FC2ブログ

11月9日 キウイ狩りと12月シュトーレン教室のご案内

DSC_0820 - コピー

 朝の空気がきりりとしてくる実感。そろそろ、灯油を買わなくては。この辺りでは、なんとも悲しげな「月の砂漠」の音色を流しながら、灯油屋さんのトラックが回る季節到来。

 今年もなかなかタイミングを逃しつつ、なんとか駆け込みで。沢登キウイ園へ。国立のそれはそれは閑静な住宅街の中に広がるキウイ畑。今年は娘と2人で。キウイは、手できゅっと軽くひねると、いとも簡単に実を採ることができるので、子ども仕事にもおすすめ。そして、まだまだ固い実を採るので、子どものかなり手荒な扱いにも耐えられる、そんな意味でも。収穫後は、これまたちょっとした楽しみ、畑の中のベンチにて、自家製キウイジャムのカナッペをいただいて。収穫後のまだまだ固いキウイは、りんごなどと一緒にビニール袋に入れ、「追熟」させること数週間。採ってすぐに食べられない、歯がゆさはあるものの、ちょっと先、「あっ、そろそろ!」、そんな「待ち時間を楽しむ」、ということで、毎年我が家では恒例の風物詩の1つ。

PB084975.jpg

 平日は、本気試作に追われるので、週末の、少し気持ちゆったりと、あまり気負わずに作る時間がやけにかけがえなく。紅玉で作ったジャムのはっとするほどに真紅な色合い。それから、今年2本目のシュトーレンを焼く。シュトーレンは毎年焼いているし、ご注文や販売でも何度も作っているので、だいぶ手馴れてはいるのだが。今回は、みなさんに作っていただく、という目線で改めて、見直しつつ、というか。

DSC_1041.jpg


「待ち時間を楽しむ」こと、もう1つ。12月、クリスマスシーズンにぴったりのイベントレッスンのご案内です。

*シュトーレンのじかん*
2014 12/12(fri)-12/13(sat)
クリスマスまでの4週間に少しずつ切り分けて、クリスマスを待ちながら楽しむ、という、ドイツ伝統のクリスマスのお菓子「シュトーレン」。ナッツやフルーツなど、お好みのフィリングを選んで、ご自分だけのオリジナルシュトーレンを焼いてみませんか?

12月12日(金) 10:00~/12:30~
12月13日(土) 10:00~/13:00~
 各回とも、1時間半から2時間ほどのレッスンとなります。
レッスン代 2500円(ご自分で焼いたシュトーレン1本お持ち帰り&ご試食とお飲物付き)
持ち物   エプロン、筆記用具

お申込みやお問い合わなど、ホームページの「お問い合わせ」、またはメールにてお気軽にお問い合わせください。教室中など、お電話にはなかなか出られないことも多いので、お電話いただく際には、お手数ですが、留守番電話にお名前とお電話番号をお願いいたします。
kunitachinoshokutaku_izui@ybb.ne.jp

小さなお子さま連れでのご参加については、ご参加人数を限定させていただいて、12月12日、10:00からのレッスンでのご案内とさせていただきます。


今日仕込んだ紅玉ジャムも、シュトーレン教室でのフィリングの1つに。「くにたちの食卓 いづい」のキッチンで、ご一緒に、シュトーレン作りを楽しんでみませんか?

DSC_1036.jpg


11月7日 今年はナッツ松風、久々の品目入り予定



 昨日は、ようやく、本当にようやく念願の場所へ。「OKAZ DEZSIGN」の台所アトリエ、「カモシカ」へ。古い民家を生かした、それはそれはすてきな空間。そしてなによりも、ガラス越し、たくさんの光が入り、清潔感あり、統一感のある、まさに「アトリエ」というフレーズがぴったりとくるそのキッチンには、ほぼ当分の間、目が釘付けに。
 今回のイベントは、「呑む、食べる」、ということで、中里花子さんの器に、ジビエをはじめとした肉料理や、木の実や根菜の料理が盛られる。力強くもありながらも、なんともとろりと優しいラインが印象的な器。青ほおずきのサラダには具材として、だけではなく、ドレッシングにもほおずきが使われていて。そして、メインの「猪のラグーフェトチーネ」。じっくりと煮込まれた猪肉と合わせているのが、ごぼう。そのごぼうの存在が本当に絶妙で、猪肉とごぼうのどちらもがおいしさを引き出し合い、そして主役となる、なんとも楽しい一皿。オカズデザインさんのキッチン風景も楽しみながら、空間の居心地よさも楽しみながら。要領オーバーなくらいの、ありがたい刺激をたくさんいただいて。

PB064953.jpg

PB064956.jpg

 さて、気づけばそろそろそんな時期。そろそろ、おせちのご案内に向けて、準備を進めなくては。ここ何年もは、全品でのご用意ではなく、今の私がきちんとご用意できる形、ということで、品数を限らせていただいてのご用意、というスタイル。今回は、久しぶりに、こちらも品目に入れたいなあ、と思っている一品。
「ナッツ松風」。鶏ひき肉ベースに生地に、粉山椒を少々加え。トッピングに木の実あれこれを散らし。以前のおせち定番メニューであり、そしてここしばらくでは、お弁当にはもちろんケータリングでもご用意させていただいたり。ついつい、ナッツ登場率の高い、私らしい一品かもしれない。盛り付けた時の表情もなんともかわいらしいので、なにか、「お菓子詰め合わせ」のようなラッピングでのご用意ができたらいいかなあ、など。
2015年おせちのご案内については、来週には「おしらせ」にてご案内させていただきます!

DSC_1009.jpg

 ホームページができあがるまでは、としばし封印していた編み物をチクチク、チクチク。やり出すと止まらない。そして気に入った形はしつこく同じパターン展開、が癖なので、コサージュやスカーフ留め、色違いやリボン違いなど5つ。そんなに使い分けるのか、私、と思いつつ。

DSC_0994.jpg

11月5日 ホームページリニューアルしました!



 10月のハロウィンが終わり、国立一のお祭り、天下市が終わり。
毎年そうなのだが、翌日から空気感も、それから私自身の心持ちも一気にクリスマス、それから年末へ向かうような。あっ、年末くらいまで行くのは、私くらい、かも。買い出しに行ったら、なぜかもう鏡餅がずらり特売されていたり、数か所のお店に身欠きにしんの問い合わせをしたり、そして一気に、来週から始まる教室のおせち試作の追い込みをしたりしていたら、それは心もクリスマスを通り越し、年末に向かうはずか。

 昨日、乾物などの買い出し帰り、どうしても足を運びたかった、オープンしたてのお店へ。「NEIGHBORS BRUNCH with パンとエスプレッソと」。立川子ども未来センターすぐ裏で、表参道のおいしい記憶が蘇る感覚がなんともおもしろくて。オーダーしたフレンチトーストサンドにはふんだんのキャベツとオリーブのタプナード、それからチーズ。いつもどこか口の中で持て余してしまう印象の強かったタプナードが、なんともなくてはならない存在感。そして、オリジナル食パン「ムー」のおいしさ。たまたまお隣に座っていらしたお顔見知りのママのオーダーしたランチも、ずうずうしくくまなく拝見させていただき。「パンをシンプルにおいしく」、メニューからも品揃えからもきちんと伝わってくるもの。

DSC_0952.jpg

DSC_0962.jpg


 さて、来週からの11.12月教室、「クリスマス&おせち料理」。定番のなますも、あれこれアレンジしたり、ちょっとした変化球ものを取り入れたりしながら、今回で4、5回目くらいになるだろうか。今回は、こっくりと風味あるなます。それから、こちらも、毎年毎年、手を変え、品を変え、の「ご当地雑煮」。仕上げにお好みで、えっ?!、ちょっと驚きのある食材を。地元では、雑煮の上からばらりばらり、なのだそうなのだが、私としては、かけるよりも、お好みでお餅につけながら、の方がベターかなあ、と。そして、デザートは、「ショコラプリン」。ビターにリッチに仕上がっているはず。 

ここでお知らせを1つ。ようやく。本当にようやく、ホームページをリニューアルしました!ここしばらくは、真夜中の慣れない更新作業練習に時に涙?しながらも、とってもすてきな仕上がりになったのでは、と。お時間ありましたら、ぜひご覧になってみてくださいませ。ホームページリニューアルに合わせて、12月12日、13日にクリスマスらしいイベントレッスンを開催したいと思っています。近日中にこちらもアップしますので、ご興味ある方、ぜひご覧いただけると幸いです。
改めて。本当に忙しい中、ホームページデザインをしてくれた彼女に、そして、「くにたちの食卓 いづい」のロゴをはじめ、今回もすてきなデザインを描き下してくれた彼女に、それから、最終の仕上げ、とにかくなんでも忘れる私への指導をしてくれるだんなさんに。心から感謝して。


くにたちの食卓 いづい http://kunitachinoshokutaku.com/

DSC_0913.jpg
天下市と同日に開催される一橋祭で子どもたちが作った「イーブイ」と「かぶとむし」。

11月2日 にしんの昆布巻き、思わず心、年末へ。



 10月のハロウィンの賑わいを過ぎると、11月。そして一気にクリスマスモード、のはずなのだが、毎年恒例、私自身はクリスマスを思わずスルーしてしまうそうなくらいに年末へと心向かうような。
 11,12月の教室も、まさに、「クリスマス&おせち料理」、ということで、試作の「にしんの昆布巻き」が今回はしっとりと煮上がり。にしんの昆布巻きってこんなにおいしいものなのだ、ときっと感じていただけるはず。私自身、口にしたのは本当に久しぶりだったのだが、あらら、にしんと白ワインの相性のよさにはちょっとした衝撃。うれしい衝撃。そして、しっとりと炊いた昆布のおいしさをしみじみと感じる歳になったのかしら、と。

 さて、11月の3連休。イベント盛りだくさん。
 小学校の展覧会へ。2年生は、「海」をテーマに、木切れを組み合わせ作った船が大海原にずらり、の眺め。それから、ワイヤーを使った海の生き物たちが壁一面の海を泳ぐ姿。体育館全体が、学年ごとのテーマをもとにまとめられていて、想像をはるかに超えて、見ごたえあり。そして、想像をはるかに越えて、質高く、すっかり魅了され。自分が小学校の頃には、どこか苦手意識があった「図工」。でも今思えば、間違いなく大好きだったはず。もっと勉強してみたかったなあ、としみじみと。そんな想いのもと、今になって、大人の図工を日々模索しているような。子どもたちの、伸び伸びとした、美しい作品に触れて。


PB014910.jpg

 娘と2人で電車に乗り。11月1日に東小金井駅高架下にオープンした「ののみち」のオープニングイベント、「ののみちまちびらき」へ。高架下にコンテナ、とうかがっていたので、もっとハードなイメージだったのだが、ハードな雰囲気はほどよく残しつつ、スタイリッシュで洗練された空間作りはさすが。店内を歩いていると、ここが高架下だとはつい忘れてしまいそうなところ、頭上を「ガタンゴトン、ガタンゴトン」、そんなギャップも実におもしろくて。
 3連休中開催されている、「はけのおいしい朝市」へ。フルタヨウコさんのジャムに北川ベーカリーのパンなどなど。朝市で買い物をし、「珈琲や 東小金井工房」のコーヒーを飲み。
 そうそう、この連休で忘れてはいけないのは、なんといっても、毎年楽しみにしている、国立の「天下市」。初日にちらりとは回ったものの、明日じっくりと満喫予定。

PB024922.jpg

10月31日 ハロウィンキッズおやつ教室3日目、4日目、そしてハロウィン行進



 昨日、今日と、「10月のハロウィンキッズおやつ教室」3日目、4日目を無事終えて。今月はなんといっても、ハロウィン姿でのキッチン時間が子どもたちはもちろん、眺めているこちらまで、なんとも楽しい気分で。回数を重ね、子どもたちが少しずつ、この教室に、そして私に慣れてきてくれるのも、なんともうれしく、そしてかわいらしくて。さあ、あっという間の来月は、みんなで何を作りましょう!

 さて、昨日は、教室後に大急ぎ、ワンタンの皮、ミートソース、ホワイトソース、を重ね、ラザニアを仕上げ。ご注文のハロウィン料理のお渡しなど。ハロウィン当日の夜、楽しくおいしい時間のお手伝いとなりますように。
*10月のハロウィンメニュー*
 ・秋野菜のラペ
 ・かぼちゃとツナのパテ
 ・鯖とクリームチーズのリエット
 ・秋野菜と鶏肉のベトナムカレー レモングラスの香り
 ・秋野菜のテリーヌ
 ・ケーク・サレ
 ・ワンタンの皮を使ったラザニア

DSC_0859.jpg

 そして、今日のキッズ教室終了後は、子どもたちも、そして大人たちも楽しみにしていたハロウィン行進!小学生向け工作教室「みずたま」と「くにたちの食卓 いづい」とのコラボ企画。集合時間には、我が家前には25人ほどのかわいらしいハロウィン姿。記念撮影をし、さあ行進がスタート。我が家前にて、「Treak or Treat!」、1人ずつおやつをたくさん受け取り、さあ出発。まずは、急遽うれしいコース変更、近所の幼稚園の裏門へ。先生方にみんなのハロウィン姿をご披露し。それからハロウィンハウス3軒を、みんなで行進。「次はどこだろう?」、「あっ、あそこだ!」、子どもたちのわくわくした姿がなんとも。ハロウィンハウスのご協力、そしてお菓子の準備、そして今回の企画に賛同してくださった保護者の皆様のお陰で、なんとか、心配だったお天気ももち、そして私自身もすっかり楽しみながら、想像以上によい形でのハロウィン行進となったこと。ついつい、来年も、なんて話も出て。オレンジのストールに、小さな耳、とプチプチ仮装だった私も、来年はもう少し気合の入った仮装をしなくては。

PA314864.jpg


 さて、我が子たちの今年の仮装は。お手軽ハロウィングッズを買い揃えていたのだが、ハロウィン前々夜に長男がぽつり、「忍者になりたかった。」って。「もうちょっと早く言ってくれないと。」、「もうグッズも売っていないだろうし。」、とは言ったものの。そんなにしょんぼりされては、はあ、できるところまでやりますか。ということで、急遽、お友達から柔道の胴着を借りたり、黒いフェルトで頭巾や顔隠しを作ったりし。と、部屋の片隅で何も言わずに、しょんぼりの姿。そう、真ん中ゆふきもそれを見て、急遽忍者に心変わり。ということで、前夜に即席忍者姿2つ。前夜仕上げの割には、なかなかの出来だったのでは。そんなこんなも含めて、楽しいハロウィンが、そして10月が終わる。

*4枚目の画像* 忍者を探せ! なるほど、忍者の姿って本当に隠れ蓑そのものなのだ、なんて、記念撮影の我が子の姿を見て、はっと。さあ、どこにいるでしょう。

PA314886.jpg

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR