FC2ブログ

ソルトビスコッティとたけのこ掘り



 明後日は、ゆふき3歳の誕生日。ながらも、なんだかあては入学やらでばたばたとした日々、そして、大抵はお下がりがある、とのことでゆふきのバースデープレゼントにもなかなか気が回らず、今朝慌ててアマゾンで探し、ぽちっと。間に合うはず・・・。疑楊椶△討呂里箸にはだいぶ前から、何にしようかな、なんて吟味していたのだが、2人目の宿命か。そして、3人目のほゆきに至っては、今後いかに。
 そんなゆふきを連れて、体操教室へ。この4月からはゆふき習い事が一気に増えて、まだまだ慣れず、どこか混乱しつつ。が、それでも、本人のこんな楽しそうな姿を眺めることができる今はやっぱり私にとっても大切な時なのだなあ、と。
 なにか手土産に、と急に思い立ち。お酒につまみにもぴったりの「ソルトビスケット」を焼こう、と思ったものの、時間があまりない。そこで今日は同じ生地を成型、カットにより時間のかからないビスコッティにアレンジすることに。生地を延べ棒状にし、オーブンへ。15分ほど焼いたところで取り出し、1センチ幅にカットし、温度を下げたオーブンへ再び。上々。「ブラックペッパーとレッドペッパーのソルトビスコッティ」、今後採用かも。
 子どもたちとみんなで長靴を履いて、たけのこ掘りへ!谷保にお住いの、知り合いのアトリエお庭にて。一角、竹林には出てる、出てる!あっちにもこっちにもにょきにょきと。ゆふき以上、あては未満、かなり長けている筍をまずは掘りたい、と、スコップ両手にせっせと土を掘る子どもたち。私はもちろん、おいしそうな筍を探し、こちらもせっせと。掘り当てながら、フレッシュの筍の香りがふわあと。そして、庭先の何か木なのか、葉なのか、ユーカリのような、なにかハーブのような心がふわあとする香りが時折。頭上では竹が風にさわさわと吹かれる音。
 採りたての筍の皮をむき、井戸水で洗い。皮のみずみずしさと美しさ。と、いつにまにか、庭先のハンモックに寝そべる子どもたち。勝手にシエスタか。母屋のお隣にある古い納屋(もともとはミシン工場だったそう)、これから改築というこのスペース中央には噂の薪ストーブ。そして、その薪ストーブで採りたての筍を焼いていただき。採ったものをその場ですぐにいただくおいしさ!その後の焼きりんごには遠慮のない子どもたち、ずうずうしい再びのリクエストなど。
 谷保へ足を運ぶと、いつも思うのだが、近くなのにどこか遠くへ来たような、そんな錯覚。最初の掘り当てた、おかしなくらいに大きな筍を持ち帰る、と言い張るあては。帰り道、通りすがる人たちの目線、いつもはそういうものが全く気にならない私も、さすがに今日は恥ずかしかった。
 帰宅後、さっそくゆでて。ゆでたてを今日はさっと輪切りにし。マヨネーズに少々のしょうゆ。1口つまみ食いして、慌てて、庭へ走り。やっぱり木の芽と合わせないと、もったいない。

看板探しの街歩きと簡単スモーク



 ここしばらくは、自分のモチベーションを高めるべく、6月からの教室再開に気持ちを向けつつ。そんな中、この機会に、と考えていることの1つが、「看板」。今までは、「出井」の表札のみ、今回を機に、自分らしい看板を掲げることができたら、と。
 そんなことをぼんやりと考えていたら。ゆふき散歩中に、愛犬お散歩中の彼女とばったり。もちろん、一橋へお誘いして、デザイナーの彼女からプロフェッショナルなレクチャーを受け。「歩いて、気になる看板を見てみるといいかも。だいたいのパターンは決まっているから。」と。なるほど。
 今日は、ちび2人、両腕に予防接種。どちらから先にやるか、特にもちろん注射嫌いのゆふきには・・・、とできる範囲での戦略はたてたものの、やっぱり、2人ともの大号泣。こういう時には、お互いの相乗効果。そして、ほどなく2人ともずやすやと。まさに動と静をものの数分の間に。すやすやのうちに、1時間くらいは時間がとれそうだ!、と、駅周辺の街歩き。そうそう、看板探しをしながら。確かあのお店の看板、すてきだったような、そんな記憶をもとに、とにかく、店々の看板をキョロキョロ、気になるものはカメラにおさめ。なんだか、いつもいつも歩く街がいつもとはまったく違った眺めに映るおもしろさ。そして、すてきな看板にいくつか出会うことができ、まだまだぼんやりながらも、自分の好きな看板イメージもなんとなく。
 ここ最近、だいぶ手馴れた感のある、「簡単スモーク」。想像すると口が恋しくなって。今日は豚肩ロースを使って。短時間で仕上げたいときには、ブロックの肉を小さめにカットして、少々の塩と酒。フライパンでほぼ火を通す。小さいカットなら10分足らず。中華鍋に桜チップを入れ、火にかけ、ほどなく煙が出てきたら、先ほどの肉と、今日はこちらもさっと焼いたサーモンをのせ、5分スモーク。火を止め、そのままふたをして。十分にスモークの香りと風味を堪能できる。調理時間15分以内、魅力的。

いちご香る紅茶とピンクペッパーのビスコッティ



 6月の教室再開に向けて、5月にはなにかしらのプレイベントをしたいなあ、とか。そうそう、リクエストをいただきつつも、なかなか実現できていなかった包丁研ぎ教室もやってみたいなあ、とか。生徒さんとのちょっとしたおしゃべり時間も作りたいなあ、とか。それからキッズ教室についても、こうやって、やりたいことをあれこれイメージしているときが実は一番の充実感なのかもしれない。
 「春のビスコッティ」、今日は、「いちご香る紅茶とピンクペッパーのビスコッティ」を焼く。ビスコッティ、2度焼く、の意のイタリア定番の焼き菓子。1度半焼きした生地を包丁で1僂曚匹良縫ットして、再び焼くのだが。カットしたそばから、ふわりいちごの香りと、そしてどこかはっとするようなレッドペッパーの香り。こういう瞬間は、作る醍醐味。優しい中にピリッとアクセントのある仕上がりに。切り口の色合いも楽しく。
 早めの午後、ご近所さんたちとのお茶時間。今日から給食が始まった子どもたちの帰宅を待ちながら。先週から始まった、新しい生活。慣れないままにどこか走り続けているところ、ほんの小休止、そんなひとときがありがたく。そして、ほどなく、坂上からうれしそうに駆け下りてくる子どもたち。「おかわり、3回もしたよ!」と。昨日まで、お勉強グッズの下敷きをランチョンマットだと思っていたあては。説明していなかった私も私なのだが。さっそくの給食当番だったとか。想像するだけでなんだかおかしくて。
 夕方の大学通り、すっかりの新緑の眺めは目にまぶしいほど。スイミング帰りのゆふきとベンチでおやつ時間をし、習い事帰りのあてはを拾って。新しい夕方時間、新しい人たちとの出会い、例年になく「新生活」を実感する日々。

額縁探しと筍ごはん



 掲げずに保管していた、保健所の営業許可証、このたび、教室に掲げることにしよう、と、額縁をみに、世界堂へ。以前こちらで購入した、調理師免許証を飾る額縁と同じものを、と思ったのだが、ややサイズ合わず。それにしても、久しぶりの世界堂、画材の種類の多さ、品揃えはもちろん、画材そのものの美しさ。そして、改めて、材料を扱うお店が好きなのだなあ、と。
 我が家の2階のデッキから目の前の坂が見える。坂の上の方からうれしそうな声が聞こえ、うれしそうに坂を下りてくる姿たち。帰ってきた、帰ってきた。少しずつ、学校からの行き帰りにも慣れてきたようで。
 帰宅したあてはに世界堂で買ってきた、金色の色鉛筆を渡す。大好きな色なので、すぐに短くなってしまう。と、うれしそうにしているあてはの横で、「ゆふも。ゆふも。」、怒る、というよりも、あまりにも悲しそうに小さな声で泣き言うゆふき。ああ、ああ、ゆふきにもなにか買ってあげなくてはいけなかった。あては入学から、どこかセンシティブなゆふき。ゆふきが私に抱っこやおんぶをせがむ日々など初めてのこと。ただでさえ、あてはのものばかりが新しく増え、あてはについての話が増え、あてはメインのスケジュールも多く。そこに、みんなからちやほやされるほゆきの存在。きっと、私の想像以上に複雑な想いをしているのかもしれない、真ん中ゆふき。母、反省。
 午後、あてはの新しいお友達が遊びに来てくれて。スターウォーズが大好き、と聞き出してきたあては。お友達到着前に、レゴをあれこれいじり始め、スターウォーズごっこ準備中。必死に準備している姿。一気に意気投合、きっと明日からの登校がますます楽しみになるはず。お友達到着をデッキにて待ちながら、シャボン玉。
 今が旬の筍。一昨日に続き、また1つ、お手軽おすすめなのが、「筍ごはん」。いわゆる炊き込みごはん、ではなく、もっとお手軽、シンプル。炊飯器にカットした筍も加え、いつものように炊飯。炊き上がったところで、塩少々、そしてEXVオリーブ油少々を加え、さっと混ぜ。あれはイタリアンパセリ、万能ねぎ、木の芽などなにかハーブ少々。昨日はおかずに合わせて、EXVオリーブ油ではなく、ごま油を少々。筍の風味とオイルの風味の相乗効果のおいしさ。ぜひ、お手軽にお試しなど。

青のりのスコーン、6月から教室再開します



 まだまだ朝がばたばたとする日々。送り出して、ほっとするのも束の間。入学式から始まった先週以来、どこかなんとなくいつもと違うゆふき。主役やみんなの視線、注目を奪われている、と感じている、の予想。そんな対応にも追われ、なんだかばたばたと時間が流れていくような。
 4月も今日で半ば。6月から教室を再開させていただくことに。約10か月のお休みをいただき、3児の母生活にもだいぶ慣れてきた、はず。まだまだ日々ばたばたと、時に手が回りきらず、そんな生活ではあるのだが、そろそろエンジンをかけ始めるときが来た、そんな想いから。とはいいつつも、まだまだフル稼働とはもちろんいかず、ただ、常に意識をきちんとしておくためにも、ゆっくり、じっくりのペースで進めていくことができたら、と。ということで、今日から5月いっぱいは再開への準備期間として、有意義に過ごすことができたら、と。ふと思い描くだけで、それまでにやりたいこと、やらなくてはならないことが山ほど。さて、果たして、イメージ通りに事が進むのだろうか。
  お休み中は、それはそれは貴重な試作のチャンス。今回も粉ものメインにだいぶデビュー待ちのレシピも温められ。その中の1つ、「スコーン」。以前、バターを使ったスコーンはキッシュと一緒に教室でみなさんと作ったのだが、ここしばらくはすっかり、菜種油ベース、そしてノンエッグ生地。植物性オイルの優しいコクをおいしく堪能できる。今日は、春のスコーン、ということで、青のりを生地に混ぜて。口にした時にふわあと青のりの香りが広がり。
 教室再開までにやりたいことの1つ、玄関周りのこと。植木やそれから、それから。ということで、子どもたちと庭いじりから始まり、玄関周り、自由気ままに伸びまくったオカメヅタを手入れしつつ。と、水道遊びが始まったかと思えば、全身シースルーになるくらいにずぶ濡れ姿など。そのままお風呂へ直行。
 ひとまずは、今日、6月再開宣言をしたことで、どこか自分自身の背中をぽんと押すような。ありがたくも教室再開を楽しみにしてくださっている生徒さんのみなさん、後日改めて、ご案内させていただきますね。そして、なによりも、私自身がみなさんとの楽しい時間を楽しみにしているのだなあ、と。リクエストもぜひぜひお待ちしておりますね。

ノンエッグマフィンと筍



 お友達と待ち合わせして、「くにたちゆる市」へ。今回の会場は「たとぱに」と「カフェトピナンプール」。2つの会場を行き交う道すがらも楽しいもの。
 国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市、回を重ねるごとに出店数も増え、「市」の活気あふれ。そして、作り手の方々と直接おしゃべりしたり、作り手の方の心こもったもの、店主の方のじっくりと選んだものを堪能させていただく楽しい機会。
 ミモザの焼き菓子とパン、ウィルカフェの焼き菓子、そして、カフェトピナンプールのマクロビスイーツ。それから、musubiの、間違いなく履き心地よさそうなリネンの靴下などなど。いろいろな方とおしゃべりやお話もでき、短い時間ながら、楽しく、有意義な午前中となり。
 以前口にした時にも感激したのだが、トピナンプールのマフィン、ノンエッグとは思えない充実感、というか。物足りなさなどまったくなく、しっとりときめ細かい質感と本当に整った味。ついついあまりにも真面目な顔をしてマフィンを頬張る。一口にマフィンといっても、材料からその味まで、千差万別。そして、やっぱり、作り手の想いやメッセージが伝わってくる。
 心地よいお天気、自転車姿の子どもたちと散歩へ。ほんのちょっと前までは指先しか地につかなかったあてはが、今はだいぶぺったりと地に足を付け。恐るべし成長期。帰り道、白い買い物袋をぶら下げて、キコキコ、キコキコ自転車姿。
 ご近所さんから筍をおすそ分けしてもらい。実は油との相性がとってもよい筍。今日はフライパンにオリーブ油でややじっくりと焼いて。焼き立て、そのまま塩をぱらり、さくっ、じゅわっと筍のみずみずしさと香りが口いっぱいに広がり。ん~ん、美味。食卓では酢じょうゆとマヨネーズソースで。もちろん美味。が、なによりも、焼き立てに塩ぱらりのつまみ食いが1番。筍の1番大好きな食べ方かも。
 

買い物バッグから伸びる長ねぎ



 心地よい天気に誘われて、午後の散歩。「かごあみどり」をのぞいて、近所の「アグレアブル・ミュゼ」へ。2階、ギャラリー&カフェにての展示「ガラスとヒカリ」。ずらりと展示されたガラスのペーパーウェイトが窓からの光を優しく受けてきらり、きらり。手入れされたお庭もそして、そのお庭を眺められるギャラリーも本当にすてきで。国立カルイアコーヒーの深煎りと一緒に、フードムードのレモンクッキーが添えられて。我が家からすぐの場所ながら、どこか遠くへ来たような錯覚。あまりにすてきな空間と、買い物バッグから伸びる、さっき、しゅんかしゅんかで買ってきた長ねぎとのコントラストがなんだかおかしくて。4回目の移転でこの場所にたどり着いた、とのことで、お店を立ち上げて20年になるそう。内装など、まだまだ未完成なんです、と。そんな過程をも楽しみながら、の空間作り。ショップを出てすぐに、いつもの道、急にいつもの時間が流れる。
 ここしばらく、いつも頭にあるのが、教室再開について。いち早くご案内したい気持ちと、今の私が本当にきちんとできるのか、そんな不安も。そんな中、今日「アグレアブル・ミュゼ」に立ち寄って、どこか肩の荷をもう少し下してもいいのかなあ、と。
 夕ごはんの準備を託し、子どもたちと夕方の公園へ。同じ小学校、新しいお友達たちと最初はもじもじしながらも、いつの間にか夢中になって遊んでいる姿。改めて、我が子にとって新しい生活が始まった実感。

新緑と満開の八重桜



 我が家の前に近所の1年生が集合し。1列に並んで、行ってきます!しばらくは交代で付添しつつ、ということで、今日は行列後ろから尾行という名の付き添いに。まだまだどこか気が張っているのか、思っていたよりもまじめに歩く子どもたち。そして、正門から引き寄せられるように学校へ入っていき。後ろ姿からも、そのわくわく感が伝わってくるような。なんだかすがすがしい朝。
 う~ん、どうしよう、そんなときいつも、お話すると心がすーっとするような。束の間の時間ながらも駆けつけてくださることは本当にありがたく。ゆふきとすっかり新緑の大学通りを今日はだいぶ先まで歩き、そして一橋へ。新緑と満開の八重桜。この1週間、いつも以上にあてはがメインとなる日々、いつも以上に感じていることも多いはず。こんな風にゆふき時間を作ってあげるのも久しぶりのような気がして。
 ようやく初めての1週間が終わり、親子共々ほっとする午後。新しい靴を買いに、電車に乗って。晴れて小学生、初めて、自分で切符を買い、改札を通り。初めての連続の日々。それにしても、学校での出来事など聞いても聞いてもどうも用を得ない。とにかく、楽しくて毎日でも行きたい、今はまあそれでよしとしよう。
 

小麦粉を乾煎りして



 先日口にした「tatin」のサブレ・ココをヒントに。何年も前の教室レシピを引っぱり出し。何度も何度もリピートして焼いている、ポルトガルのお菓子「ポルボローネ」。別名ほろほろクッキー、口にしたときのほろほろと溶けるような食感が魅力的な焼き菓子。その食感は、小麦粉を乾煎りすることで生まれる。「ポルボローネ」はそこにこれまた乾煎りしたアーモンドプードル、もしくはアレンジとしてきなこを加え、香ばしさと軽さを生み出すのだが。よりシンプルに乾煎りした小麦粉のみで作ってみることに。今日はなんとなくばたばたと、焼き時間に繊細な配慮ができず、イメージ通りの仕上がりとはいかなかったものの、次回へ続くはず。
 午後、小学校保護者会なるものへ。自己紹介から始まり、役員決めをしたり、やや拷問のような道具箱一式の名前書きなど。ぴかぴかのお道具箱にクレヨンにノートなど、あっという間に消耗するのだろう。それでも、改めて、これから毎日、この席でいろいろな時間を過ごすことになるのだなあ、と。ちび2人を連れての参加、改めて、優しいご近所さんに支えられている実感。彼女たちがいなかったら、とてもでないけれど、泣きに入っていただろう。
 保護者会を終え、帰宅するも、なんともそわそわ、そわそわ。ついつい、坂を上がり、見通しの良い道まで出向き、覗いてみると。ずっと向こうに1人駆けてくるあてはの姿。今日は児童館から自分で帰る、と朝から張りきっていたのだ。道の途中、木陰に隠れる私の姿を見つけ、にやり。待ち合わせして一緒に帰宅するはずだったお友達とはなぜか会えなかった、とか。そして、見事にリュックサックの中にはあるべきはずの水筒は入っておらず。それでも、まあ、1人で帰ることができたことを今日の収穫として。自分でできることが少しずつ増える日々。

五月人形とキーマカレー



 朝の集団登校集合場所が我が家前で本当にありがたし。時間ぎりぎり、みんなの声がざわざわと聞こえてくるところ、身支度もままならないまま家を出るあてはを見送り。
 今日は少しでも早めに、と五月人形を出す。気づけばそんな時期。昨年からは諸道具すべてを出すのではなく、いじられ対策も含め、だいぶコンパクトに。今年の我が家では、初めて、桃の節句もあったので、2月、雛人形を出す→3月、しまう→4月、五月人形を出す→5月、しまう、これからは毎年、そんな年中行事の流れとなるのだなあと。今日も昼前に帰宅してきたあては。さっそく、五月人形の刀を取らんとし。
 親子ともども、初めての小学校生活。毎日何枚ものお手紙に目を通し、頭に入っているような入っていないような、全体を把握できているような、いや、できていない。なんとなく混乱状態。全体システムがまだまだ見えない、というか。あては自身もまだまだ、毎日が非日常のような。とっても楽しいからこその、かなりのエネルギーを消耗しているのがよくわかる。夜になると、ふと涙もろくなってみたり。ひとまずは親子ともに、今週を乗り切ろう。
 さて、ゆふきのスイミング体験レッスン2回目。今日は習い事へ向かう前のあてはにも応援をお願いし、一緒に同行してもらうことに。時に母よりもお兄ちゃんの存在が効果を成す。出がけ、うれしそうに向かったものの、いざ着替える段になってしばし躊躇。ようやく着替え、プールサイドへ。ヘの字口、今にも泣きそうなのをこらえている。そして、いざ始まると、ああ、やっぱり泣き顔。が、さすが、あてはの頃から信頼しているコーチの技術と優しさ。いつのまにか、泣き顔が真顔になり、そのうち笑顔がこぼれ。2回目で上々。途中からは仲良しのお友達が見学に来てくれたので、一気にテンション上がり、最後はコーチに暴走を引きとめられていた。
 と、帰宅後は2人とも心身ともにクタクタの様子。そんな今日の夕ご飯は2人の大好きなキーマカレーにしてよかった。クタクタながらも、「カレー、やったあ!」と頬張る我が子たちの姿。がんばれ、がんばれ。飾った五月人形とともに、健やかなる成長を願って。
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR