fc2ブログ

7月1日 夏休みおやつ教室&夏休みおりょうり教室 ご案内




あっという間に7月。
夏休みの楽しみの1つとなれば、と今年も夏休みおやつ教室&おりょうり教室を開催します。

ご参加希望の方は下記内容記載で、ホームページの「お問い合わせ」にてお申込みくださいませ。
希望人数によってはご希望に添えない場合もあります。
ご了承くださいませ。

①お名前と学年または年齢
②レッスン名 AまたはB
③希望日  
・人数調整のため、できるだけ第3希望まで挙げていただけるとありがたいです。


*夏休みおやつ&おりょうり教室*
A おやつ教室 寒天フルーツパフェ


DSC_6055.jpg


みんなで寒天ゼリーを作り、1人ずつカットして、フルーツと合わせてパフェに仕立てます。

*対象   園児(年中さん以上)~小学生
*日時   
 7月27日(木)13:30~14:15
 7月27日(木)15:00~15:45 
 7月28日(金)13:30~14:15
 8月 1日(火)13:30~14:15
 8月 2日(水)10:00~10:45
 8月 3日(木)10:00~10:45

*レッスン代 1800円
*持ち物   エプロン、お持ち帰り用の袋

☆レッスンはお子様のみの参加となります。
 いただきますはせず、お持ち帰りとなります。


DSC_6050.jpg




B おりょうり教室  ピッツア風ポークソテーをのせた、のっけべんとう



DSC_6086.jpg


フライパンで手軽に作る、ピッツア風ポークソテーに、夏野菜のかみかみサラダや、デビルエッグ、フルーツマリネなどを合わせて、おべんとうの詰め方もお楽しみいただきます。

*対象   小学生
*日時  
 7月28日(金)15:00~16:00
 8月 1日(火)15:00~16:00
 8月 2日(水)11:30~12:30
 8月 3日(木)11:30~12:30
*レッスン代 2300円
*持ち物   エプロン、お持ち帰り用の袋
☆レッスンはお子様のみの参加となります。
 いただきますはせず、お持ち帰りとなります。


DSC_6089.jpg


DSC_6092.jpg


ご不明などあればお気軽にお問い合わせくださいませ。
夏休みの想い出の1つとなれば幸いです!


さあ、今日からスタートした、7・8月レモン尽くしの、真夏の地中海料理レッスン。
仕込みのじかんからもちろん、レッスンがスタートしたそばから、夏が恋しくなるような、美味しい香りがあちらこちらから。
9月あたままで、いつも以上に長期での開催スケジュール。
ご参加のみなさま、心よりお待ちしております!


DSC_6294.jpg


DSC_6295.jpg

スポンサーサイト



6月29日 「エビスマガジン」7月は、そうめんの魯肉和え麺と鰻のキンパ

49T2875.jpg


*おしらせ*
サッポロビールさんの、ビール時間がもっと楽しくなる情報をお届けするウェブマガジン「エビスマガジン」連載のお知らせです。

季節を楽しむ幸せレシピ、と題して。
旬の食材を使って料理をすることで、手軽に季節を感じることができることを実感する日々。
この連載では季節の移ろいが感じられるような“しあわせレシピ”を、日々の楽しみ方の秘訣とともに毎月ご紹介しています!


DSC_4890.jpg


DSC_4902.jpg


もうすぐの七夕に合わせての一品は、五香粉が香る具だくさんご馳走「そうめんの魯肉和え麺」。
のっけごはんの定番、魯肉飯のそうめん仕立て。
薬味や辣油などをピリリッと効かせて。

そしてすっかり夏バテの方もあるのでは。
もう1品は、土用の日に向けて、ごま油が香ばしい、夏バテ知らずの「鰻のキンパ」。
アクセントにたくわんと、それからしば漬けを少々。
今年の土用の日にもぜひぜひおすすめです。

どちらも、今の季節に存分な満足感のある2品。
よろしければ、ご覧くださいませ!


49T2756-1024x683.jpg


49T2849-1024x683.jpg


すっかり真夏のような暑さにも負けず、まだまだ梅雨明けず、のじっとりとした湿気にも負けず。
いやあ、暑い!!!

お皿の眺めから少しでも涼感を感じていただくべく。
来週開催の、神楽坂イベントに向けて。
お料理とお菓子のイメージを膨らませつつ、いつも以上に仕込みの量があるので、仕込み中にどきどきしすぎないように、分量の目途を立てつつ。

ひのきの枡重での夏の箱詰め料理。
ごはんものは、薬味とハーブ香るちらしずし。
ここしばらくの頭のなかでまとめつつ、のイメージを、実際に試作など。





DSC_6271.jpg


酢めしの上には、生ハムやアボカド。
そして天盛りにした、薬味やハーブ、そして白ごま黒ごまなどの香ばしさを散らして。
今年は、早々の暑さバテの方も多い気配。
そんな時におすすめなのが、酢めし。
春はもちろん、体が重く感じるこれからの季節にも、酢めしはもちろん、酢の、酢酸の、疲労回復力に頼るべし。
酢酸も効能はもちろん、薬味やハーブの、解毒力も相乗して。
効能よりも何よりも、とにかく爽やかに美味、なので、ぜひぜひご参加のみなさまのお口に、無事届きますように!


DSC_6269.jpg


DSC_6280.jpg


イベント中には、ランチのお食事後は、ゆったりアルコールを楽しんでいただくもよし、スイーツと合わせての、ゆったりじかんをたのしんでいただくもよし、よし。
スイーツメニューも絶賛イメージ妄想中。
こんな楽しい機会なので、私自身も便乗で楽しみたい!!、そんな図々しい想いのもと、新しいレシピを模索しつつ。
午後のお茶じかんに合わせて。
枡重スイーツの1品は、チャイ風味のマドレーヌ。
先日調達した、清澄白河のティーポンドさんのチャイブレンドがおいしすぎて。
マドレーヌ生地に合わせたら…、そんな妄想からの始まり。


DSC_6234.jpg


イメージは少し前から確信していたのだが、ようやくの試作。
そして、ふふふやっぱりね、の、おいしさ。
これからの季節にもぴったりの、カルダモンの香りもふわりふわり。
イベントでは、もう一息爽やかさを相乗して、ご案内できますように。


DSC_6235.jpg


DSC_6238.jpg


山崎商店 神楽坂・夏巡業 2023」、たくさんのご予約ありがとうございます。
複数でのご案内ができず心苦しい限りですが、あともう少しだけ、引き続き、お申し込み、心よりお待ちしております!


◆ご予約状況は

7月 8日土曜日12:00 満席
7月 8日土曜日13:30 満席
7月 9日日曜日12:00 満席
7月 9日日曜日13:30 残席1名
7月10日月曜日12:00 満席
7月10日月曜日13:30 残席2名


ご予約は、氏名・人数・希望日時・電話番号を明記して下記宛に連絡お願いします。
メニューの詳細は仕入れ状況により変わるためお問い合わせにはお答えできません。
アレルギーがある場合はお伝えください。よろしくお願いします。
お申し込みは
kunitachinoshokutaku_izui@ybb.ne.jp
お気軽にお問い合わせくださいませ!

箱詰めランチ以外にも、箱詰めおつまみ、それからおやつなどをご用意する予定です。
小上がりの畳スペースなので、お子様連れの方でも心地よくお過ごしいただけるかと思います。
神楽坂散策と合わせて、ふらりとお越しくださいませ。


DSC_6237.jpg


連載の撮影。
ほんの少し先の季節を感じる撮影。


DSC_6224.jpg


DSC_6218.jpg


食材探しには、それはそれは苦労することも多々、ながらも、ほんの少し、季節感の先取り感覚のありがたさ。
改めて、私にとって、「季節感」を感じることからのエネルギーをしみじみと感じ。
さあ、また少し先をイメージしつつ、少し先の季節感を妄想しつつ。


DSC_6186.jpg


DSC_6181.jpg


DSC_6223.jpg


さあ、今日からスタートする7.8月レッスンに向けて。
教室キッチンも夏レッスンのイメージに合わせて。
スモークツリーのモビールも、お目見えなど。


DSC_6241.jpg


DSC_6253.jpg


多肉の寄せ植えに、それから庭先の色づき始めたブラックベリーなどなど。
爽やかな夏、を感じていただけますように。
7.8月レッスンがスタートします!
ご参加のみなさま、心よりお待ちしております!!!


DSC_6266.jpg


DSC_6231.jpg


7.8月レッスンでは、ハーブやそれからスパイス使いも楽しいメニュー構成に。
登場するスパイスの1つは、カトルエピス。
レッスンでも何度か登場している、その名の通り4種のミックススパイス。
胡椒に、ナツメグ、クローブ、ジンジャーなど。


DSC_6285.jpg


今夜のプラムのサラダにも、カトルエピスをぱらりぱらり。
スパイスがふわあと香り、そしてほどよくきりりとフルーツの甘ったるさを引き締めてくれる、絶妙な存在感。
フルーツのサラダにいつも以上に救われる日々。


DSC_6288.jpg


DSC_6286.jpg


7.8月レッスン初日前の、たくさんの、たくさんの買い出しを抱えながらの帰り道。
オープンしたばかりのドーナツ屋さん「JACK IN THE DONUTS」のマラサダを見たら、無性に頬張りたくなり。

買い物かご+、ドーナッツの箱、そして買い出しもう一息、の暑い暑い帰り道。
今日ドーナッツに心奪われた我が身を少々後悔しつつ。


DSC_6227.jpg


世界のドーナッツ、を切り口に、メニューラインナップもついついわくわく。
ドーナッツ好きの我が家には、うれしいオープンとなり。


IMG_4523.jpg


DSC_6228.jpg


6月28日 辛くないジャージャー麺レッスン、夏休みレッスンに向けて

2306k01L.jpg


6月キッズおやつ教室&ジュニアおりょうり教室が無事終了しました!
ご参加くださった元気いっぱいなみなさま、ありがとうございます!
ホームページ「キッチンの風景」をアップしました。

キッズ&ジュニアレッスン最終日は、園児さんクラス。
まるで人生の縮図、と錯覚してしまうほどに、本当にかわいらしくドラマティックなひととき。
大笑いありあり、ちらっと涙あり、そしてえっ、そんなに男前な!、そんなシーンもあったり。
ほんの小一時間の中にたくさんのドラマが溢れていて、我が子たちの小さな頃を想い出したりもしつつ。


DSC_6148.jpg


今月からは、みんなで包丁じかんも。
こちらにもそのドキドキワクワク感がこれでもかというくらいに伝わってきて。
「切る」ことができるようになると、ぐぐぐぐっと、できることが広がる実感。

辛くないジャージャー麺、これからの季節にぴったりの一品。


2306k02L.jpg


2306k05L.jpg


2306k03L.jpg


次回7,8月は、毎年恒例、夏休みおやつ教室&おりょうり教室です!
近日中にご案内アップ予定なので、もうしばらくお待ちくださいませ。
今年度おやつ教室は、すぐに固まってくれるのがあまりに魅力的な寒天を使った、パフェをご案内予定です!
小y学生向けおりょうり教室は、久々に、おべんとうの箱詰めもお楽しみいただくべくメニューをご案内予定です!


DSC_6110.jpg


DSC_6109.jpg


今週からスタートする7,8月レッスンに向けて、イメージの最終確認など。
地中海を巡るピンチョス盛り合わせの1品は、パンコントマテ。
スペインのカタルーニャ地方で食される、まさにSimple is bestの象徴。


DSC_6201.jpg


ついつい妄想してしまうトッピングやら、味の付け加えなどは、一切不要。
シンプルなのに、シンプルだからこそ、おいしさの神髄を体感すべく、そんなすてきな1品。


DSC_6202.jpg


DSC_6203.jpg


いただきものの、初夏のお菓子の箱詰め♡
今年はまだ頬張っていないなあ、と思ってきた矢先の、水無月。


DSC_6058.jpg


そして、季節限定の、ほんのり甘酸っぱい練りきりがたまらない、青梅に、あじさいを見立てた、それはそれは、それはそれは愛らしい色合いの、紫陽花、そして定番も葛まんじゅう仕立てに、わらび餅などなど。
上生菓子の季節感と、そして美しさ。
そしてそしてもちろんのおいしさ。


DSC_6062.jpg


季節の名菓子を眺めると、無条件に欲する、美味しい緑茶、と合わせて。


DSC_6057.jpg


買い出し途中の道端に、えええ!!!
もう鮮やかな色合いの、ヨウシュゴボウ。
えええ!!!
まだ6月ですが。
ここしばらくは、花の色づきや、実なり、それからお店に並ぶ野菜や果実からの、一足も、いやいや二足も早い季節感に、なかなか心がたどり着かづ。


DSC_6136.jpg


それでも、平静を装って、いくつかおすそ分けなど。
これまたは早めに、グリーンに色づき中の、我が家のアナベルと合わせて、リースにでもしようかなあ、と。
心持ちも前倒しにしなくては。


DSC_6137.jpg


たいてい、買い出し帰りの大きな荷物を携えつつ。
まさに、美しい香りに吸い寄せられるように、ダバテイクアウト。
夜の一品に、我が味ではなく、プロフェッショナルなおいしさがある、ありがさた!
自分で導く、ちょっとしたサプライズ、のような感覚。


DSC_6160.jpg


いやはや、ノックアウト。
南インドカレーの彼が手がける、タイグリーンカレー。
南インドとタイのコレボレーション。
こぶみかんをはじめ、タイのカレーハーブの存分な爽やかさ。
毎度毎度、まんまとご案内メニューにはまりつつ。
合わせた、レモンのチャツネも、これまた絶品。
きりりとしたレモンの酸味と、こっくりとした仕上がり。
ああ、またふらりと行ってしまうだろうなあ。


DSC_6162.jpg


DSC_6163.jpg


さあ、明日の撮影に向けて。
今できることを大切に、丁寧に


DSC_6183.jpg


DSC_6186.jpg


季節をほんの少し先取りするうれしさ、わくわく感。


DSC_6187.jpg

6月26日 5.6月レッスン全日終了しました

DSC_1162.jpg


山崎商店 神楽坂・夏巡業 2023」、たくさんのご予約ありがとうございます。
ご希望日時にご案内できず、のみなさま、たいへん申し訳ありません!またの機会を信じて。
残席がだいぶ少なくなりましたが、引き続き、お申し込み、心よりお待ちしております!


◆ご予約状況はこちら
お気軽にお問い合わせくださいませ!

箱詰めランチ以外にも、箱詰めおつまみ、それからおやつなどをご用意する予定です。
小上がりの畳スペースなので、お子様連れの方でも心地よくお過ごしいただけるかと思います。
神楽坂散策と合わせて、ふらりとお越しくださいませ。





5.6月レッスンが全日無事終了しました!
最終日はすっかりすっかり心緩むお顔ぶれの、日曜日レッスン。
みなさんとの心地よいテンポと空気感に包まれて。
ホームページ「キッチンの風景」をアップしました。


230503L.jpg


前菜盛り合わせには、砂糖が決め手の韓国屋台定番の、屋台トーストに、磯の香りに包まれる、たことのりのマリネ。
そして、想像以上にご好評だった、初夏野菜とフルーツの即席水キムチ。
それからハーブと雑穀のサラダに、こちらも大、大好評いただいた自信作、、緑のチヂミは、表面はさくさくっ、中は、ふわっ、もちっと、実に魅惑的。
お好みでヤンニョンチョカンジャンカンジャンをつけながら。


230505L.jpg


そしてこちらもみなさんさっそくリピートいただいている、雑穀と甘栗の参鶏湯に、これからの季節にもぴったりの、サラダ感覚のビビンパ。ああ、また頬張りたい!
食後スイーツは、韓国伝統菓子・薬菓をのせた、雑穀ときなこの韓国風ミニパフェ。
いつも以上に、ご参加くださったみなさまのお家でのリピートレシピとなりますように。


230506L.jpg


IMG_4455.jpg


さあ、今週からは、7.8月、レモンj尽くしの、夏の地中海料理レッスンがスタートします!
モダンテイストな韓国モードから、がらりと、イエローサマーテイストへ。
テーブルの演出役も衣替え。
春から夏までの暑い季節にはついついの、多肉頼み。
新調したガラスの器に寄せ植えなど。
ああ、なんとも涼しげ。


DSC_6096.jpg


DSC_6097.jpg


ガラスの器の寄せ植えで残った多肉たちがまだまだたくさん。
昨年も作ったアクアリウムに、花材用のグラスなどにも寄せ植えなど。
ああ、目線を低くして眺めたときの、まるで多肉の世界に迷い込んだ、感覚の、心地よさ。
今週からの7.8月レッスンの、演出役予定。


DSC_6101.jpg


DSC_6098.jpg


DSC_6104.jpg


初夏から夏本番へ。
夏を感じるべく、そして発酵のヒントを探しに。
時々足を運ぶ、「ダイチノレスントラン」へ。


IMG_4382.jpg


IMG_4386.jpg


IMG_4388.jpg


ああ、6月にぴったりのすてきな前菜。
季節の水菓子、水無月にちなんで、水晶水無月。
寒天に涼し気な夏野菜をのせて、酢じょうゆで。


IMG_4394.jpg


IMG_4393.jpg


メインの主菜をセレクトするスタイルから、ああ、うれしいかな、松花堂弁当仕立てに。
小さなお料理が少しずつ、の、心くすぐられる眺め。

夏野菜の天ぷらは、みょうがに、ズッキーニ、そしてセロリなど。
衣に青のりは入っていてふわあと、磯の香り。
とうもろこし豆腐はとろんとした食感ととうもろこしの甘みが全開の葛仕立て。
千両茄子の炊き合わせ。じゅわっと炊いた季節の野菜に、みょうがの存在感。
ああ、染み入るおいしさ。
そして主菜には、こちらの十八番、低温調理でしっとり焼いた信玄鶏には、トマトの効いた赤玉みそがけ。
シンプルな塩焼きに、玉みそのコク、そしてほんのりトマトの爽やかな風味。


IMG_4395.jpg


IMG_4398.jpg


ああ、1品1品が心にしみて。
そして、椀物もすばらしく。
青瓜とジュンサイのお椀。
ああ、ジュンサイの季節。
そしてジュンサイのおいしさをこんなにもしみじみ感じるとは。
一番だしのおいしさはもちろん、はっとさせられ、いろいろな記憶が瞬時に覚醒されるのは、青柚子の香り。
実にさりげなく姿も見せずとも、口にした瞬間に全身か感じる存在感。
ああ、お椀はごちそう。

食事中にいただいたお茶も、いつもながら、心憎い演出。
今回は、菊の花を合わせたルイボスティー。
菊の、かわいらしい華やかな香りと、ルイボスのこっくりとした風味が相乗して。
時々うかがって、食の優しいちからを感じる場所。


IMG_4371.jpg


IMG_4378.jpg


帰り際、満開から少し過ぎた頃のあじさいの花を眺めて。
季節の移ろいに心支えられている実感。
今年もあじさいの見納め。


IMG_4375.jpg


IMG_4379.jpg


見納めのあじさいを眺めつつ、大学通りを駆け抜けて。
用事ついでに、レッスンの器周りも、それから日々の我が家の器周りの、すっかり愛用させているただいている、くらしのどうぐの店「musubi」さんへ。
開催最終日の、manisさんのかごを拝見しつつ、今日のお目当ては、たわし。
気づけばもう10年以上愛用していた、靴洗い用の、しゅろのたわしが、さすがにさすがにだいぶ消耗してしまったので、買い替えなど。
しゅろのたわしはキッチンでも愛用しているのだが、一度使うのとその使い心地の良さに手放せなくなるほど。
昔ながらのしゅろのたわしは、驚くほどに柔らかくてそして驚くほどにコシが強く。
この、痒い所に手が届く感は、使ってみなければわからない心地よさ。


DSC_6120.jpg


IMG_4450.jpg


子どもたちの靴を洗う頻度は以前よりもぐっと少なくなり、そして子どもたち自身が靴を洗う頻度もなぜかぐっと少なくなってきたので、2代目はきっと10年以上選手になるはず。


IMG_4453.jpg



DSC_6119.jpg


今週からスタートする、7.8月レッスンに向けて。
レモン尽くしの、夏の地中海料理レッスン。
前菜盛り合わせは、地中海の国々を巡るピンチョス仕立てに。
ということで、スペイン風ピンチョスの1品に登場する、西洋かりんのジャム、メンブリージョを買いに。
割と近いながらも立ち寄る機会を逃していた、チーズ王国の本店、サロン・ド・テ・チーズ王国へ。


IMG_4445.jpg


優しい光差し込む、清潔感ある店名には、世界のチーズがずらりずらり。
それからチーズ関連食品や、チーズを使ったスイーツなどなど。
デパ地下などのチーズ王国の品揃えをぐっとぐっと充実させた眺め。
そして牛をかたどった、愛らしいオブジェがあちらこちらに。


IMG_4447.jpg


IMG_4446.jpg


IMG_4449.jpg


お目当てのメンブリージョや、チーズ、それから週末の夕ごはん用に、チーズフォンデュ用チーズなどを調達して。
早めの夕方に。
おつまみにさっそく、メンブリージョをカットして、ピンチョスに。


DSC_6121.jpg


メンブリージョと冷蔵庫にありあわせの、生ハムとチーズと合わせて。
7.8月レッスンでは、ぜひぜひの、スペインのハモンセラーノと合わせる予定。
週末の、プチご褒美のような夕方。
さあ今週もがんばろう。


DSC_6123.jpg


DSC_6124.jpg

6月23日 神楽坂ご予約状況と、サマーヴィクトリアケーキ

IMG_2312 - コピー


山崎商店 神楽坂・夏巡業 2023」、ランチのご予約が始まりました。
ようやくのお出かけ解禁モード、レッスンご参加のみなさまからのご予約、告知やInstagramなどを見てくださったみなさまからのご予約、ありがとうございます!
お席がだいぶ埋まってきました。
引き続き、申し込み、心よりお待ちしております!


◆ご予約状況
7月8日土曜日~7月10日月曜日の3日間 ラストオーダー17:30
枡重を使った箱詰めランチ1,800円(税込み)
薬味たっぷりのちらし寿司や、鶏肉と夏野菜のモロッコ煮など、夏を感じていただくべく、夏の箱詰め料理をご用意します。
ランチメニューは、12:00~ 13:30~の各日、それぞれ12席になります。ご予約優先になります。

7月 8日土曜日12:00 残席1名
7月 8日土曜日13:30 満席
7月 9日日曜日12:00 満席
7月 9日日曜日13:30 残席1名
7月10日月曜日12:00 満席
7月10日月曜日13:30 残席2名


ご予約は、氏名・人数・希望日時・電話番号を明記して下記宛に連絡お願いします。
メニューの詳細は仕入れ状況により変わるためお問い合わせにはお答えできません。
アレルギーがある場合はお伝えください。よろしくお願いします。
お申し込みは
kunitachinoshokutaku_izui@ybb.ne.jp


キャンセルの場合は、必ずご連絡お願いします。
ご予約時間を30分過ぎてもご来店が無ければキャンセルになります。
ご予約の対応は手動のため、返信にお時間がかかることがあります。


箱詰めランチ以外にも、箱詰めおつまみ、それからおやつなどをご用意する予定です。
小上がりの畳スペースなので、お子様連れの方でも心地よくお過ごしいただけるかと思います。
神楽坂散策と合わせて、ふらりとお越しくださいませ。


IMG_4399.jpg


IMG_4400.jpg


5.6月レッスンも気づけばすっかりの終盤。
薬味やハーブ香る、初夏の韓国料理レッスン。
前菜盛り合わせの一品、葉野菜のみで作る、緑のチヂミ。
そのまま頬張るおいしさはもちろん、今回は、日々の料理あれこれに大活躍のたれ、ヤンニョンチョカンジャンを添えて。
調味料を混ぜるだけ、ながらも、チヂミのたれとしてはもちろん、焼いたお肉や魚、茹でたお肉のタレとしても大活躍。
飽くことなき、爽やかさ満載の、初夏の韓国料理レッスン。
あと1回のレッスンを残すのみ、と私自身がいつも以上の名残惜しさに包まれて。


DSC_6006.jpg


DSC_6023.jpg


来週からスタートする7.8月レッスンに向けて、レシピの大詰め。
レモン尽くしの、真夏の地中海料理レッスン。


DSC_6028.jpg


食後スイーツのレモンパイは、あれこれ試食し、試作し迷いに迷った上、とあるギリシャレストランでいただいた、スタイリッシュなレモンパイをイメージして。
本日、分量確認も無事まとまり、ほっと。
このレシピなら、ぐぐっと気軽にお家でもお楽しみいただけるはず!


DSC_6031.jpg


DSC_6029.jpg


ここしばらくすっかり我が家の定番メニューになりつつ、の天ぷら。
本日は、なぜかみんな大好きなちくわの天ぷらに、ささっと揚げた水なすの天ぷら、そして夏の魅惑、かき揚げなど。
ああ、すっかりの、てんぷら粉さまさま。


DSC_6014.jpg


DSC_6016.jpg


長男17歳の誕生日。
信じられないのだが、あっという間に17歳。
いろいろ突っ込みしたいところなのだが、ぐぐぐっと堪えて、おめでとう!
フルーツ好き男子なので、ヴィクトリアフルーツケーキ仕立てに。
なぜか絶妙なタイミングで冷蔵庫に、マンゴーとパッションフルーツ。
サマーヴィクトリア。


DSC_5963.jpg


DSC_5961.jpg


先日久しぶりに焼いたヴィクトリアケーキがあまりにおいしくて、瞬殺、だったので。
サマーイエローな色合いがなんとも。
そして引き寄せられる、トロピカルな香りにうっとり。
もちろん、みんなで瞬殺。
サマーヴィクトリアケーキ。

DSC_5966.jpg


DSC_5964.jpg


誕生日に合わせて、娘がせっせと作った折り紙工作が、実に癒し系で。


DSC_5957.jpg


飛び出てくる、どピンクのハートも上々ながら、開く前の、スタンバイ状態の、のぞきハートのやわらかな目が、たまらず。
思わず、小さくプッと、き出した記憶。
心が疲れたときに眺めよう。


DSC_5959.jpg


DSC_5956.jpg


そうそう、ケーキに使ったマンゴーとパッションフルーツが残ったので、ブッラータチーズのフルーツサラダに。
ああ、これでもかというくらいにトロピカルな色合いと、そして風味。


DSC_5975.jpg


DSC_5974.jpg


DSC_5976.jpg


6月21日 山崎商店 神楽坂・夏巡業 2023 ご案内

IMG_4399.jpg


*おしらせ*
あまりに久しぶりのイベントご案内です!!!
レッスンでもプライベートでも日々使わせていただいている桝重。
桝重をはじめ、少し新しい日用品をご提案されている「ヤマザキデザインワークス」さんのイベント、「山崎商店 神楽坂・夏巡業 2023」にて、会期中、お料理を担当させていただきます。


IMG_4400.jpg


企画展のお知らせ
山崎商店 神楽坂・夏巡業 2023
作ってるもの 使ってるもの 食べてるもの

プロダクトデザイナーの山崎宏がデザインしたモノ、普段使っているモノ、食べているモノをご紹介する企画展です。2012年に始めたこの企画も気がつけば10年を超えていました。初期の頃から取り扱いさせていただいているモノ、新しく追加したモノ。どちらも定番、或いはこれから定番になっていくモノではないかと思います。是非、夏の神楽坂にお越しください。


<会期>2023年7月7日(金)~11日(火)
<時間>12時から19時まで
<場所>神楽坂フラスコ
162-0825 東京都新宿区神楽坂6-16
電話03-3260-9055
http://www.frascokagura.com/blog/2023/07/-2023-1.html

出展者
一新堂   貼り箱
Onami   ヘラ絞り
木村硝子店 グラス
crep    ピクニックラグ他
鈴木努   木工 
松野屋   鞄
yumiko iihoshi porcelain 食器
ヤマサキデザインワークス 日用品・文房具

フード 
枡重を使った箱詰め料理とワイン
料理 いづいさちこ
料理教室「くにたちの食卓 いづい」主宰。著書に、「箱詰めもてなしレシピ」、「9つの調味料&スパイスがあなたの料理を変える」など。
ワイン いまでや 白土暁子


7月8日土曜日~7月10日月曜日の3日間 ラストオーダー17:30
枡重を使った箱詰めランチ1,800円(税込み)
薬味たっぷりのちらし寿司や、鶏肉と夏野菜のモロッコ煮など、夏を感じていただくべく、夏の箱詰め料理をご用意します。
ランチメニューは、12:00~ 13:30~のご予約優先になります。
ご予約は、氏名・人数・希望日時・電話番号を明記して下記宛に連絡お願いします。
メニューの詳細は仕入れ状況により変わるためお問い合わせにはお答えできません。
アレルギーがある場合はお伝えください。よろしくお願いします。
お申し込みは
kunitachinoshokutaku_izui@ybb.ne.jp

ランチ以外のご予約は受け付けていません。
気軽にお越しください。よろしくお願いします。
企画 ヤマサキデザインワークス
協力 フラスコ
写真 大沼ショージ
グラフィック 橋本順子


もちろん、山崎さんのすてきな桝重に、箱詰めランチ、そして箱詰めおつまみ、それからおやつなどをご用意する予定です。
小上がりの畳スペースなので、お子様連れの方でも心地よくお過ごしいただけるかと思います。
神楽坂散策と合わせて、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

ひとまずはご案内まで。
数年前の風景を少しご紹介。
ランチはご予約優先となっておりますので、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ!


DSC_1162.jpg


IMG_1730.jpg


IMG_2312 - コピー


image1 (1)


今回初めて箱詰めさせていただくのは、長方形の枡重。
どんな風に箱詰めさせていただこうかなあ、と今からわくわく、そして必要以上にドキドキ、ドキドキ。


DSC_5983.jpg


DSC_5987.jpg


神楽坂イベントに向けて。
普段のレッスンでも大活躍な、小鉢や小皿。
箱詰め必須なのが、ショットグラスやお猪口やミニスタッキングボウルなども欠かせないアイテム。
ほんの少々のお料理だったりスイーツだったりを盛り付けるのに、ありがたい存在。

レッスンでもかなりの頻度で使用してるので、いつの間にか減っていたり、ほんの少しひびが入ってしまったり、も、多々。
ということで、こういう機会に買い足しなどなど。


DSC_5980.jpg


DSC_5988.jpg


今週は、ジュニアおりょうり教室からのスタート。
今月は、みんなとっても楽しみにしてくれていたご様子の、辛くないジャージャー麺。
肉みそをのせる混ぜそば。
通常は中華のテンメンジャンを使うのだが、レッスンでは、八丁味噌などの赤みそを使って。

今月からは、みんなで火しごと、包丁しごとなど、作業をぐんと増やしていくことに。
まずはみんなで肉みそ作りから。
火にかける前の鍋に、豚ひき肉、そしてみんなで調味料も加え。
赤みそに、しょうゆに、砂糖。
火にかける前に、混ぜて、混ぜて。


j1.jpg


さあみんなで肉みそ作り。
火の回りに並んで、順番に。
手持ちアイテムは、泡立て器。
とんとん、とんとん、ひき肉ほぐしにいいいお仕事ぶり。

肉みそができたら、さあみんなできゅうりの千切り、千切り。
包丁の使い方、そしてきゅうりの切り方などを伝えながら。


DSC_5928.jpg


高学年にもなると、なかなかの手つきの子も多く。
レッスンでの包丁使いも久しぶりで、まだまだ私自身も反省点多々、多々、ながらも、やっぱりお伝えしたことがたくさん。
さあここからは盛り付け。
ゆでたてを一気に冷やした麺をカップに詰めて、肉みそをたっぷりのせて。
料理の過程はもちろん、改めて子どもたちは盛り付けも大好きなことを実感。
まるでキャンバスに絵を描くような。
なにかをイメージしながら盛るつける子も多く、こちらが思わずはっとさせられたり。


j2.jpg


j3.jpg


そして、ジャージャー麺のできあがり!
おいしそう!
お好みでピリリとさせたい子は、一味をぱらり。
案外辛党の子も多く。
辛いのが苦手な子は、アクセントにパプリカパウダーをぱらり。


j4.jpg


今すぐ頬張りたい気持ちを押さえて、ふたをして。
お家でお楽しみに。
混ぜながら召し上がれ。
お好みで、卵黄のっけもおすすめしつつ。
次回の夏休みレッスンにリクエストもいただき、さあ、夏本番に向かう季節。


DSC_5999.jpg


DSC_6002.jpg


暑い、暑い日に。
試作も兼ねて、久しぶりの寒天。
ゼラチンとはまた違った食感の魅力はもちろん、ゼラチンよりもずっとクイックに固まってくれる魅力。


DSC_5922.jpg


好きなサイズにカットできるのも寒天の魅力。
頬張った時の、ほどよくぷりり、そしてやわらかめに作ると、ぷりりの後に心地よいなめらかさ。
寒天の食感って、こんなにすてきだったんだっけ、と改めて発見するような。
熱い熱い日には、盛りつけた寒天にサイダーを注いで、もぜひぜひのおすすめ。
眺める涼、頬張る涼。


DSC_5924.jpg


DSC_5919.jpg

6月19日 ヴィクトリアケーキにブラックベリーをのせて




暑い、暑い週末。
玄関先のブラックベリーの、ほんのほんの数粒が、いつに間にか、いくつかすっかり色づいていて。
もちろん、まだまだ色づきの時期はこれから。
気づけばそんな季節。


IMG_4349.jpg


DSC_5890.jpg


一番選手をトッピングに。
父の日、ということで、久しぶりに焼いたヴィクトリアケーキにのせて。


DSC_5891.jpg


DSC_5892.jpg


IMG_4347.jpg


ベリーのヴィクトリアケーキ。
半分に切り分けた生地には、ホイップクリームとベリーのジャム、そしてアメリカンチェリーをサンドして。


DSC_5897.jpg


トッピングには、アメリカンチェリーとブラックベリーとブルーベリーなど。
夏の色合い。


DSC_5896.jpg


DSC_5898.jpg


朝活、バンザイ。
ちょっと会おうよ、と話が出てから、みんなのスケジュールを照らし合わせて、急遽、その週末の朝に全員集合。
束の間ながらも、直接会えること。
会った瞬間から、本題に入り、脱線が始まると止まらず。
そしてきっともう何回も何回も聞いたはずのはなしを、まるで初めて聞くかのように、ときに聞きながら驚き、ときに聞きながら涙し、そして聞きながら笑いが止まらず。


IMG_4337.jpg


THE CITY BAKERY
モーニングは初めて。
4種のデリプレート。
色鮮やかなデリ。
にんじんのラぺには、キリリとしょうがの香りがあとっても印象的。
そして、なめらかなフムスにはクミンの香りがふんだん。
噂の、プレッツエルクロワッサンがリッチで美味なこと、美味なこと。
とんでもなくばったばっただった朝の苦労も、この一皿と、会いたかった彼女たちの笑顔に、帳消しどころの騒ぎではなく。


1_アトレ品川_外観


p-02-2.jpg


公園の緑を眺めながら、スパークリングワインをちびちび、の、二次会。
ああ、すっかり忘れていたような小さな記憶が、いくつも、いくつも蘇ったり。
そしてあの頃には感じなかった、あの頃にはまだまだ感じられなかったこと、今だから感じることも、たくさんたくさん。


DSC_5886.jpg


用事帰りに、発酵スイーツを求めて。
久しぶりに、発酵デリカテッセン「Kouji & ko」へ。
おみやげにスイーツを調達して。
キャロットケーキのフロスティングには、ふわっと甘酒の香りでこっくりとした印象。
甘麹を使ったガトーショコラは、どっしりタイプではなくとも、麹のコクと風味で深みが増し。


DSC_5887.jpg


IMG_4345.jpg


暑い暑い週末。
夕方にもう一品、を、まじめにおいしい一品をすぐに調達できるありがたさ。
とっても近所のオープンした、カリーと焼き菓子のテイクアウトとちょっと喫茶のお店「ダバ ブレイス」へ。
拝見して気になっていた、煮干しとナスのカリーに、大好きなヨーグルトときゅうりのサラダ、ライタなど。


DSC_5885.jpg


煮干しが粉砕されているのかと想像しいてのは誤算。
いつものダバテイストは安定のおいしさ。
そして、そのまま具材としてしっとりと煮上がった煮干しのおいしさ。
そして白ワインとの相性が良すぎる件。
夕ごはんの、上々な、副菜の一品に。


DSC_5875.jpg


DSC_5884.jpg


少し前につけた、梅ジュースもすっかりの飲み頃に。
この時期、ちょっと疲れたなあ、というときには炭酸水と割って。
体に染み入り。


DSC_5905.jpg


季節のものに自然と体が寄り添う実感。
梅のシロップ煮も一緒に入れて、つぶしながら混ぜながら、も、上々。
熱い熱い1日だった日の夕方にきゅきゅきゅっと。


DSC_5902.jpg


DSC_5904.jpg

6月16日 7.8月レッスンスケジュール、アップしました




*おしらせ*
7.8月レッスンスケジュールを、ホームページ「おしらせ」にて、アップしました。
いつも以上に、すでにご参加のみなさまのご参加希望が多く、レッスン日を追加しましたが、全日満席となっております。
ご新規の方へのご案内ができず、心苦しい限りです。
キャンセルは多々あります!!!キャンセル出しだい、Instagramやブログにアップしております。
お手数おかけしますが、チェックいただければ幸いです。
お問い合わせを多くいただいておりますが、キャンセル待ちは承っておりません。
ご了承くださいませ。


DSC_5114.jpg


7.8月は、レモン尽くしの 真夏の地中海料理レッスン。

前菜には、トマトとレモンの冷たいスープに、スペインバルの定番の、トマトとにんにく香るパンコントマテ、スペインの生ハム、ハモンセラーノとメンブリージョのピンチョス、フルーツとチーズとピンチョス、ギリシャのザジキソース、たこのラガレイロ風などなど、地中海を巡る国々のレシピをピンチョス仕立ての前菜盛り合わせに。

小皿には、枝豆とショートパスタのレモンクリームソース、主菜には、鰯とじゃがいものオーブン焼き、そして主食には彩り鮮やかな、鶏肉と海老のパスタパエリア、フィディア。食後のスイーツには、お家でも再現しやすい、スタイリッシュなレモンパイを予定しています。


DSC_5751.jpg


DSC_5297.jpg


DSC_5662.jpg


5.6月レッスンもすっかりの終盤。
ウェルカムドリンクももちろん韓国風。


DSC_5851.jpg


DSC_5852.jpg


食後スイーツも、お好みで韓国茶と合わせて。
韓国の伝統菓子・薬菓をのせた、雑穀ときなこのミニパフェ。


ゆで雑穀が、パフェのパーツに大活躍。
プチプチッとしたした食感と滋味な味わいは、小豆あんとの相性抜群。
レッスンでは自画自賛の、自家製小豆あんを合わせて。
5.6月レッスンでは、1度に4回レッスン分の小豆あんを炊く日々。
暑さにも負けず、湿度にも負けず。


DSC_5827.jpg


DSC_5831.jpg


ゆで雑穀やゆで小豆をパフェのパーツにして。
改めて、パフェの自由度と、相乗するおいしさをしみじみ。
薬念、の概念が根づく国。
スイーツにも然り。


DSC_5858.jpg


DSC_5136.jpg


DSC_5860.jpg


これでもかというくらいにじめじめモードなこの季節。
レモンぢからに頼るべし!
とある日は、7,8月レッスンにも登場予定、、枝豆とショートパスタのレモンクリームソース。
先日調達したハート型のショートパスタ。


DSC_5837.jpg


切り口の愛らしさはもちろん、食感の心地よさ。
お皿に盛ってから、レモンの皮のすりおろしを散らして。
すりながら、散らしながら、ああ、鮮明に心も体も喜ぶ実感。


DSC_5838.jpg


DSC_5835.jpg


レモンぢからに頼るべし!
とある日は、大好きなフルーツとチーズのサラダに。
いただきもののプラムや、いただきものの、さくらんぼのシラップ漬け。
シロップ漬けではなく、シラップ漬け、の文字が、これまた魅惑的で。


DSC_5847.jpg


アメリカンチェりーに、ブルーベリーも。
大好きな初夏のフルーツ総動員的。
仕上げにはちみつ、オリーブ油、ブラックペッパー、そしてレモンの皮のすりおろしを散らして。
鬱陶しい時期だからこそ、そんな空気を一掃してくれるような、レモンぢからは偉大。
心も体も喜ぶ実感。


DSC_5850.jpg


DSC_5849.jpg


こちらも、この時期にぴったりの、爽やかに体が喜ぶ一品。
作り置きのそぼろを使って、生春巻き。
少し前にいただいた、かなり小ぶりのライスペーパー。
水やぬるま湯に浸すのではなく、さっと、一部に水をまぶす程度で、軽くだけ戻す感覚。
ほどよくしなる程度に戻したライスペーパーに、そぼろや野菜、薬味などふんだんに。
ぎゅぎゅと押し巻きながら。


DSC_5861.jpg


お皿に並べてから、お好みで細かくしたナッツをぱらりぱらり。
カットして盛り付けるのも、食べやすく。
固めに戻した生地も、具材からのほんのりの水分で、頬張る頃には実にほどよい生地感に。
サラダ感覚で、気軽につまめるのが絶妙。
普段使いには、ナンプラーなし、シンプルな酢じょうゆを添えて、いつものおかずと並べて。
爽やかな料理に救われる日々。


DSC_5867.jpg


DSC_5863.jpg



6月14日 平日レッスン日程ご連絡と枡重にピンチョス




*おしらせ*
平日レッスンご参加のみなさまには、7.8月日程ご案内メールを本日送付いたしました。
届いていない方などありましたら、ご連絡いただけると幸いです。


DSC_5662.jpg



すっかり終盤に向かいつつの、5.6月初夏の韓国料理レッスン。
テーブルセンターの参鶏湯を眺めてからの、いただきます。
みなさんが前菜など召し上がっている間に、参鶏湯のお取り分けなど。
しっとりと炊き上がった鶏肉と、とろりとしたスープをお取り分けして。
仕上げに、ねぎと、お好みで香菜など。

ベースは、実にほんのりほんのりの味付け。
テーブルにおいた、岩塩とブラックペーパーをぱらりとしながら。
そのままのほんのほんの薄味も存分なおいしさながら。岩塩をぱらりとすると、そのおいしさは別格。
ぐぐぐっとお味がととのい、そしてうまみが増す実感。
さっそく、みなさん参鶏湯復習してくださっているご様子、なにより、なにより。


DSC_5764.jpg


DSC_5770.jpg


7.8月レッスンに向けて。
ピンチョス盛り合わせ試作を、今日は気まぐれに、ヤマザキデザインワークスさんの枡重に。
長方形の枡重に盛り付けるのは、実は初めて。


DSC_5787.jpg


うわあ、それはそれは魅惑的。
いつもの、枡重の、食材1つ1つ、料理1つ1つの色合いを引き立ててくれる魅力はもちろん。
長方形の枡の中に、小さな世界が広がるような。
久しぶりに盛りつけながら、思わず胸躍る感覚。


DSC_5798.jpg


DSC_5799.jpg


全体像を眺める楽しさはもちろん、それ以上に、パーツの眺めに思わずうっとり。
今日は絶賛試作中のピンチョス盛り合わせ、でのパターンだったのだが。
優しく包み込むような、白木のひのきの包容力をしみじみ。
どんな食材も、どんなメニューも、おいしそう!に演出してくる、枡重のちから。


DSC_5785.jpg


DSC_5784.jpg


7月に、久しぶりにイベントに参加いたします。
ヤマザキデザインワークスさんの枡重を使っての、箱詰め料理をご用意する予定です。

7月8日(土)~7月10日(月)の3日間、神楽坂のキャラリーにて。
ランチについては、ご予約優先でのご案内予定。
ご予約はもう少し間近になってからの受付となります。
詳細については、追ってご案内させていただきます。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ!
みなさまにどんなお料理で喜んでいただこうかなあと、妄想が広がり、広がり。


DSC_5813.jpg


DSC_5808.jpg


天ぷらにする前のなすが、なんとも粋で。


DSC_5819.jpg


ここしばらくは、天ぷら自主練の日々。
具材はもちろん、特に衣について、あれこれ試しつつ。
揚げてからしばしの、特に衣の、実際のおいしさはもちろんながら、「おいしそう感」の維持を保つには、と、そんな目線であれこれ思案しつつ。
実は初めて使ってみた天ぷら粉。
今まで手を出さなかったことが悔やまれるほどの、上々の優秀ぶり。


DSC_5823.jpg


天ぷら。
揚げたてのおいしさがなにより一番。
可能な限り、食べる直前に揚げ、揚げたてを頬張る、がモットーなのだが。
なので、なかなか平日の、みんなの食事の時間がバラバラだったりすると、登場させづらくもあり。
が、そんなときの救世主的。
揚げたての、衣の状態はもちろん、衣のサクサクの維持度がここまでであるのなら、頼る選択肢も大いにあり。
そんなつぶやきをしながら、揚げたてのつまみ食いなど。


DSC_5825.jpg


tenpura.jpg

6月12日 スモークツリーのガーランドにモビール、レモンを感じる週末




梅雨の季節。
じめじめした空気のついつい心も引っ張られそうになるところ。
今年は、実に、レモン!の救われている実感。
この時期の、レモン試作に感謝すべく。

気づけばそんな季節。
スモークツリーがお花屋さんに並び始めると、なんだかそわそわ。
お花屋さんに並ぶ期間が短いのと、好みの色合いのに出会えるかどうか、それからふわっふわ具合などなど、懸念事項、多々。
近くのお花屋さんでは、赤いスモークツリーだったり、ふわふわが小さかったりと、なかなか好みのスモークツリーに出会えず。


洋菓子と花「Les deux piliers」さんへ。


IMG_4266.jpg


ありました、ありました。
ドライに向かいつつ、のスモークツリーを無事、調達して。
こちらは、生花とドライを両方扱っているので、こんなタイミングに実にありがたく。


IMG_4267.jpg


IMG_4268.jpg


帰宅後さっそく。
先日、さっそくMarcaさんで調達しておいたドライフラワーと合わせて。
それから先日いただいた、ミモザのつぼみのスワッグもほどよくドライになったので、ありがたい刺し色に。
スモークツリーのガーランド作りなど。
スモークツリーの枝が、とってもいい香り。
子どものころ、近所の山の中の緑をかき分けて遊んでいたときの記憶がはっと蘇るような。


DSC_5707.jpg


DSC_5709.jpg


小分けにしたスモークツリーにワイヤーを添えて、かたちをととのえて。
ほどなく2つのスモークツリーのガーランドができあがり。
この優しいふわふわの愛らしさたるや。


DSC_5722.jpg


スモークツリーのガーランド。
昨年初めて作ったのだが、昨年はピンク色をさし色に、甘いイメージだったので。
今年は、7.8月レッスンに合わせて、レモン色をイメージして。


DSC_5714.jpg


DSC_5724.jpg


少々、スモークツリーのふわっふわが残ったので、気まぐれに丸めて、気まぐれにモビール仕立てに。
まさに、残りものに福あり。
お庭のユーカリやら、残っていたシトラスチップスなどをかき集めたら、7.8月レッスンのイメージにもぴったりな印象。


DSC_5733.jpg


細い麻ひもやら、スモークツリーの、予想以上にふわっふわに多いに振り回されつつも、その、振り回され感も心地よかったりするもの。
無条件に集中できるひとときの、ありがたさ。
スモークツリーとシトラスのモビール。
近づくと、思わずふらふらッとするほどの癒しの香り満載。
こちらも、7.8月レッスンでの演出役に。


DSC_5730.jpg


DSC_5727.jpg


レッスンで絶賛中、消費中のなつめが足りなくなりそうで。
大急ぎで、立川の、友誼商店へ。
レッスンでもこちらをご紹介しつつも、なかなか一歩足を踏み入れにくい方も多いようで。

朝早めの時間は、静かなのでおすすめ。
これでもかというくらい積極的な店員さんもまだおらず、なので、マイペースに見られるはず。


IMG_4229.jpg


店内中央当たりの陳列棚に、なつめがずらり、ずらり、ずらり~。
サイズ違いや種あり、種なしなど、なつめだけでも10種類以上。

それからレジ横辺りに、お茶コーナーなど。
5.6月レッスンのウェルカムドリンクにも絶賛活躍中の、菊の花葉も数種。
それから韓国茶も少々。


IMG_4230.jpg

IMG_4231.jpg


最近のテイクアウトの定番は、大好きな油条。
なにせ、レジカウンター脇に置いてあるので、ついつい。
朝食メニュー定番なのだが、我が家では、昼食、または夕食の一品に。
辣油、香菜、しょうゆ少々を加えた豆乳を添えて。


DSC_5690.jpg


DSC_5693.jpg


帰り道、PAULのカヌレが恋しくなり。
立ち寄ってみたら、なんとまあ、レモン尽くしのラインナップ。
レモンを思い描くだけでも、この季節に実にありがたい清涼感。


DSC_5745.jpg


レモン風味のカヌレに、レモン風味のワッフルなどなど。
仕上げにひとレモンしてあるだけで、爽快感。
PAULのカヌレは、もちもち、というよりも、ほどよいむちむち感の食感が楽しく。
焼き立てを妄想しつつ。


DSC_5746.jpg


DSC_5747.jpg


レモン尽くしの週末。
おやつ用に焼いた、バスク風チーズケーキにも、仕上げにひとレモン。
レモンと一緒に、岩塩もぱらりぱらり。


DSC_5744.jpg


これは爽やか、この季節にとってもおすすめ。
お好みで、ブラックペッパーを挽くのも、上々。


DSC_5737.jpg


DSC_5742.jpg


そして、もうひとレモン。
7.8月レッスンに向けて。
枝豆とショートパスタのレモンクリームソース。
かたつむりのかたちをイメージした、ルマコーニ。


DSC_5752.jpg


これは間違いないおいしさ。
ゆで上がったルマコーニの開いた口の部分に枝豆が転がり入ったのも、またよし。
今年、初枝豆。
ああ、初夏から夏へ。
レモンを感じる週末。


DSC_5748.jpg


DSC_5750.jpg
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR