8月30日 キーマカレー復習と9.10月レッスンご案内



今週はせっせと原稿書きと試作の日々。
と、合間に新学期を間近に控える長男の宿題チェック。
そして、まるで漫画のように宿題ドリルには真っ白なページ続出。
「やったって言ってたでしょ!!!今すぐやりなさい!!!!!!!」、ふう、雷を落とすのも本当の労力がいるもの。

DSC_7860.jpg

先日の備忘録。
夏休みジュニアレッスンで作ったキーマカレーの復習など。
改めて、玉ねぎのみじん切りさえ仕込めば、子どもたちでもおいしくできあがり、そして大人でも満足できるおいしさはなかなかの上々レシピ!
キーマカレーは長男が作り、応援隊の下2人には付け合わせのポテトサラダ作り。
盛り付けは銘々に。
時間が捻出できず、絵本仕立てに仕上げるところまではたどり着かず。
夏休み明けのどこかで、我が備忘録としても、形にしなくては、と。

P8258417.jpg

DSC_7854.jpg

P8258423.jpg

DSC_7862.jpg

9.10月に向けて。
再来週からスタートする、キッズ&ジュニアレッスンは中秋の名月にちなんで、「お月見みたらしだんご」。
お月見だんごに定番のかぼちゃだんごも合わせて。

DSC_7850.jpg

9.10月レッスン「秋のイタリアン」に向けて。
食後のデザートは「焼きプリンタルト」。
なかなかリッチな仕上がりにまとまりそうながら、あとはソースをどうするか、と思案中のところ。

*ご案内*
ホームページ「おしらせ」にて、9.10月レッスンスケジュールをアップしました。
9.10月は秋のイタリアン。
きのことナッツのコンフィなどの前菜に、秋を感じる手打ちパスタ、メインは鶏肉ときのこのカチャトーラです。
食後のデザートは、パイ生地の上にコクのあるプリン生地をのせて焼いた「焼きプリンタルト」です。
夏休み中のご案内で、思わずお申込みし忘れている生徒さんのみなさま、ご連絡お待ちしておりますね。
それから、ご興味あるみなさま、お気軽にお問い合わせくださいませ。

DSC_7877.jpg


スポンサーサイト

8月28日 伊豆の夏休み3日目



伊豆の夏休み 3日目、最終日。
朝から一面に見事な霧の世界。
お名残り惜しくも、ホテルのチェックアウトを済ませ、函南方面へ。

霧一面の、伊豆スカイラインを走り抜け。
まず向かったのは、丹那断層公園。
北伊豆地震で地面が2mもずれた跡がみられる国指定の天然記念物。
断層により、ずれた石垣の後や分断された池など。
今はのどかな、小さな公園となっており、隣の田んぼには稲穂が風になびき。

IMG_6355.jpg

IMG_6359.jpg

そこからすぐの、酪農王国「オラッチェ」へ。
まずはおやつに、バター作り体験。
家でも子どもたちとやったこともあるのだが、こちらのおいしい生クリームで作った、できたてのバターは、驚くほど真っ白で、コクがあるのになんとも爽やか。
と、隣のスペースに引き寄せられていく長男。
木の実などを使ったジオラマ作りにしばし没頭。

ということで、下2人を連れて、うさぎ小屋でうさぎに餌をあげたり、いろいろな動物たちにふれあったり。
「レストラン オラッチェ」にて地ビールをいただきながらのランチをして。

IMG_6366.jpg

P8288438.jpg

P8288430.jpg

箱根近く十国峠の見事な眺望を仰いで、渋滞に巻き込まれる前に、一路帰路へ。

「夏休みが終わっちゃうね。」、思いがけず6歳の次男からそんな言葉が。
さあ、今週から9月。
ありがたくも、夏休みのたくさんの想い出でエネルギーチャージ満タン!

P8288441.jpg

8月27日 伊豆の夏休み2日目

IMG_6310.jpg

伊豆の夏休み 2日目。
高原の朝は一面の霧から始まり。

城ヶ崎海岸へ。リアス式海岸の切り立った、荒々しい崖と吊り橋。そして波の音など、自然の大迫力。
散策をし、みんなでカキ氷を食べて。

続いて向かったのは一碧湖。
伊豆の瞳、と呼ばれ、大室山の噴火のときに出来上がった火山湖。
遊歩道をなんとなく歩き出してみてら、実は予想以上に起伏があり。気づいたときには池の半分だったので、これはもう回り切るしかなく。抱っこ〜、とせがむ娘をなんとか騙し騙し、進み。
みんなですっかり汗ばみながら、途中、一碧湖神社でお参り。

「あっ、りす!」、なにかの物音に長男が野生のりすを発見!実は昔からりすが大好きな長男、さすが。

IMG_6311.jpg

IMG_6304.jpg


一運動の後は、遅めのランチへ。
伊豆高原のイタリアン「ル・ポルト」。
ご夫婦で切り盛りされている、小さなイタリアン。
メインの1つ、チキンカチャトーラ。
チキンのトマト煮込み。
ちょうど9.10月レッスンのメイン料理に登場予定、ただいま絶賛試作中なので、すかさずのオーダーなど。
ソースは自家製フォカッチャにつけながら。

IMG_6315.jpg

IMG_6318.jpg


帰り道、ホテル近くにて、鹿たちと遭遇。慌てることなく、車道を横断。

ホテルの敷地内にはあちらこちらにススキの穂。
一碧湖ではたくさんのどんぐりを拾ってきて。
そしてすっかりの秋の空気。

IMG_6323.jpg

IMG_6289.jpg

IMG_6327.jpg

8月26日 伊豆の夏休み1日目

IMG_6269.jpg

夏休みの締めくくりに。
伊豆の夏休み1日目。

1日目は南伊豆方面へ。
下田のなまこ壁を眺めながら、まずは腹ごしらえに。
下田海鮮「やまや」。
木をふんだんに生かした和モダンですてきな店内。
下田に来たらやっぱり、の、金目鯛の煮付けはまさに争奪戦。それから名物の海鮮丼は魚介が新鮮なこと。
伊豆の醍醐味を満喫。

IMG_6250.jpg

IMG_6249.jpg


さて。
私以外は海が大好きな我が家。
この辺りには本当にたくさんのすてきなビーチスポットがあり。

今回目指したのは田牛。
海支度をととのえて、階段をくだっていくと、それはそれは見事な青い海。そして、ここ田牛サンドスキー場には海の目の前に天然のサンドスキー場が広がり。白砂の、その眺めは圧巻。

まずはサンドスキーを楽しみ。
そりがすべる、すべる。が、予想通り、砂は熱く、ほどなく目の前に広がる青い海へ。
磯遊びをしたり、シュノーケリングをしたり、後半はいつものように砂城作りをせっせと。

IMG_6259.jpg

IMG_6271.jpg


そこからすぐの、竜宮窟へ。
階段を降りていくと、そこにはなんとも見事な洞窟が!
そしてその向こうからは真っ青な海が見え、海の水がときに穏やかに、ときに力強く押し寄せてくる眺め。
年月をかけて自然の力で作られてきた、大きな岩々に包み込まれる、なんとも神秘的な空間。
洞窟とはいっても、岩が切り立っているので、天を仰げば青空。

下田には何度となく足を運んでいるのだが、こんなすてきなスポットがあったなんて。
波遊びを楽しんでいる姿を眺めつつ
、自然からのエネルギーチャージの実感。

ぜひ立ち寄りたいスポットもあったのだがタイムリミット。また次回のお楽しみに。ということで海じかんを満喫して、宿泊先の天城高原へ。
ひんやりとすっかり秋の空気を感じながら。
夜は満点の星空に、天の川の眺め。

IMG_6273.jpg


IMG_6278.jpg

8月24日 もみじやすだちをあしらって、秋のお料理撮影



昨日は、教室キッチンにて、雑誌の撮影。
秋の食材ふんだん。
きのこにさつまいも、かぼちゃにれんこん、いちじくにぶどう、それからナッツなどなど。
もみじやすだちをあしらって、秋色満開のお料理やテーブルシーンの撮影。

編集の方のとりまとめのもと、私が仕上げた料理を、スタイリストさんがテーブルシーンをまとめてくださって、カメラマンさんが撮ってくださって。
撮りたての画像を拝見する瞬間のうれしさ。

かなりスムーズに撮影が進み、心からほっと。

DSC_7829.jpg

DSC_7842.jpg

DSC_7845.jpg

もちろん事前にいただいた絵コンテをベースに進めていくものの、その瞬間に感じるひらめきと、緊張感のあるアレンジ、そしてその臨場感。
この感覚はなんとも魅惑的で。

それから、撮影後にみなさんとの、「食」にまつわるおしゃべりも本当に有意義で。
まさに3人寄れば文殊の知恵、とはよく言ったもので、おしゃべりの中にもたくさんのヒントあったり。

秋はもうすぐ。
また近くなりましたら、ご案内させていただきますね。

DSC_7846.jpg

8月22日 もうすぐの秋に向けて、きのこにナッツに、みたらし


DSC_7812.jpg

台風の猛威を窓越しから眺めながら、今日は1日、明日の仕込みと試作など。
暴風雨になる前に買い出しへ。
午前早めに大慌てで駅前へ向かったのだが。
やはり台風、見事にずぶぬれに。

食材はすっかりの秋。
きのこにさつまいも、かぼちゃにれんこん、それからすだちにもみじの葉などなど。

9.10月の試作も兼ねて。
きのことナッツの取り合わせにもすっかり秋の気配。

DSC_7820.jpg

DSC_7814.jpg

秋に向けて。
9月キッズ&ジュニアレッスンに向けて。
10月はハロウィンものを取り入れたいので、9月はなんとなく和のイメージ。
ということで、ちょうど1年前はおはぎ、そして今年は。
中秋の名月にちなんで、「お月見みたらしだんご」、あたりを思案中。

週末、下2人でさっそくの試作など。
そうかそうか、改めて感じることあれこれ。
大人にとっては、ちょっと力を入れずに押す、とか伸ばす、とか、そういう作業の加減は、こちらの想像以上に子どもたちにとっては難しいもの。
今回は串うちにしてみたけれど、9月レッスンでは、お月見らしく、お皿に重ね盛りにすることに。
それにしても、子どもたちも大好きなみたらし。
お鍋にほんの少し残っていたみたらしあん、気づいたら全部なくなっていて。
レッスンでは、思わず、絵に描いたようにお皿をなめ回す子が出るかも?

もうすぐの9月に向けて。

DSC_7807.jpg

P8208408.jpg

8月19日 9.10月秋のイタリアンに向けて、そして屏風



9月に向けて。
ようやくの9.10月レッスンご案内など。
9.10月は、「秋のイタリアン」!
リクエストもいろいろといただいているので、きのこなどを使った、秋の前菜盛り合わせに、手打ちパスタも1品取り入れる予定。
メインは、普段使いにもぴったり、イタリアン定番の、鶏肉のトマト煮込み、カチャトーラ。

そして食後のデザートは、以前から切なるリクエストをいただいていたもの。
「とっても大好きだったので」、と、某ベーカリー、●●屋キッチンの「焼きプリン」。
いわゆる焼きプリンとはまったく違って、イメージとしてはエッグタルト。
エッグタルトの形状で、パイ生地の上にカラメルソースが入り、その上にコクのあるプリン生地、といったところ。
店頭にはもう並ばなくなってしまったので、とのお話だったのだが、ふらりとそのパン屋さんを訪れたら、売られていて。
エッグタルトより2回りほど大きく、そしてカラメルソースがよいアクセントに。
そのおいしさに、ついついリピートしてみたり。
ということで、9.10月レッスンではその焼きプリンをイメージしたスイーツに。
以前好評だったエッグタルトレシピもヒントにしつつ、レシピ仕上げをイメージしつつ。

来週後半に、ホームページにも日程をアップ予定。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

さて、来週に向けて、キッチンの準備あれこれ。
まるでパズルのように、ああでもない、こうでもない、と器を合わせてみたり。
まだまだ残暑が厳しい日々、秋の食材を使って、秋の料理の仕込みをし、できあがった秋の料理を眺めていると。
ありがたいほどに秋を感じるひととき。
特に、外は唸るような暑さのこの時期に、こうやって手近で、一足先に待ち遠しい秋を感じることができるのは、案外おすすめの暑さ対策なのかも、と思ってみたり。

DSC_7799.jpg

夏休みもそろそろゴールが見え始めること。
いつまでこうやってお尻を叩かなくてはいけないのだろう、と思いながら、長男の夏休み宿題の進み具合をチェックしつつ。
ようやくの読書感想文を終えたときには、すっかり気分が悪くなり、やり場のないやりきれなさ満載。
そして、自由研究も無事ほぼ仕上がり。

絵本作りとそれから、急きょ始まった屏風絵描き。
屏風については、まだまだちょこちょこ書き足すようで、確かに書き足すとまた眺めの変わるおもしろさ。
夏休みの追い込みはあともう一山、といったところか。

DSC_7803.jpg

DSC_7805.jpg

お知らせを1つ。
いつもいつも、お世話になっている、大好きなドライフラワーのお店「Marca」さんが、移転オープンしました。
今までもご近所さんだったのですが、今回はますますのご近所さんに。
うれしくて、うれしくて、オープン前にお邪魔してきました!

ますます店主、衣美さんのセンスあふれる世界が広がっていて。
お店を出てからも、その空間の余韻が残るほど。
お近くの方は、ぜひぜひお立ち寄りいただけたらうれしいです。
私も、ますます無理な注文が増えそうな気配。

IMG_6031.jpg

IMG_6029.jpg

DSC_4933.jpg

DSC_7723.jpg

8月17日 白玉レシピと、すいか白玉パフェレシピ絵本



昨日は、台風の気配を感じつつも、大磯出張試作。
今回のテーマは、「スパイス料理&白玉レシピ」、という取り合わせ。

この季節にぴったりのスパイス使いあれこれ。
改めて、スパイス使いの可能性とそれから幅広さ、そして包容力とその魅力をしみじみ、しみじみ。
スパイスと食材の取り合わせ、スパイスとフルーツの取り合わせ、そしてスパイスとスパイスの相乗効果などなど。
それからスパイスとハーブの取り合わせ。
「蒸し鶏のコリアンダー風味」には、マヨネーズソースにコリアンダーパウダーを加え、合わせてフレッシュのコリアンダー(香菜)のみじん切りを合わせてみたら、なんともまあ、それぞれの良さが見事に引き出され、一気に豊潤なおいしさに!

それから、白玉レシピあれこれ。
こちらも白玉の魅力を存分に。
スイーツはもちろん、今回は特に料理レシピをメインに。
「白玉のごま酢がけ」に、「白玉と季節野菜のお椀仕立て」。
それから、「季節野菜の白玉チヂミ」など。
白玉粉と薄力粉を同量ずつ加えた生地に、今回はピーマンにわけぎ、それからおかひじきなど、夏のグリーン野菜をふんだんに加え。
焼きたてはサクサク、モチモチ、冷めても、口が喜ぶそのモチモチ感は白玉ならでは。
ついついもう1切れ、と口が欲するおいしさ。

デザートには、夏休みキッズおおやつ教室で登場した「すいか白玉パフェ」を頬張って。
いつもながら、大磯パワーを十分にチャージして、台風前の家路に急ぎ。

P8168400.jpg

P8168404.jpg

P8168401.jpg

すいか白玉パフェ。
ここしばらく、毎日少しずつ書き重ね、描き重ね。
ようやく下2人の、夏休みの想い出の1つ、レシピ絵本が完成!
「ゆふきのパフェづくり、ほゆきのパフェづくり」。

特に次男は、毎朝早くに起きてきては、「続きをやりたい!」、本が完成したら、「次はかぶとむしの本を描きたい!」と、それはそれは意欲的で。
ふと思い返せば、子どもたちの絵本作りのきっかけは、長男が幼稚園年長さんの頃。
友人が主催する工作教室で長男が作った初めての絵本「カラフルくわがたくんのおさんぽ」がとっても印象的だったので、それ以来、本人がもういやだ!というまでは、長男と毎年取り組んできていて。
ということで、今年は下2人にも、私のレシピストックとしても取り組んでもらうことに。
もちろん、まだまだ手がかかるので、私自身もたいへんなのだが、できあがったうれしさと、それから毎年こうやって絵本が増えていくいくうれしさと、そして想い出が重なっていくうれしさとにすっかり魅了され。

DSC_7781.jpg

DSC_7777.jpg

DSC_7778.jpg

さあ、次男2冊目に突入か。
そして自由研究として製作中の、長男の絵本は・・・。
それから読書感想文に、新聞作り・・・・。
今週来週は、親子で締め切りに追われる日々となる予想。

DSC_7782.jpg



8月15日 やいづの夏休み最終日と山ぶどうのかご



やいづの夏休みも昨日で終わり。
夏のお楽しみが1つずつ終わっていく実感。

焼津からの帰り道、立ち寄ったのは、小田原城址公園。
今年リニューアルされたばかりの天守閣を見に。
「ここホテル?」、子どもたちから思わずそんな声がこぼれるような、どこかスタイリッシュな雰囲気の閣内。
展示も見ごたえがあり、ドラマティカルな小田原合戦について描かれ。
天守閣はもちろん、二の丸の正門にあたる「銅門」も、復元されたその姿の美しさ。

お堀には蓮の花が咲き乱れ。
忍者好きの次男、風魔小太郎になりきって、お堀をよじ登る姿など。

P8148389.jpg

P8148393.jpg

P8148396.jpg

P8148399.jpg


今回の帰省で焼津の母から譲り受けた山ぶどうのかご。
かご好きでかご編みが好きな母が作ったもので、いつもいいなあ、いいなあ、と唾をつけていたもの。
冗談でも、「私の形見にしてね。」なんて言われると、なんだか受け取りづらくもあったのだが。
ありがたくも大切に受け取らせてもらうことに。


DSC_7768.jpg


さあ、今日からいつもの日々。
打ち合わせに、撮影準備に、それからこれからしばらくは原稿書きに精を出す日々。
気づけば、8月も半分が過ぎ。

秋に向けての試作も一気に始動。
夜は虫の音が聞こえ、ふと吹く風にも秋の気配。

9.10月レッスンは「秋のイタリアン」。
9月前半には、7.8月レッスン後半戦を控えているため、9月後半よりイタリアンレッスンはスタート予定。
平日レッスンにご参加のみなさま、9.10月平日レッスンについては、近日中にご案内予定です。
しばしお待ちくださいませ。

DSC_7784.jpg



8月13日 やいづの夏休み2日目3日目

IMG_6202.jpg


やいづの夏休み 2日目、3日目。
まさに海三昧!
昨日は牧之原市までドライブして、静波海岸へ、今日は妹ファミリーと一緒に近くの用宗海岸へ。

すっかり小麦色の子どもたちの、それはそれは楽しそうに駆け回る姿を眺めながら。
私自身は海よりも川が好きなのだが、まあこんなに楽しそうな姿が見られるなら、よしと。

IMG_6192.jpg

IMG_6162.jpg


昨日は、夕方から1人静岡の街へ。
毎年この時期恒例のお祭り、夜店市の人通りを歩きながら。

中学、高校時代の友人たちとの、プチプチ同窓会へ。
会った瞬間から、ドリンクオーダーし忘れにも気付かず、ひたすらのおしゃべり!
こうやって、久しぶりに会っても、話尽きることなく、話足りない、そんな存在のありがたさ。

業種は違えども、友人からの話にたくさんの刺激を受け、またこれから新しいことに挑戦する友人に、心からの応援など。
またこれからも会える友人たち、という存在。

いつもより、ずっとずっと、のんびりゆったり時が流れる、やいづの夏休みもそろそろお終い。
名残惜しいくらいがいいもの。

IMG_6168.jpg

IMG_6169.jpg
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR