菓子を砕いて。
さりげなくの小皿に、はっとする、そんなレシピ。


DSC_1920.jpg


DSC_1871.jpg


ああっ、思わずそんな声もこぼれつつも、もう少しだけ、もう少しだけ、悪あがきにも、桜を楽しみたい、そんな週末。
先週末はあまりの混雑に敬遠、ウォーキングしながら、大学通り→桜通り→北公園、の、桜さんぽなど。
ふわふわっと優しい風に、心がキュッとするほどに美しい桜吹雪の眺め。
1日に何度眺められただろう。


IMG_1334.jpg


枝垂れ桜、それから八重桜はこれからが見頃。
ああ、ああ、桜の美しさが今まで以上に、身に沁みて。


IMG_1335.jpg


IMG_1337.jpg


なんていいつつ、子どもたちのリクエストの、からげあげ専門店の唐揚げを買いに行く、のが、メインの、おさんぽ。
帰り道、小さなスパークリングワインを買って、子どもたちとの想い出があふれる公園でお花見をして、の帰り道。


IMG_1341.jpg


IMG_1343.jpg


さあ、一気に、春から初夏へ。


IMG_1354.jpg


IMG_1338.jpg


IMG_1356.jpg


春の野菜たちにワクワクする日々。
ほぼ毎週末のたけのこゆで。
ゆでているときの香ばしい香りをより一層欲する実感。
たけのこごはんに、いつものたけのこのソテー。
そしこちらの定番の、たけのこのソテー、ポーチドエッグ添え。


DSC_1909.jpg


たけのこの、いわゆる煮物、よりも、ほどよく水分を飛ばして、たけのこの香ばしさを引き出したメニューが大好き。
こちらはここ数年定番。
さっとソテーしたたけのこをお皿に広げて。
ポーチドエッグをのせて。
塩をぱらぱら、パルメザンチーズもぱらぱら、オリーブ油を回しかけて。
今日は木の芽の粗みじんを散らして、ハーブもおすすめ。
瞬殺の1皿。


DSC_1906.jpg


DSC_1910.jpg


こちらも実は春色。
レッスンに登場して以来、我が家でもすっかり定番の、みそを使った、お手軽パエリア。
下のほうまで皮ごといただけそうな、細身のアスパラガスを調達したので、だいぶ後半にのせて。


DSC_1630.jpg


パエリアがテーブルにどん!、とあれば、あとは気軽なおかずが並べば十分。
そして、とっても手が込んでいる風に見えるマジックに感謝!
週末の、いつもよりちょっと早めの夕ごはんにも、ぴったり、の巻。


DSC_1631.jpg


DSC_1626.jpg


おさんぽランチの備忘録。
先日、ふらっと。
カフェ「GRIS」へ。


IMG_0870.jpg


窓際に近いお席にて。
サラダプレートには、パテやキッシュなど盛り合わせに。
パテは、しっかりお肉感あるタイプで、キッシュもチーズの風味ふんだん。
クラフトビールの紹介をもう少ししていただけたらなあ、そんな想いもありつつ。


IMG_0874.jpg


IMG_0872.jpg


もう少し桜の余韻。
桜もちのトッピングに毎年使う、塩漬けの桜。
水につけて塩抜きしたものを、電子レンジなどでものの1分ほど乾燥させると、愛らしい春色満開の、乾燥桜のできあがり。
毎年こちらをすりつぶして桜塩、を作っていたのだが、今年はつぶさずにそのまま使ってみようなあ、と、ふと思い立ち。


DSC_1892.jpg


桜のスコーン。
朝食用に、おやつ用に時々焼くスコーンのトッピングに。
アールグレイ風味のスコーンに。
ホワイトチョコレートと桜の相性!
白あんと桜の相性、に、近しい印象。
頬張ると、存分に、全身に、「春」感。
明日の朝にも頬張ろう。


DSC_1894.jpg


DSC_1896.jpg


こちらも、春、春。
先日摘んできたつくしと。
冷蔵庫にあったうどと、そしてすっかり花咲きの、名残りの菜の花のきんぴら。


DSC_1884.jpg


ああ、どの季節以上に、季節の食材に支えられる春。
つくしの、そして、うどの、そして菜の花の、体が喜ぶほろ苦さ。
すべてデトックスして、初夏へ向かうべく。


DSC_1881.jpg


DSC_1880.jpg

4月11日 5.6月ご案内送付と、いちごのモスタルダ風ソース




*おしらせ*
平日レッスンご参加のみなさまには、5.6月レッスンご案内を送付しました。
届いていない方などありましたら、ご連絡いただけるとありがたいです。
5.6月レッスンより、開催日を数日追加予定です。
ご新規の方のご案内は4月15日前後を予定しております。
もうしばらくお待ちくださいませ!


DSC_1620.jpg


DSC_1408.jpg


さあ、3.4月レッスンも後半戦がスタート。
窓からの心地よい空気はすっかりの、春。
3月の早春からスタートし、春深まる季節に眺める1皿は、同じメニューながらも、、また違った景色。


DSC_1871.jpg


お皿の上に、花びら、はらり、はらり。
春の1皿。
春を趣をぐっと演出するべく、は、さっと焼いた牛肉のステーキに添える、2種のソースの1つ。
モスタルダ。

今回リクエストいただいた、モスタルダ。
イタリア語で、マスタード、の意。
フルーツに甘さを加えたシロップにマスタードを加えたソース。
ホールフルーツをシロップ漬けする地方や、フルーツの形状を残さずジャムのように仕上げる地方や、カットしたフルーツを砂糖漬けして上澄みだけを使う地方などなど。

なかなか入手しづらい食材ながらも、ありがたくも、あちらからこちらからおすそ分けあれこれいただき×みなさんがお家で気軽に作ることのできる目線で。
マスタードのシャープな辛み×日々大活躍の、タバスコ・ハラペーニョの青唐辛子のさわやかな辛み×一味の、辛みだけでなくコクのある辛み、の相乗。
難易度あるリクエストに感謝、そしてふっと手を差し伸べてくださる方々に感謝。
改めて、改めて、優しいみなさんの囲まれている日々に感謝して。


DSC_1868.jpg


桜雨のあとの、あまりに爽やかな空気。
例年以上に桜が恋しい春。


IMG_1297.jpg


IMG_1282.jpg


IMG_1284.jpg


桜友たちのとのひととき。
振り返れば、10年以上!
想い返せば、なんだかんだ皆勤!
すっかりの満開、大雨大風にも負けず。
ふと見上げれば、なんとも淡い優しい色合いでいてくれて。
ふわっと風が吹けば、桜吹雪に包まれて。


IMG_1287.jpg


桜吹雪に、新緑も芽吹きだし。
新緑越しの桜の眺めは、今年初めての気づき、かも。
お天気見つつ、大急ぎで集合、わちゃわちゃわちゃっと集まって、ぴーちくぱーちくおしゃべりして、あっという間の解散。

おつまみに、「BIO-RAL」で気にあるものをいくつか調達し。
いろいろ試すことができるありがたいチャンス。
特にオーガニック系は、体には優しいけれどおいしさは…、ということも多々、なので。


DSC_1857.jpg


あっぱれ、はずれなし!
オーガニックのフムスには十穀クラッカーを添えて。
ひよこまめのコクと、ほどよい酸味のバランス。
そして大当たりだったのは、ムソーオーガニックの、有機グリーンピースチップス。
原材料、グリンピース、塩、のみのいさぎよさ。
だからこその、ノンフライながらも、十分に満足感のあるコク。
こちらは、わがおつまみにリピート確定。

おつまみ話はこのあたりで。
枝垂れ桜や八重桜はこれからが見頃。
もう少しだけ桜に寄り添うべく。


IMG_1281.jpg


IMG_1289.jpg


追記。
ずいぶん前からずっとずっと気になりつつ、試す機会を逃しつつ。
あまりの満を持しての、「BIO-RAL」で購入した、ZENBのヌードル。
お噂はかねがね。
赤えんどう豆のヌードル。


DSC_1785.jpg


お噂のイメージのもと、まずの最初は間違いのないように。
さっそくのゆで汁にも、エンドウ豆のとろみと、うまく生かせば出汁に生かすことのできるのでは、と思うほどのとろみ。
ゆでたてに、さっとゆでたスナップエンドウに、ミニトマト、そして生ハムを合わせての、クリーム仕立て。
豆っぽさを抑えるべく、仕上げにオリーブ油を回しかけて、フレッシュハーブも散らして。
ゆでたては、まめまめしさ、も、マイルドで、パスタ感を満喫。
粗熱が取れると、こっくりと豆の風味。
豆好きの私には、上々。
ながらも、家族の反応はさまざま~。
豆、の風味をより一層生かすべく、楽しみながら日々の食卓に活用していきたいなあ、と。


DSC_1790.jpg


DSC_1791.jpg


大学通りの桜並木を眺めつつ、2月にオープンした、雑貨店デイリーズ 国立店へ。


IMG_1026.jpg


IMG_1025.jpg


日々に使いやすそうな雑貨がずらりずらり。
そして日々にほどよい彩りを足してくれる、そんな目線の雑貨がすらりずらり。


IMG_1023.jpg


IMG_1027.jpg


お試しに調達した、ローズマリー香る塩サブレに、レッスンの残りの、ソルトクッキーを合わせて。
最近は、お茶菓子にも、そしてワインなどのアルコールに合わせた軽いおつまみにも合いそうな焼き菓子に魅了されつつ。


DSC_1872.jpg


今日は大好きな、ベトナムのロータスティーと合わせて、の夕方のブレイクに。


DSC_1874.jpg


DSC_1873.jpg


春はたけのこ。
とある日は、先日摘んできたよもぎと一緒に、天ぷらに。
Simple is best.


DSC_1861.jpg


DSC_1806.jpg


頬張った瞬間に、春の香り全開!!!
春を封じ込めるべく、1皿。
春のデトックスが全身に行き渡りますように。


DSC_1862.jpg


DSC_1867.jpg

4月9日 、コムアンフーにチェー、そして桜の余韻、春休みの余韻

DSC_1710.jpg


もう少しでご案内が始まる5.6月初夏レッスンに向けて。
初夏のモダンアジアンレッスン。
ごはんものは、ベトナムの混ぜごはん、コムアンフー。

少し前にお店でいただいた、バタフライピーの、青いごはんの記憶。
ほんのりの色合いをイメージして、試作など。
炊飯器にそのままドライのバタフライピーを加えて。
優しくほんのりの色合いには、予想以上に爽やかな印象。

他の具材と盛り合わせたときの、相乗の、おいしそう感、そして他のメニューのお皿が並んだときの印象を妄想して。
1皿だけを眺めると、バタフライピーライスも大いにありかも、と思いつつ。
レッスンではどんなかたちにしようか、まだまだ思案中。
ベトナム風チリオイルを回しかけて、混ぜて混ぜて、想い出すとまた頬張りたくなるおいしさ!





DSC_1708.jpg


桜満開からはらりはらり。
桜吹雪もああ、身に染みる美しさ。
優しいエネルギーチャージを受けるべく。
もう少しだけ、桜にすがる日々。


IMG_1239.jpg


IMG_1238.jpg


IMG_1242.jpg


満開の桜を眺めながら。
その年その年の桜の時期の想い出が重なっていき。


IMG_1243.jpg


桜備忘録。
新学期がスタートし、ほっとしつつ、春休みの余韻など。
文具女子の娘のお供をしつつ、私の用事も。
ウォーキングしながら、満開の善福寺公園へ。


IMG_1167.jpg


IMG_1170.jpg


桜の時期に訪れたのは初めて。
池に映し出される満開の桜の眺め。
ああ、美しすぎて。
そして静かな余韻。


IMG_1166.jpg


IMG_1171.jpg


遠回りしても足を運びたかった、久々の、Amy’s Bakeshopへ。
季節限定の焼き菓子にいつも魅了され。
そして店内に入った瞬間に、こちらのお店のスパイスや焼き菓子の香りが、たまらなく好みなのだなあ、と。


DSC_1841.jpg


IMG_1175.jpg


春のお菓子あれこれ。
ピーナッツバターとストロベリーのパウンドケーキに、ベリーのマフィン。
ベリーのマフィンは切り分けたら、これでもかと言わんばかりにたっぷりのベリー断面。
好みにぴったりの、ベーシックでそしてリッチなおいしさを感じたくなるころに、季節感のある、季節限定のお菓子が並んでいると、またついつい足絵を運んでしまう、の、パターン。


DSC_1844.jpg


DSC_1842.jpg


そして次のお目当ては、久々の、チョップスティック吉祥寺店
チェーを2種オーダー。
白玉と小豆、緑豆のチェーと、かぼちゃと白玉のチェー。


IMG_1107.jpg


IMG_1108.jpg


IMG_1110.jpg


改めて、ベトナムスイーツチェーの、懐深さを感じ。
暑い暑い季節には氷やフルーツをたっぷり加えて、暑くない季節にはあたたかくして、ぜんざい風に。
トッピングにオーダーした、黒もち米の、心地よい口当たりと食感、そしてどこかぼんやりとしがちなところ、味わいについても、色合いについても、全体を〆る存在感に、すっかり魅了され。


IMG_1116.jpg


IMG_1111.jpg


チェー妄想。
もうしばらく妄想を広げつつ、ながらも、、その都度の試作など。


DSC_1831.jpg


試しに合わせてみた黒米、上々かと。
初夏レッスンの食後スイーツに、もうしばしのブラッシュアップを目指しつつも、ほんのり湿度を感じる空気に、頬張った瞬間の心地よい感覚は、アジアンスイーツの醍醐味なのでは。


DSC_1835.jpg


DSC_1838.jpg


春はたけのこ。
先日下茹でした子たち。
今日は、やっぱりね、の、たけのこごはん。
我が家的にはマストの油揚げも加えて。
ほどなく、それはそれはかぐわしい、この時期の香りが広がり。
そしてほのあたたかいたけのこごはんに、木の芽をのせた瞬間の、相乗の香り。
ああ、今年の春は、例年になく、こういった季節の香りにからだ寄せられる実感。
歳を重ねるとは、こういうこと、なのかなあ、と。
今年も、家族みんなが大、大、大好きなたけのこごはんを、何度炊けるのかな。



DSC_1856.jpg


DSC_1798.jpg


DSC_1854.jpg


DSC_1855.jpg







4月7日 春爛漫、さくらもちに、たけのこ、じゅわっと、だしいなり




DSC_1799.jpg


桜色の週末。
桜満開。

1年に1度作るお菓子の1つ、さくらもち。
1年に1度だからこそ、ああ、同じところでつまづく、などなど。
イメージよりもだいぶビビットな桜色となりながらも、作りながらの、ああ、この香り、この色合い、そしてこのやわらかさ、など。
わが体がその季節を感じて、喜びを感じる感覚。


DSC_1813.jpg


DSC_1809.jpg


店先にも一気に春の食材が並び。
土付きの大きなたけのこが並び始め。


DSC_1798.jpg


DSC_1806.jpg


たけのこには、とにかく目がない我が家。
ここ数年の春先には1年に何度ゆがくかわからないほどに、待ってました!!!、そんな季節の食材。


DSC_1815.jpg


今夜は、大好きなグリルに、ほたるいかとのらぼうを添えた、春爛漫な1皿。
薄切りにしたたけのこはフライパンで焼き色がつくようにさっと両面焼いて。


DSC_1814.jpg


DSC_1821.jpg


あちらにもこちらにも満開の桜。
合間じかんに、桜散歩などしながら、ワンブレイク、ツーブレイク!!!、近所のおいしいイベントへ。
room103で開催された、銀杏紅茶店の「茶市」へ。


IMG_1157.jpg


IMG_1158.jpg


IMG_1152.jpg


うかがった瞬間に、ふらっと癒される空気感がなんともありがたく。
天井からのヒンメリに、近所のMarcaさんのドライフラワーに包まれて。
ヒンメリ×ドライフラワーのマジックにもすっかり魅了され。
束の間のお茶じかんに選んだのは、ベーシックチャイにほどよくスパイスを効かせたマサラチャイ。
スパイスの香りと効能を求めるべく。
ミルキーな風味に、シャープに香るスパイスの相乗。
近所で、ふわっと癒されるありがたさ。


IMG_1155.jpg


IMG_1156.jpg



そしてこちらも引き寄せられるように。
日々お世話になっているダバブレイスさんの natural wineのイベントへ。
とにかく近所、なので、合間じかんができた瞬間に駆けこめるありがたさ。


IMG_1161.jpg


IMG_1160.jpg


soma herbさんセレクトの、魅惑のワインがずらりずらり。
1つずつご紹介いただき、今回は、ドイツの辛口のロゼワインをセレクト。
色合いの鮮やかはもちろん、フランボワーズやザクロのようなコクのある辛口が実に昼下がりに心地よく。


IMG_1164.jpg


IMG_1162.jpg


おつまみは、わがままをお伝えして3種盛り合わせに。
しっとり、コクのあるケーク・サレに、ダバさんならでは!、豆とキャベツのポリヤル。
そしてソーダブレッドなど。
ポリヤル、ココナッツ風味の野菜炒め。
マスタードシードやクミンシードがググっと香る、辛くないインドおつまみが、ううう、心にしびれる昼下がり。
またぜひぜひこんなイベント開催してくださいませ!


IMG_1163.jpg


桜週末。
出かける前に、子どもたちの大好きなおいなりさんを仕込んで。
以前の春レッスンで大好評いただいた、頬張った瞬間に、だしがじゅわじゅわじゅわっと染み出る、だしいなりレシピに基づき。


DSC_1824.jpg


DSC_1828.jpg


重箱に詰めて、春用のふりかけをぱらりぱらり。


DSC_1827.jpg


DSC_1830.jpg


用事帰りにみんなで合流して。
子どもたちが小さな頃からよく足を運んでいる、多摩湖方面へ。
と言いつつも、今はなかなか行く機会も減ってしまい、やや久々。


IMG_1187.jpg


IMG_1189.jpg


満開の桜を眺めつつ、だいぶ遅めのお花見ランチは、ここしばらくの、次男の熱い希望で、おいなりさん×ケンタッキー。
それも上々。
上着を思わず脱ぐほどの、すっかりのあたたかさに包まれて。
青空を眺めながら寝そべる大人、そして、ミニミニ野球大会の子どもたち。
久しぶりに広々とした場所に包まれて、そして満開の桜を存分に眺めて。


IMG_1205.jpg


IMG_1198.jpg


もちろんのよもぎ摘みに、そして、今年まだ摘みそびれていたつくし摘みも叶い、この時期のわが風物詩クリア、クリア。
春爛漫。
新しい季節。


IMG_1199.jpg


IMG_1210.jpg

4月5日 モダンアジアンなガイヤーンに、のらぼう菜のオーブン焼き

2403k06L.jpg


春爛漫。
キッチンの風景」をアップしました。
春休みおやつ教室は、いちごのデニッシュ、おりょうり教室は、具だくさんサンドイッチ。
どちらも満開の桜の木の下で、頬張りたいおいしさ!


2403k02L.jpg


2403j01L.jpg


新年度のお子様向けレッスンは5月からのスタート予定です。
新年度の開催日時については、追って、ご案内させていただきます!
さあ、新年度もキュートなみなさんと、あれも作りたい、これも作りたい!、すでにワクワク妄想中。


2403j04L.jpg


2403j06L.jpg


教室キッチンの片づけをしつつ。
キッズレッスンの残りものを消化すべく。
久しぶりに頬張りたくなった、バスク風チーズケーキ。


DSC_1762.jpg


ベースの材料に、中途半端に残ったカスタードクリームも投入して。
そしてトッピングにも、中途半端に残ったフルーツをジャムでマリネして。


DSC_1763.jpg


作った当日のとろりとしたおいしさはもちろん、冷蔵庫に休ませて熟成するおいしさも。
が、たいていは、熟成するまで残らず、今回も然り・・・。


DSC_1768.jpg


DSC_1769.jpg


5.6月レッスンに向けて。
すっかりの買い出しルートに仲間入りした、「BIO-RAL」。
その日その日で、気になるコーナーをじっくりと拝見、拝見。
今回思わず飛びついたのは、オーガニックトムヤムペースト!


DSC_1761.jpg


さっそく。
恵比寿のモダンアジアン料理「Longrain」で印象的だった、ガイヤーンをイメージしつつ。
タイ語で、ガイは、鶏肉、ヤーンは焼く、タイの定番中の定番メニュー。
ココナッツの威力をぜひぜひお伝えすべく、次回のレッスンに。


DSC_1778.jpg


さっそくのオーガニックトムヤムペースト。
そのまま味見したときにいため玉ねぎのコクがちょっと強すぎるかなあ、なんて懸念はご無用。
加熱すると、それはそれは洗練された、モダンアジアンテイスト。
そしてココナッツの威力をしみじみ、しみじみ。
今までにもさんざん、鶏肉のグリル系のレシピはレッスンでもご紹介させていただいてきたけれど、これはこれは優秀レシピ、きっとみなさんに喜んでいただけるはず。


DSC_1783.jpg


DSC_1780.jpg


と、怪しいほどにうろうろ、うろうろしていたら@「BIO-RAL」。
しゅんかしゅんかさんの店長さんとばったり。
聞けば、しゅんかしゅんかさんの地場野菜も扱いがある、とのこと。
うわあ、気づきませんでした~、と大慌てでのぞきに行くと、ありましたありました。
地場の季節野菜がずらり。


IMG_1066.jpg


IMG_1065.jpg


春野菜の中で一番大好き、と言っても過言でない、のらぼう菜も。
のらぼう菜。
江戸東京野菜の1つで、西多摩地区で多く栽培される、アブラナ科の葉もの。
茎のあたりはアスパラガスのようなジューシーな肉厚感、そして葉はかき菜やなばなに近い、ほどよい厚みとほんの少々の青い香りが魅力の、大好きすぎる春野菜。


DSC_1770.jpg


DSC_1773.jpg


さっと炒めたり、おひたしにするおいしさはもちろん、我が家の定番は、オーブン焼き。
ザクザクと切ったのらぼうを耐熱皿に並べ、この日は細く切った生ハムを散らし。
ベーコンやハムなどでももちろん。
そして塩をぱらり、チーズを散らし、仕上げにオリーブ油を全体に回して。
オーブンで10分ほど。
チーズに優しい焼き色がつけばできあがり。
もう1品なにか、そんなときにおすすめすぎる1品。


DSC_1776.jpg


DSC_1774.jpg


春爛漫。
まるで英気を求めるように桜を眺め。
部活休みだった次男を、大好きなハンバーガーランチで誘い込み。


IMG_1069.jpg


IMG_1071.jpg


1年に1度、この時期に足を運びたくなる場所へ。
例年、満開を過ぎたころに訪れることが多いだが、今年は初めてなのでは、満開前に。
サイクリングしながら、、武蔵国分尼寺跡→武蔵国分寺跡あたりの桜を眺めに。
1年に1度訪れる場所に訪れると、その瞬間に、何年ものその年の記憶が走馬灯のように蘇り。
何年か前には桜雪の眺めのあったなあ、などなど。


IMG_1078.jpg


IMG_1081.jpg


まだまだこんなに無邪気に駆け寄ってくれることも、ああ、カウントダウン。
来年は想い出を携えながらひとりでふらり、の予報。


IMG_1086.jpg


桜サイクリングのお礼に。
久々の、炭火焼きの店「ポーク ストック」へ。
お目当ての炭火焼きハンバーガーを目指して。


IMG_1089.jpg


IMG_1091.jpg


相変わらずの、サラダの演出力。
ふんわり盛られた葉ものの下には、1つずつ手が加えられた野菜料理。
前回もはっとさせられたごぼうのフリッター。
下煮にしたごぼうからのフワッと香る八角の香りが絶妙。


IMG_1093.jpg


ハンバーガーについては。
前回いただいたときのほうが、心に残る印象が多く。
南州黒豚の炭火焼きパテのおいしさは存分。
ながらも以前のほうが薬味香るソースの存在が響き、そして自家製パンのおいしさも際立っていた印象。
もう1品。
パテ・ド・カンパーニュサンド。

自家製パテ・ド・カンパーニュのおいしさ。
今度は夜にうかがってみたいなあ、と。


IMG_1096.jpg


IMG_1100.jpg


満開前の、歩道橋からの大学通りの桜の眺め。
今年の桜のうちに、もう1度訪れられますように。


IMG_1102.jpg

4月2日 春休みおやつ教室&りょうり教室、全日終了しました




春休みおやつ教室&おりょうり教室が全日無事終了しました!
いつも来てくれる子たちに会ううれしさはもちろん、久々に来てくれる子どもたちの驚くほどの成長に時の流れを感じたり。
小さなお子さんの、小さな愛らしい姿に、手に、きゅんきゅんしたり。


DSC_1725.jpg


春休みおやつ教室は、みんなで、いちごのデニッシュ作り。
冷凍パイシート、さま、さま。
切って、伸ばして、くっつけて。
この短時間で私はもちろん、子どもたちがわくわくどきどき、そしてうわあっと喜ぶ工程を演出できる存在のありがたさ。


DSC_1721.jpg


DSC_1733.jpg


春休みおりょうり教室は、具だくさんサンドイッチ。


DSC_1716.jpg


DSC_1735.jpg


こちらもみんなの、わくわくどきどきが伝わってきて。
パンの上に、具材をのせる、のせる、のせる、まだのせる!
「もう無理~~~!」、そんな声もお構いなし!


DSC_1740.jpg


DSC_1741.jpg


具だくさんサンドイッチはジュニアレッスンでは2度目の登場。
今回は、自分で作ったサンドイッチを、包丁でカットするところまでトライしてもらうことに。
包丁使いのコツをお伝えしつつ、みんなで順番に。
そして、萌える切り口が見えた瞬間の、満面の笑み。

DSC_1744.jpg


DSC_1756.jpg


切り分けたサンドイッチを詰めて。
ピックを添えて。
春休みの楽しい思い出の1つになりますように。
年を重ねるごとに、私自身にとっても心緩む、かけがえのないひととき。
そして、コリッコリに凝り固まったわが思考に、子どもたちならではの、ふわっとあたたかい新しい目線の刺激がなによりもありがたく。
シール選びに夢中になる姿も、もうなんとも愛らしくて。
春休みおやつ教室&おりょうり教室が全日無事終了しました。


DSC_1758.jpg


全レッスンを終えて、ふ~。
買い出しついでの、桜散歩には、できたての、具だくさんサンドイッチも一緒に。
日ごとにほころぶ桜を眺めつつ。
花より団子、ならぬ、花よりサンドイッチ、しばし。
それぞれの具材のおいしさの相乗、相乗!


IMG_1018.jpg


IMG_1021.jpg


今年は、ソロ花見がトレンド入り、とか。
束の間ながら、ひとりでじっくりじっくり眺める桜も上々。


IMG_0993.jpg


IMG_0997.jpg


桜の眺めが、ううう、身に染みて。


IMG_1032.jpg


IMG_1008.jpg


桜のほころびを感じながら。
気になっていたカフェ「美 Factory Julian Cafe&Bar」へ。


IMG_0904.jpg


IMG_0905.jpg


お友達とおしゃべりしながら、バインミーを頬張り。
バインミーにぴったりの、固すぎないほどよい質感のバゲットに、鶏肉、なます、香菜など。
バランス上々。


IMG_0908.jpg


IMG_0907.jpg


IMG_0909.jpg


すっかりのアジアンモードな日々。
5.6月レッスンに向けて。
食後のアジアンスイーツは、ベトナムスイーツ定番のチェーでいきたいな、と思案中。


DSC_1649.jpg


まだまだの、気まぐれ試作。
ながらも、ここしばらくで、すっかりチェーに魅力され。
その季節季節で、その時にある具材で満足感のあるおいしさが生まれる魅力。
おすすめチェーの情報などあれば、ぜひぜひのご一報など!


DSC_1650.jpg


いただきものでの、ふわっと心緩むお茶じかんなど。


DSC_1665.jpg


台湾みやげにいただいた、大好きな阿里山金萱茶!
そして、入手困難な村上開新堂のクッキーと合わせて。
贅沢すぎる、束の間のお茶じかんのありがたさ。


DSC_1671.jpg


DSC_1668.jpg

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR