FC2ブログ

8月16日 9.10月レッスンスケジュール、アップしました

IMG_1252.jpg


*おしらせ*
9.10月レッスンスケジュールを「おしらせ」にアップしました。
お申し込みいただいた方で日程ご案内メールが届いていない方などありましたら、ご連絡くださいませ。
ご新規の方のお席ががたいへん少なくなっており、心苦しい限りですが、よろしければご検討くださいませ。

9.10月は秋の発酵料理です。
前菜は秋のフルーツとヨーグルトや発酵バターなどを使った前菜や、秋鮭の塩麴焼き、テンペのべっこうあんがけに豆鼓香る蒸し物などを秋の吹き寄せ風に。小さなお皿には秋の生春巻きを。主菜の八丁味噌を使ったビーフストロガノフには秋のおこわを添えて。食後のスイーツはバスク風チーズケーキです。


IMG_1254.jpg


子どもたちとの夏休みじかんの日々。
先日、近所の公園でわいわい大人数でのバーベキューなど。
アヒージョには、夏の名残のズッキーニになす、そしてこれからが魅力の秋のきのこたち。
まだまだ暑さ厳しすぎる日々、ながらも、秋に向かう、と信じたいところ。


IMG_1251.jpg

IMG_1271.jpg


夏休みといえば、の自由研究もほぼ無事完成!
毎年毎年のことながら、親もかなりのエネルギーを消耗・・・。
毎年恒例の絵本作り。
次男は、「忍者の里・伊賀をおとずれて」と、「照り焼きチキンのおべんとう の 作り方」の2冊。
そして娘は、「フライパンプリン・ア・ラ・モードの作り方」。


DSC_1372.jpg

IMG_0690.jpg


2人同時進行での絵本作り。
思い出すだけでもどっと疲労感があふれ出るくらい。


DSC_1395.jpg

DSC_1396.jpg

DSC_1397.jpg

DSC_1398.jpg


長男からスタートした今までの絵本を引っぱだしてみたら13冊。
今年の新作が3冊。
合わせて16冊!
子どもたちがもうやらない!、というまでは、私の想い出作りのために続けるのかも。
まだまだ夏休みじかん。


DSC_1384.jpg

スポンサーサイト

8月12日 やいづ→三重→やいづの夏休み最終日&9.10月平日レッスンご案内送付しました




*おしらせ*
すでに平日レッスンご参加のみなさまには、9・10月平日レッスン日程ご案内メールを送信いたしました。
届いていない方などありましたら、お手数おかけしますが、ご連絡いただけるとありがたいです。
ホームページでのご案内は、8月16日頃を予定しております。
しばしお待ちくださいませ。

やいづ→三重の夏休み 4日目。
最終日の朝は、知多半島、半田の街を散策し。
温暖な気候と良質の地下水に恵まれた土地、ということで、古くから酢や酒などの醸造業が盛んな半田。
半田運河の脇には、あちらこちらに黒塗りの蔵などが連なり、なんとも風情があり。
運河の脇には色とりどりの風車がなんとも愛らしく。


IMG_1208.jpg

IMG_1218.jpg

IMG_1214.jpg

IMG_1216.jpg


ミツカン創業の中埜半六庭の、回遊式の庭園に当時は半田運河の潮の満ち引きにより水面が上下する池があっと、とか。
庭の中にススキの穂が。
まだまだ暑さが厳しすぎる日々、ながらも、ほんの少しだけ秋に向かう気配。


IMG_1237.jpg

IMG_1243.jpg


おみやげを買って、一路やいづの家へ。
立ち寄りたかったスポットはまだまだあれこれありつつも、今はこうやって家族みんなでそろって出かけられること。
そして、旅の帰りに、わが家以外に「ただいま!」と帰ってこられる場所があること。
やいづの家ではみんなでいつものラーメン屋さんへ行ったり、子どもたちは暑さにも負けず、虫採りに行ったり。
母ともしばしおしゃべりをして。
年々、子どもたちの習い事や部活で、帰省の滞在が短くなってきつつも、こうやってほんの束の間ながら、会えること。
そして束の間ながら、やいづの空気を感じること。

国立の家へ。
さあ、夏休み後半戦。
忍者モード継続中に、次男の自由研究を進めなくては!
半田生まれの新見南吉「ごんぎつね」にちなんだクッキー。
発酵バターが使われていて豊潤な風味。
やいづ→三重→やいづの夏休み 最終日。

DSC_1389.jpg

DSC_1391.jpg




8月10日 やいづ→三重の夏休み 3日目

20190811044919070.jpeg


やいづ→三重の夏休み 3日目。高原の心地よい朝が名残惜しくも、今日は伊勢方面へ。
久しぶりのお伊勢参りへ。

201908110449128e9.jpeg


五十鈴川にかかる宇治橋を渡ると、一気に静寂な空気に包まれて。川のゆったりとした流れ、木々に包まれたしっとりと凛とした空気。

20190811044939185.jpeg


20190811044958d9a.jpeg


20190811045004300.jpeg


2019081104492592d.jpeg


2019081104493318b.jpeg


お参り後は、江戸期から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築・再現されたおかげ横町を散策し。当時とは店構えなど異なるものの、きっと祭りのような活気はあの頃と同じはず。
暑さの中、なんとか歩き切ったのは、赤福氷を励ましに。茶屋風の店内で、みんなで頬張り。安定のおいしさ。

2019081104502401f.jpeg


20190811045017c3f.jpeg


横町で、ふらり射的をしたり。

20190811045041e45.jpeg


20190811045047430.jpeg


今度は松坂方面へ。100名城の1つ、松坂城へ。もとは壮大な平山城で、現在は立派な高石垣に囲まれた上段の本丸跡、中段の二の丸跡、そして下段に広がるのが、御城番屋敷と呼ばれる武家屋敷。

20190811045103e0c.jpeg


石畳の道の両側に槇垣が巡らされ、とても美しく。手入れされた武家屋敷をのぞいてみると、一気にタイムスリップするような。現在もこちらの子孫の方々の手入れのもと、生活を感じる家並みとなっていて。

2019081104512549d.jpeg


2019081104511062a.jpeg


夕方には三重県から愛知方面、知多半島へ。夜は手羽先唐揚げや味噌カツ、そしてどて煮など名古屋の味を満喫し。夏休みの旅の終盤が見え隠れする、なんとも名残惜しい頃。やいづ→三重の夏休み 3日目。

20190811045138457.jpeg

8月9日 やいづ→三重の夏休み 2日目

2019081004432505a.jpeg


やいづ→三重の夏休み 2日目。やいづの家を出発し、一路、三重へ。目指すは伊賀。

2019081004423449d.jpeg


まずは、早めのランチにそば「松尾」へ。香りよくのどごしのよい10割そばを満喫し。

201908100442574f9.jpeg


201908100442493de.jpeg


201908100442426c2.jpeg


目指すは、伊賀上野公園。
まずは、伊賀、といえば、そう忍者。伊賀流忍者博物館へ。忍者好きな次男の自由研究に合わせて。演出に到着までの車中はもちろん忍者ものの映画など。

さっそく忍者実演ショーなど。目の前で本物の手裏剣や刀、鎌などの忍具を使った技はかなり迫力があり。そしてクノイチの存在感。ショーのあとは、すっかり目をきらきらさせて、さっそく本物の手裏剣打ちなど。

201908100443044a1.jpeg


そして忍者屋敷へ。以前訪れた戸隠では忍者屋敷風、であったが、こちらは築250年以上の、本物の忍者屋敷を移築したもの。一見ごく普通の農家のあちらこちらに、どんでん返しや隠し階段、仕掛け戸など。

そして体験館、伝承館で数々の忍具や忍者の歴史や生活ぶりなどを知り。帰り道のおみやげ屋さんからはすっかりの忍者モード。

20190810044311bba.jpeg


20190810044226361.jpeg


公園内にある、100名城 伊賀上野城へ。日本一の高さを誇る高石垣から堀を見下ろすとそれはそれは恐ろしい眺め!そして白亜三層の端正な伊賀上野城。

2019081004432505a.jpeg


天守閣には藩主藤堂家の大名膳や器などの調度品も展示され。

20190810044355d1c.jpeg


201908100443496ce.jpeg


早めに、青山高原のホテルに向かい。
今回は離れのコテージ泊。すっかりの忍者&クノイチたちが、部屋中を忍者屋敷に見立て、いつも以上に落ち着かないこと。

20190810044423fef.jpeg


夜は伊賀地ビール「忍泡伊賀」に、三重の郷土料理、伊賀米を使ったてこねずしに、牛汁など。
やいづ→三重の夏休み 2日目。

20190810044417b3a.jpeg


20190810044438e4c.jpeg


201908100444305ec.jpeg


20190810044445723.jpeg

8月8日 やいづ→三重の夏休み 1日目

2019080904524528a.jpeg


やいづ→三重の夏休み 1日目。
朝早くに出発し、一路、静岡の海へ。
私以外は、とにかく海が大、大、大好きな我が家。

今年は、昨年も来た用宗海水浴場へ。
海を見た瞬間に駆けていく子どもたち。
こんなに楽しそうな姿を見られるなら、海に来るのもいいかな、と。

20190809045303530.jpeg


20190809045254312.jpeg


海水浴場のすぐそばのジェラート専門店「LA PALETTE」へ。静岡の食材を使った色鮮やかなジェラートがずらり。静岡産お米のジェラートに、静岡産ほうじ茶、そして静岡産ボイセンベリー。お米のジェラートは、優しい甘みと時折のプチプチしたお米の口当たりが魅力。

2019080904523832d.jpeg


201908090452298be.jpeg


20190809045221d18.jpeg


20190809045213db3.jpeg


夕方にはやいづの実家へ。
夜は、みんなで散歩しながら駅近くの居酒屋へ。刺身3種盛りに、しらすと青のりのピザなど。帰り道、暗くなり始めた公園で一休みして。

やいづ→三重の夏休み 1日目。

201908090452055c8.jpeg


20190809045154e70.jpeg

8月7日 ふらり上野から乱歩邸、明日館へ。

IMG_0805.jpg


*おしらせ*
8月中旬まで夏休みをいただいております。
お問い合わせに関するご返信など遅くなりますが、ご了承くださいませ。

次回9.10月レッスンのスケジュールご案内は8月15日前後を予定しています。
すでにレッスンご参加のみなさまへの平日レッスンご案内は、8月12日前後を予定しております。
しばしお待ちくださいませ。


夏休み真っ盛りの子どもたちとふらり上野、そして池袋へ。
長男の、夏休みの課題、に発破をかけに。

まずは上野、久しぶりの科博へ。
長男が課題に取り組む間に、下2人と、いつものコースへ。
夏休み、ということもあり、館内のあちらこちらでさまざまな展示紹介など。
カッコウの卵についてや、個性的な菌類の生態について、などなど。


IMG_0695.jpg

IMG_0700.jpg

IMG_0693.jpg

IMG_0694.jpg


いつもは地球館メインなのだが、今回は日本館をじっくりと。
日本館がこんなに魅力的だったとは。
江戸時代の地球儀や、それからずらりと展示された和時計。
吹き抜けの館内には大理石やタイルがふんだんに使われていて、階段部分や通風口のモチーフ1つ1つがすてきで。


IMG_0707.jpg

IMG_0717.jpg


上野公園を抜けて、今度は池袋方面へ。
ランチには、公園そばの、ハワイアン&メキシカン「Aloha Amigo」へ。
盛り合わせプレートには、定番のワカモレやガーリックシュリンプ、モチコチキンなどと合わせて、サボテンのマリネなど。

食後のテーブルに3人が楽しそうに過ごしている姿。
大きくなっても、みんなでこんな風に楽しそうにしてくれていたらいいなあ、とふと。


IMG_0745.jpg

IMG_0757.jpg


めざすは、「旧江戸川乱歩邸」。
乱歩が没年までの後半生を過ごした家。
現在は、立教大学へ譲渡され、豊島区指定有形文化財として保存。
長男の夏休みの課題として、と言いつつ、私自身が以前から訪れたかった場所。
ガラス戸越しに眺める、土蔵は乱歩ミステリーの源泉ともいうべく秘蔵の書庫が2階まで続き。


IMG_0779.jpg

IMG_0778.jpg


以前、乱歩の短編小説にどっぷりどっぷりはまった時期もあり、そしてちょうど今は、次男と少年探偵団を読んでいた、そんなタイミング。少年探偵団シリーズは、この地で生み出されたはず。土蔵の印象はまさに乱歩の世界観。


IMG_0784.jpg

IMG_0789.jpg


ここからものの数分のところに、新婚当初から5年ほどの仮住まいがあり。
まだあるかな、と子どもたちと探しに。
もう15年近く前ながらも、道の記憶はしっかりとあり。
細い細い路地の途中に、当時のままで。
あの頃、ここに暮らしていた頃には、今の生活など想像もつかなかったはず。

またそこから歩いて数分。
重要文化財「自由学園明日館」へ。
フランク・ロイド・ライト建築の魅力、幾何学的な建具の装飾の美しさ。
どの空間にも光のやわらかさがあり、そして風が流れて。

子どもたちと一緒に、昔の記憶も辿るひとときとなり。


IMG_0799.jpg

IMG_0805.jpg

IMG_0810.jpg

IMG_0812.jpg

IMG_0813.jpg


IMG_0822.jpg

8月5日 夏のリースと白いカルククス、そして復習会

DSC_1324.jpg



夏休みおやつ教室&おりょうり教室に、わが家の下2人もそれぞれに参加し。
おいしい記憶が新しいうちに、夏休みの自由研究の、それからホームページ「教室の風景」の素材集めとして、さっそくの復習。

まずは「フライパンプリン・ア・ラ・モード」から。


DSC_1250.jpg

DSC_1252.jpg

DSC_1260.jpg

DSC_1301.jpg

DSC_1307.jpg



それから翌日には、「照り焼きチキンのおべんとう」。
焼きたて照り焼きチキンのつまみ食いもこっそっり、などなど。


DSC_1334.jpg

DSC_1341.jpg

DSC_1347.jpg

DSC_1364.jpg

DSC_1367.jpg


さあ、素材は揃ったところで、まだまだ先は続く、続く。
今年も、毎年恒例のレシピブック絵本作りをする予定。
とにかく気まぐれな娘との絵本作りは、始まる前の今から少々ぐったりする感覚もありつつ。
がんばろう。


IMG_0522.jpg


tama cafeへ。
娘と、アキフラワーズさんの「Mori cafe」へ、リースを作りに。
ワークショップのスペースには、夏らしいお花やグリーンがずらりと並び。
まずはお花やグリーンを選び。

IMG_0525.jpg


娘、初めてのリース作り。
さっそく、はさみでぱちぱちとお花たちを切り分けて、さっそくのリース作り。
アキさんから作り方をレクチャーしていただき、さっそくせっせと、せっせと。
作りながら、ユーカリなどの香りにも癒されつつ、ほどなく、それはそれはすてきなリースができあがり。


IMG_0539.jpg

IMG_0540.jpg


最後に好きな色のラフィアを結んで。
一緒に参加したお友達のリースと並べても、なんとも爽やかな愛らしさ。


IMG_0559.jpg


IMG_0566.jpg


DSC_1324.jpg


ワークショップ後は、ランチをいただき。
8月からの夏限定メニュー、白いカルククス。
豆乳ベースのコクのありつつもマイルドなソースが冷たい麺とうまく絡まって、夏にぴったり。
そしてトッピングのりんごの千切りが絶妙なアクセント。
いつもながら、ヨンさんの繊細なお仕事ぶりに感服。


IMG_0563.jpg


IMG_0560.jpg


さあ、夏休みじかんを満喫、満喫。
ふらりと秋川渓谷へ川遊びへ。
飽きることなく、川遊びに夢中な子どもたちを眺めつつ、木陰の水辺にセッティングしたシートにて、足水しながら。
ワインを飲みつつ、読書のひととき。
風がそよそよと流れ。
言うことないほどの心地よい夏のひととき。
さあ、夏休み、夏休み。


IMG_0647.jpg

IMG_0604.jpg

IMG_0579.jpg

8月2日 夏休みおやつ教室&おりょうり教室、全日程が無事終了しました!




夏休みおやつ教室&夏休みおりょうり教室の全日程が無事終了しました!
本当にたくさんの、そして本当に元気いっぱいの子どもたちとの日々。
ご参加くださったお子さまたち、そしてこの暑さの中での送迎など、ご協力くださった保護者のみなさま、心より感謝いたします。

この2週間で、のべ130人!の子どもたちが教室キッチンにやってきてくれて。

その日その日のお顔ぶれで、その日その日、その会その会の雰囲気が生まれ。
子どもたちとのやりとりのおもしろさはもちろん、改めて、子どもたちのピュアな目線やこだわりには、はっとすることもしばしば。
そうそう、最終日も最終日、最後のおやつレッスンで、ステゴサウルスのクッキーの頭としっぽを私がずっと勘違いしていたことに、子どもたちからの声で気づき。
自分の好きなものを見つめる目線。
そして、いつもながら適当すぎる私に反省しつつ、などなど。
そしてフライパンプリン・ア・ラ・モードずらり、の眺めもこれで見納め。


DSC_1104.jpg


DSC_1247.jpg


DSC_1215.jpg


夏休みおりょうり教室は、「照り焼きチキンのおべんとう」。
照り焼きチキンには薄力粉をまぶすので、調味料の絡みもぐっとよく、出来立てはもちろん、冷めてもしっかりとしたおいしさ。


DSC_1205.jpg


DSC_1192.jpg


それからおかずあれこれ。
夏野菜のナムルには、豆もやしににんじん、そしてかぼちゃにズッキーニ。
つまみ食いして、「うわあ、うまい~~~!」、そんな叫び声も。


DSC_1227.jpg


ペンネサラダには、ゆでたペンネとミニトマト、そしてケチャップとマヨネーズを加えて。
マヨネーズを少々加えると、おべんとうなど時間が経過しても、パスタ同士がくっつきにくくなる効果。


DSC_1195.jpg


そして、薄焼き卵のお花。
毎回毎回、1人ずつそれはそれは真剣に。
半分に折った薄焼き卵に切り込みを入れて、くるくる、くるくる。


DSC_1230.jpg


DSC_1231.jpg


DSC_1229.jpg


おかずに準備ができたら、みんなで一斉におべんとう箱詰め。
ごはんを詰めて、ナムルを詰めて、その横にペンネサラダを詰めて。
今度はその手間に照り焼きチキンを詰めて、最後に薄焼き卵のお花を詰めて。
ふりかけとピックを添えて、できあがり。


DSC_1209.jpg


DSC_1233.jpg


DSC_1213.jpg


午前と午後のレッスンの合間に、おべんとうを頬張る日も。
小さなおかずが少しずつあこれこれ。
できたてではなく、少し時間が経ったからこそ、の、おべんとうのおいしさの魅力。
こんなつまみ食いの眺めも愛らしいもの。


DSC_1214.jpg


無事夏休みレッスンが終わり、ほっとほっと一息。
子どもたちの学童おべんとうもこれでしばしお休みに。
さあ、夏休み、夏休み!

DSC_1221.jpg


DSC_1224.jpg


レッスンにご参加くださった友人が、レッスン風景を撮ってくださって。
子どもたちの夏休みの楽しい想い出の1つとなりますように。
そして、私自身にとっても、また想い出が積み重なり。
レシピブックご注文くださったみなさん、レシピブック作り、がんばりましょう!
そう、わが家も。
追って、ホームページ、「キッチンの風景」にて、夏休みおやつ教室&夏休みおりょうり教室の画像アップをいたします。
レシピブック作りや夏休みの自由研究のお役に立てれば幸いです。
夏休み、夏休み!


IMG_0493.jpg


IMG_0495.jpg

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR