FC2ブログ

桜とカップケーキ



 来週のキッズ教室に向けて。吉祥寺の「クオカ」へ。いつも足を運ぶ「富沢商店」と、時に足を運ぶ「クオカ」の使い分け。例えば今日のような、カップケーキのデコレーションものを選ぶのには、やっぱり「クオカ」。なんとも女子心をくすぐる品揃え、というか。普段は、だんぜん「富沢」派なのだが、カップケーキ×キッズ教室×春だし、と、ついつい心浮き、いつもの大人の教室では私が選ばなそうなセレクトだったかも。今日は一緒に同行のあてはに、男の子目線のリサーチも兼ねて。
 買い物を済ませ、いつものドイツパン「リンデ」でパンを買い、桜咲く井の頭公園へお花見へ。満開もほど近い八分咲きほど。池の周りをしばし歩き回り、ようやく桜を眺められる空きのベンチを発見。さっそく腰掛け、パンを頬張りながら、桜を眺めつつ。そのうち、遊び出す2人の様子を眺めつつ、のんびり桜を堪能し。と、ふと見た瞬間、2人の顔がすっかりの土色に。慌てて水道へ走り。
 帰宅後、さっそく、カップケーキ作り。新調した絞り金も使って。今日はクリーム絞りから子どもたちも一緒に。こういう作業がやっぱり大好き。喜んでテーブルそばにやってくる。小さな器に、トッピング数種を入れ、こんな感じで、とデモしつつ。
 小さな小さなハート型のトッピング、そしてあてはリクエスト、やけに懐かしいカラーチョコスプレーなど。ついつい多めに散らしてしまうと、一気に子どもっぽい印象。というか、キッズ教室だから、子どもっぽくていいのだが、なんというか、「とってもおいしそう!」な仕上がりを目指しつつ。今日はそのほかにアラザン2種、キャラメりゼしたクランチアーモンド、昨日たまたま焼いたクッキー、ナッツなどをトッピング。ついつい、トッピング過多になりがちなところ、この辺りのバランスに、いまだどこか悶々としつつ。

おかえりなさいの会



 おとといのほゆきの発熱。予想通りの突発性発疹。成長の証しにほっと。どこか、いつまでも赤ちゃんと思ってしまう、思っていたくなってしまうほゆきももうすぐ8か月。
 上海から一時帰国している懐かしいお友達を囲んで、の会、題して、「おかえりなさいの会」へ。
 子どもたちがまだまだ赤ちゃんの頃に出会い、そのつながりは今も続き。帰国中の彼女以外はみんな、そのまま近くに暮らし、公園で会ったり、園で会ったり、そして、ありがたくも私の教室へ来てくれていたり、と、顔を合わせることもあったり、なのだが、こうやって、みんまで揃って集まるのはなんとも久しぶり。そして、すっかりの同窓会気分に。
 すっかり成長した子どもたちの、以前とはまた違ったやりとりがなんとも新鮮。そんな光景を眺めつつ、おしゃべりは尽きることなく。
帰り際、ずらり並ぶ子どもたちの姿、まさに時の流れをしみじみと。そして、窓の向こうにはもうすぐ満開の桜の木。幼稚園が違ったり、保育園通いだったり、が、この春からは同じ小学校へ通う顔ぶれも。改めて、親子ともども、また新しい繋がりでいられることがありがたく。そんな、これからのやりとりを想像してみたり。

春休み、桜咲く



 昨日の卒園式余韻に浸りつつ。実は昨日の朝からほゆきが発熱。昨日は笑顔などほとんどなく。今日は熱もほぼ落ち着き、時々は笑顔を見せてくれるものの、やっぱり本調子ではないようで、久しぶりに1日中ほぼ抱っこで過ごす。こういうときにはおんぶでなく、顔を見ながら、の抱っこでなくてはだめなようで。
 束の間、ベビーベッドでの昼寝。今日から春休みのあてはとゆふき、最近は2人遊びがとっても楽しいようで、こちらもありがたい限りなのだが、なぜ、ほゆきのベビーベッド下でのブロック遊びなのか。
 いつもの菜種油ベース生地にたっぷりのコーンフレークを加えて、今日の試作は「コーンフレークボール」など。とにかく、ざくざく、ざくざく、の食感。次回はもう少し甘みを加えて、もう少し生地をぎゅぎゅっとまとめてみようかと。春休み、小学校入学に向けてのあてはの準備はもちろん、私にとっても、そろそろの再始動に向けて、気持ちとそして諸々の準備期間となりそうだ。教室再開と販売再開に向けて。
 ミシン一縫いだけ、と、あと一縫いで仕上がるあてはの巾着を仕上げ。あと一縫い、そんなときにミシン糸の調子に惑わされることしばし。1人ぶつぶつ言いながら、もがいていると、「しっぱいはせいこうのもとでしょ~。」、遊んでいる手を止めるでもなく、さりげない一言。なんだかいい感じに気が抜けて。こういうところ、やっぱり父譲りなのだろう。
 夕方、あてはのスイミング前、本屋さんをのぞきに行きがてら、大学通りへ。咲いてる、咲いてる!桜2分咲きほど。ああ、やっぱりうっとりとする美しさ。咲き始めならではの美しさ。毎年毎年、桜の時期にはほぼ日課、というくらいにこの道を歩き、眺め、桜の移ろいを楽しんでいる。昨年の桜の頃にはまだお腹の中にいたほゆき。今年も存分に桜を満喫しなくては。

あては卒園式 こっちだよ!



 あては卒園式。式が始まるころ、少々、いやだいぶ冷や冷やすることあり、この段階でかなり消耗感あり、だったが。
 105人の子どもたちのすっかりの成長。そしてまっすぐな姿を目の当たりにし。改めて、入園からのこの3年間の月日をしみじみと。まだまだ1人ではできないことだらけだった我が子が、いつのまにかこんなに大きくなり、そして、体だけでなく、心もすくすくと成長し。証書を受け取り、かなり恥ずかしそうな表情で、それでもどこか誇らしげに歩く姿など。本当に、いつにまにかこんなに立派な姿に。
 無事、式が終わり、謝恩会、そして、各教室でのクラス単位でのお別れ会。みんな最後を感じているのだろうか、力を出し切るかのようにはしゃぎ。その熱気に、思わずクラクラとし、外の空気を吸いに出るほど。あてはにカメラを向ければ、どこかへ走り消え、変顔をし、枚数とってもまともな写真がない。帰り際、園長先生ご夫婦と記念撮影をし。「来年からまたよろしくお願いします。」と、ゆふきのご挨拶など。
 改めて、親子ともども、本当に楽しかった幼稚園生活。ありがたくも楽しかったことばかり。ここ最近は、溢れんばかりのエネルギーに満ち溢れている実感。今までの親子で一緒に、も多かった、幼稚園生活から、これからの小学校生活は自分一人で取り組んでいくことも一気に増えていくのだろう。そのエネルギーをいい形で生かしていくことができますように。
 帰宅後、「とってもいい写真が撮れたんだよ。」とだんなさん。お友達ママから、「毛穴まで撮れそうね。」との言葉をいただいたその望遠レンズにて。卒園式中、感極まって泣き出したお友達が前に進むのを忘れてしまった瞬間、すっと振り向いて、こっちだよと、進む方向を指さしてあげている姿。証書授与よりもすてきな1枚だったかも。
 夜はあてはの好きなメニューを、そしてロールケーキを作ろう、と心していたのだが、思いのほか、どっと疲れが。ドイツ亭ピザと買いに走ったマロニエのロールケーキに大好きないちごとパイナップルをトッピングして。
 あてはくん、卒園おめでとう。そして、ありがとう。

まって~!、まって~!



 ここ最近、ゆふきがすっかりはまっているDVD「ライフ いのちをつなぐ物語」。とっても力強く、そしてとっても美しい、BBC製作の動物ドキュメント。
 そんなゆふきを連れていきたいところがある、ということで、今日は「こども動物自然公園」へ。感想、とってもすてきな動物園。動物の種類や数はものすごく多くわけではないものの、動物をみながら、公園時間を楽しむことができる、そんな場所。見どころの1つでもある「カンガルーコーナー」へ。敷地の中、まさに放し飼いのカンガルーたち。のんびり日向ぼっこしているカンガルーたちをしばし見つめつつ。1匹がぴょんぴょんと走り出し、こちらへ。すかさず、カンガルーの後を追いかける子どもたち。カンガルーの、身近で感じる大きさと迫力、そして、その躍動感。「まって~!、まって~!」、それはそれはうれしそうに追い駆ける姿。貴重な体験。
 それから子どもたちが大喜びだったのが、恐竜コーナー。敷地の一角、緑の木立の中、あちらこちらに大小20の恐竜のモニュメントが。探検気分で、駆け回り、ステゴザウルスやトリケラトプスによじ登り。
 私にとって印象的だったのは、「シカとカモシカの谷」。もともとの丘陵地形を生かし、谷に掛けられたウッドデッキを歩き、シカやカモシカを探しながら、自然の中を散策する。その雰囲気といい、眺めといい。ふと谷の向こうではシカ2匹が角をぶつけ合うカチリ、カチリという音が澄んで聞こえ。
 とってもすてきな動物園、また足を運びたいなあ、と、ついつい帰り時間が遅くなり。明日はあてはの卒園式。大慌てに準備など。

一足早い桜の眺め



 今日は身軽に電車に乗り込み。なかなか行けずに、ようやくコンタクトレンズの買い替えに。早めに済ませて、ちょっとお茶時間でも、と目論んでいたものの、入荷待ちだった製菓材料などの調達に回ったら、ほどなくタイムアウト、帰りの電車へ。
 近所にオープンしたラーメン屋さん「なっくる」へ。お友達に勧められ、ラーメン屋さんとなると大気乗りの我が家の男子だち。本当に久しぶりの豚骨だったのだが、丁寧にとっただしはコクがありながらもすっきりと優しく、かつおぶしがしっかりと効いていて。そして、くるみなのか?細かくしたナッツのようなものがさりげなく絶妙なアクセントに。あては、替え玉など。
 歩いてすぐ、早咲きの桜の木の下へ。先日よりも一気に咲き乱れ。今日も落ちている花を拾いつつ、ふと上を見上げると、花びらをついばむ鳥たちと一緒に、あれはインコか、インコにしては大きいが、オウムか?色鮮やかな2羽に、一瞬どこか南国のような光景にも思え。
 開花宣言よりもだいぶ早く咲く、この桜の木のおすそ分け。水を入れた小さな器に浮かばせて、一足早い桜の眺めを楽しむのが、なんとなく毎年の楽しみとなりつつ。

ランドセルお披露目会と桜カウントダウン



 午前中、久しぶりにシッターさんの彼女との打ち合わせなど。明後日の卒園式での預けと、それからもう少ししたらの教室再開に向けても、相談など。「ゆふちゃん、すっかり落ち着いたね。」と、久々に会うゆふきに。そう、ゆふきも来月で3歳。
 月曜日の卒園式を残し、今日最後の登園日を終え、最後の集団帰り道、オレンジコース。最終地点の公園にて、みんなでカメラを持って待ち構え。のはずが、出かけ間際のお約束のようなおむつ交換などいつもながらのばたばたで、ほぼ子どもたちと並ぶように進み、公園にたどり着き。2列で手をつなぎ、ワイワイガヤガヤ歩いてくるこの光景も今日で見納め。
 さよならのあいさつを済ませると、今日はみんなで「ランドセルお披露目会」!まさに十人十色、昔とはわけが違うランドセル事情、全員がそれぞれに個性あるランドセル。色遣いはもちろん、刺繍やステッチなど。これならさすがのあてはでも、ランドセル間違いも起こりにくいはず。みんなで遊具の前で記念撮影。そして、そのままの公園時間など。いつのまにかすっかりランドセル姿も様になっている子どもたちの姿。あてはのランドセル、土屋鞄の黒の牛革。内装と背あて、肩ベルトの内側が優しい黄色に染められ、そしてステッチの糸もアクセントとなり。その背負い姿に、本人よりも私があれこれ迷った価値あった、と秘かな親満足など。
 夕方、散歩しながら大学通りへ。この時期はついついそわそわと。というのも、そう、もうすぐの桜の開花。たぶん、大学通りで毎年1番最初に桜が咲くスポット、あっ、いつのまにかピンク色に色づき、すでにほんの少しほころび始めている。開花カウントダウン、気づけばそんな時期。

ウルトラマンおにぎりとカップケーキ



 あてはの幼稚園お弁当も今日明日で最後。リクエストに忠実に。今日はウルトラマン型を使って。いつもはクッキー型として使っているのだが、おにぎり型としても使うことができる優れもの(ウルトラマンファンにのみ、か)。型抜きをして、のりをカットし、目などを付け。お弁当箱にしても、こういうものにしても、「おいしそうであること、おいしそうに見えること」が私にとっての条件。これはクリア、なのでは。うれしそうにお弁当を持って、登園。
 再来週のキッズ教室に向けて、材料調達と、かなりぼんやりのイメージのところ、ヒントを探しに。工作教室を主宰するお友達との幼稚園時代最後のコラボキッズ教室、テーマは「カップケーキ」。カップケーキ、と一言で言っても、生地はもちろん、トッピング次第でがらりと違った仕上がりに。いつもなら、どこか時間に追われつつ、帰りの電車に乗るのだが、今日はいつもよりゆったりの心持ちで。
 さて、さっそくの試作など。カップケーキ、以前教室でも小ぶりのものを2種類作ったのだが、今回は子どもたちがデコレーションする、ということで、また違った目線から。今回、ぜひ子どもたちにやらせてあげたいことの1つが絞り金を使っての、生クリーム使い。こういう作業は大好きなはず。全粒粉を少々加えた生地に生クリームを絞り。サイズ違いにアラザンを散らし。
 それからクッキーアイシングも。アイシングに少々の赤の食紅を加え、ほんのり優しいピンク色。こういう作業は日々のお菓子作りとはまた違って、違った集中力となんともまた違ったわくわく感というか。キッズ教室では、トッピングにもう少し彩楽しく、遊びを加える予定。今日はなんとなくの全体像、ということで。
 明日の登園最終日を控え、今日は最後の延長保育。夕方の園庭にてお友達たちと記念撮影をし。こんな光景ももう今日で最後。やけにいろいろなことに、「最後」を実感してしまう日々。きれいに空っぽになったお弁当箱を洗いながら。明日、最後のお弁当リクエストはサンドイッチなり。

一足早い卒園祝いランチ



 とんでもない強風の日。ご注文のお菓子お渡しを無事済ませ。卒園式での引き菓子。数日後の我が子の卒園式への想いと少し重なり。
 さて、強風の気配を大いに感じながら、今日はちらしずしを仕込む。春といえば、の一品、ちらしずし。我が家で、我が教室で定番、さっぱりとした酢めし。お米1合に対し、酢20cc、砂糖7g、塩3,5g。以前勤めていた懐石料理のお店のレシピを今もそのまま引き継いでいる。甘すぎず、酸っぱすぎず、控えめな配合がほどよく。それから、我が家で我が教室で定番、薄焼き卵は焼き過ぎず、しっとり。こちらはもっと以前勤めていたオーガニックレストランで教わったもの。フライパンに生地を流し、全体に広げ、ほぼ火は止める。余熱でまだ中央はやわらかいうちに、向こう端を手前に折りたたみ、すぐにまな板の上へ。枚数を重ね、1僂曚匹良縫ット。薄焼き卵というと、しっかり焼かれ、どこかばさばさとしたものを細く細く、おいしい、というよりは彩、そんなことも多いのでは。こちらはしっとりと、卵の優しい甘みとおいしさを感じることができるのでは、と自負など。
 今日は、来週の卒園式を目前に、ご近所さんと一足先に卒園祝いの集まりなど。久しぶりの持ち寄りスタイルで。せっかくなので、「春をテーマに!」、そんな声掛けに、美しき春の料理がずらり。集まる人数が多いときには、テーブルを端に寄せ、立食スタイル。めいめいが皿に盛り、窓際のベンチや椅子に腰かけていただくのだが。私はもちろん、みなさん、テーブルにずらり並ぶ料理に夢中、しばし、テーブルの周りにて。それぞれの料理のレシピやちょっとしたエピソードなどを聞きながら、その料理をいただくおもしろさとおいしさ。そして、楽しいおしゃべり。時にこういう時間はなんともありがたい気分転換となり。
 我が子たちのもうすぐの卒園。そして、4月からはみんなで同じ小学校へ。また楽しい想い出がたくさんできますように。

ココア買いに走り、ココア風味のマフィン



 今日も朝からご注文のお菓子を焼く。「ココア風味のマフィン」、第1回戦をオーブンへ入れ、2回戦目の計量をしつつ、「きゃあ~!!!」。前と同じことをやってしまった。ココアの買い間違え。いつもバンホーテンの純ココアを使っているのだが、昨日わざわざ買いに行き、間違えて、バンホーテンの調整ココアを調達してきてしまった。あとから思えば、なぜ間違える、確認するところでしょ、前にもやったでしょ、そんな自問が。ココア待ち、開店時間に調達に走り。
 こういうトラブルが起こると、まだまだその動揺がどこかに顕れてしまう自分がいて。そろそろ、マフィンが焼き上がるころ、アラザンのトッピング忘れに気づき、慌てて取り出し。余熱でなんとかくっついてくれたものの、まあ心穏やかならぬこと。お菓子についても、回数を重ね、子どもたちの途中コール試練を重ね、だいぶスキルが身についてきたものの、ああ、まだまだ、まだまだ。こんな想いはもしかしたら、ずっと一生続くのかもしれない。
 今回はご注文のサブレにしても、マフィンにしても、小麦粉使用とは別に、アレルギー対策、米粉を使ったものも作る。いつもの、今日の気分はなんとなく米粉で、そんなスタンスではなく、小麦粉NGのための米粉。なので、できあがりの取り違えはもちろん、材料混入にも十分な注意を払って。米粉を使って、サブレもマフィンも見た目同じく、そしておいしい仕上がりにたどり着いたことは、今回の我が大収穫。特にマフィンについて。ポイントは、あっさりしすぎがちなところで、卵の分量を増やすことにより、コクと風味を付加すること。そして、小麦粉とは火の入りがだいぶ違うので、焼きを弱めに、しっとりと仕上げること。
 一通りが焼き上がり、今日も余熱冷ましを兼ねて、外へ出る。ゆふきの気分転換という名目ながら、実はなによりも我が身の束の間のリフレッシュ効果たるや。1人だったら、間違いなく、ひたすらの流れ仕事となりがちなところ、我が子たちに救われる、というか。
 ひとまずは、今日発送分を無事終え。引菓子は袋詰めして、紅白の紐をかけ、赤いラベルを添えて。明日の卒園式、すてきな式の喜ばしき添えとなりますように、心を込めて。
 夕方、ふらり子どもたちと。「ほら、咲いてる!咲いてる!」。 我が家のそば、毎年早咲きの桜が咲き始め。鳥がついばむのか愛らしい花があちらこちらに。子どもたちと、それから遭遇したお友達も巻き込んで、みんなで花を拾い。明日の春のテーブルに添えようかと。
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR