FC2ブログ

乾物の戻し方


 今日の料理教室は心強い見方、保育士キヨコさん。キヨコさんの本当にありがたい協力のもと、そして生徒さんみなさんのありがたいご理解のもと、パワフルあては付きクラスがなんとか実現していることに感謝。常によりよい形を模索しながら。デッキでプール遊びをしているあては。そしてさすがプロの保育士さん。あてはが常に遊びに真剣。こっちなど見向きもせず。さてみんなで試食。車麩もクスクスも実は好きではない、という彼女から「おいしい!」との声。しめしめ。どちらもポイントは戻し方。商品の袋に書かれた戻し方やレシピ通りでは、こうはいかないのだ。クスクス、一般的なレシピではしばらくゆでる、となっているのだが、ゆでてしまうとアルデンテを過ぎた、なんとも中途半端な食感に。今回はかなり少ない湯を加えてしばし。アルデンテのクスクス、そして他の野菜をさっとマリネ。調味料がほどよくクスクスの中に入っていき、ちょうどよい食感。日々、無理ない範囲でマクロビ生活を送っているという彼女。車麩料理については収穫があった様子で何より。こちらもやっぱり戻し方に大きなポイント。まずは水で戻す、のではなく、乾燥のまましっかりとしただしで戻し、うまみを十分に吸い込ませること。車麩は日本に昔からある食材。病院勤務の彼女からは病院での食事に車麩の煮物がよく登場するのだが、という話。調理する人によって美味しいときと美味しくないときの差が激しい、とか。もしかしたら戻し方の違いもあるのかも。こちらもやっぱり一般的にはまず水で戻してから調理、となっているのだが、水で戻すとしっかり水気を取ったつもりでもどこか水っぽい、ぼんやりした味になってしまう、と思っている。こういう「なつかしの味」料理でも昔ながらのレシピが決して最良とは限らない。それぞれの食材の美味しさを可能な限り引き出すこと。ゆるやかなマクロビ生活を送っている彼女、無理なく、楽しみながら取り組んでいる様子。「特別なことじゃないんです。ごくごく普通の食事です。」納得。シンプルに、日々の食、そこから派生するものを大切に意識して生活することなのかもしれない。ということでそんな意識も含めて、おいしいプチマクロビ、教室での再来、リクエストあれば。
 今日みんなで作った「クスクスの夏野菜のサラダ」。

出産おめでとう


 明日からの準備をこなすのだが、夏休み後、なんともペースがつかめない。そんな中でもあては運動は休みなしの日課、そして日々のレベルアップ、スキルアップ。プールだけではまったくの消化不良、夕方涼しくなった頃、公園へ散歩、と思ったが、天気予報通り雲行き怪しく、庭遊びでも。こちらもチャンス到来、とひたすらの雑草とり。毎年この時期にはすでに庭は放置、雑草だらけ、を繰り返すこと数年、が今年は違う。2人で庭タイムを楽しめるようになったおかげ。毎日、庭のトマトを摘むのが日課のあては。どうやっても届かないトマトを狙っている。畑の柵を踏みつぶし、終いにはほうきを持ってきて、「ポタト、ポタト(トマトの意)」。振り落とそうという作戦か。ついでに赤く色づいた唐辛子も狙っているがそれは危険すぎる。庭弄りをしながら、「あては、今日はあてはの子分に会いに行くよ。」今日、義妹アカネちゃんが無事第1子出産。生まれたての赤ちゃんに会いに行く。小さな、小さな生まれたての赤ちゃん。3400gと十分大きめではあるが、日々あてはを見ているせいか、嘘みたいに小さく感じる。新生児室に並んだ赤ちゃんを見て、「ニャー、ニャー!」とあては。確かに実家のパオなんかよりずっとずっと小さい赤ちゃんたち。赤ちゃんに会って、アカネちゃんに会って、みんなでおしゃべりをして、あてはを眺めながら、あてはの出産の時のことを思い出してみたり。「出産」という出来事を終えた日の夜のあの気持ちがふとよみがえる。そして病室に届いたアカネちゃんのデザートをすかさず狙っているあては。「同心居」にてみんなで遅めの夕食をし、東久留米宅へ。閉められた門を開き、「どうぞ」と手招きをするあては。さすが第2の我が家。もう少ししたら、ここでまた今までとは違った光景が眺められるのだろう。ね、あては親分。

名残の夏


 夏休み最終日。急に思い立ってお弁当を詰める。まず目指したのは立川市と国立市の境あたりにある「矢川緑地」。すぐそばは住宅街という立地が信じられないようなところ。湿地帯を散策していると野がもがあちらこちらに。水辺には懐かしき真っ赤なザリガニ、トンボに黒アゲハ、あてはより私のほうが大興奮。そして湧き水あふれる矢川。こんな清流がこんな近くで見られるなんて。しばし散策を楽しんで、お弁当でも、と雑木林の中、虫除けスプレー忘れはさすがに厳しい。ということで今度は立川公園近く、多摩川沿いへ場所を変え。多摩川を眺めながら3人でお弁当。水の流れについてはさっきの矢川清流と比べものにはならないが、すぐ向こうにはモノレール、その向こうには電車、そして時々ヘリコプター、とかなりあては向け。おにぎりをほおばりながら休日気分を満喫していると、だんなさんの「いい時間だなあ。」の一言。時にこういう意思疎通確認はうれしいもの。あてはもそう思っている、と信じて。もともと2人での生活の頃もこういう時間の過ごし方が多かった私たち。今はあてはも一緒に今までとはまた違った楽しみ方が広がってきている。いつもの野菜直売所、並んでいる野菜たちもなんとなく夏の名残、そろそろ秋が来る気配。「今日とうもろこしは?」「もう終わりだがら、収穫してなくて。よかったら畑のぞいて持っていって。」夏休みが終わっていく感じ。といいつつ、大好きな秋を待ちわびながら。

重いTシャツ


 朝早めに出発し、奥多摩方面へ。目指すは日原渓谷。毎日毎日うだるような暑さの日々、涼しさを求めて、のはずが、今日は驚くほどに涼しい。時に寒いくらい。奥多摩町に入り、日原渓谷の川原で水遊び。泳ぐ気満々、訂正泳がせる気満々だったが、水が冷たい!ので軽く水遊び。雨が降ってきたので、「あては、探検に行く?」「たんけん、いく!」と日原鍾乳洞へ。平均気温10度。まるで別世界。寒い。細い岩道を進み、その自然美を堪能、なのだが、足場がかなり悪く、ついでに最近やけに抱っこモードのあてはを交代で抱えながらの移動。下りの階段なんてもう半泣き状態の私。重いし、怖いし。ゴールを目指すのみ。みんなが寒い、寒いという中、汗でどっしり重くなったTシャツを脱ぐだんなさん。Tシャツってこんなに重くなるものなのだなあ、と。今日のお昼は奥多摩町、森のカフェ「アースガーデン」にて。多摩川沿い、緑に囲まれた和モダンな一軒家。マクロビまではいかないが、体に優しい料理、ということ。今日もまずは手打ちそばと山菜の天ぷらをいただきながら、1日5枚限定というピッツアを注文。そば粉の入った生地に季節の野菜が添えられ、とっても優しい味。そしてマスのフライに添えられたわさびピクルスのタルタルソースなど名産・わさび料理もあれこれ。週1度届く、という桧原村にある天然酵母パン「たなごころ」のパンを買い、車へ。雨が大粒になってきた。帰り道、以前1度立ち寄った青梅のパン工房「木の葉」に立ち寄る。パンについても、カフェメニューについても常に改良中、ということで、以前買った「根っこパン」、大きさも生地の感じも前とは違う。「粉を変えたんです。」と試食をいただく。以前よりずっともっちり、しっとり。もっと欲しそうな顔をしているあてはに、とイギリス食パンも試食。粉の美味しさが伝わってくる。パンを買い、車に乗り込み、雨足が強くなる景色を眺めながら、帰路へ。ていうか、どしゃ降り。車の中なら雨もまたよし。

わらべうどんではなく


 家族3人での短い夏休みが始まる。朝からかき氷リクエスト。先日ヒットだった黒蜜きなこ氷は私以外には明らかに不評。かき氷はさっぱり、さわやかがお好みの様子、2人ともフルーツ氷のみ。何度か行ってみようと試みたものの、昼前にはすでに長い行列だったり、その日が定休日だったりと、なかなか行けずじまいだった立川にある手打ちそば・うどん「利静庵 甚五郎」へ。早めの時間になんとか数組待ちで店内へ。古民家風の建物には骨董があちらこちらに飾られ、落ち着いた雰囲気なのだろうが、ランチタイム突入、ということで店員さんの必要以上ではないかと思われる大声が飛び交う。そばはまずそのボリュームに驚く。天ぷらも衣がなんとも素朴でどこかなつかしい感じというか、そばともに「多摩らしい」(だんなさん曰く)感じ。メニューも豊富だし、子連れでもまったく問題なく、今後出番待ちのお店かも。そば好き、ということはわかっていたが、試しに頼んだ「わらべうどん」(子供用、量少なめ)には見向きもせず、せいろのそばをむさぼるように食べるあては。なにかに取りつかれているかのような勢い。うどんもほどよいコシがあって、食べやすい細めん、なかなか、だったのだが。注文はしなかったが季節限定のおもしろいメニュー、なるほど、なるほど。今日はすぐ近くの古民家園「小林家住宅」など散策。江戸末期の豪農のお宅。きちんと手入れされた家屋の中を歩きながら、窓の向こうには鮮やかな竹林。梁や障子などとのコントラストが美しく、外の暑さとは裏腹に家中に風が流れる。使い込まれた用の美。住宅のすぐ後ろには川越道緑地が広がり、なんとなくしっとり落ち着いた空気が流れている。つかの間、気分だけでも涼を求めて。今年の初秋刀魚を食べながら、やっぱり思う。秋は毎日秋刀魚でもいいかも、と。

貴重なジャム


 1週間ぶりの我が家。元に戻す作業に追われる。この暑さ、植木たちには試練だったはず。そしてその試練を超えられなかったものもあり。あてはも久々の我が家、久しぶりの我がおもちゃをじっくり堪能し、今日もデッキでプール遊びなど。昨日の帰宅時もそうだったが、今日もプールをしながらも、もう実の無き、ブラックベリーを探している。そう、帰省前に全部収穫し、とりあえず冷凍庫へ。とはいっても、日々のあては収穫がほとんどだったので、最後の収穫はわずか。今日は大切にジャムにすることに。全部で150g。25%の砂糖でさっと煮る。ついでにすだちの果汁をぎゅっと絞って。今日は煮詰めを少なめにし、ブラックベリーソースという方が正しいかも。少しでも楽しめる回数を増やすべく。うれしい宅急便が届く。毎年届く、東久留米からのぶどう。届きたて、ぶどうってこんなに香りがするんだっけ?ついでにもう1つ、昨日詰めた焼津からの荷物も届く。たくさんの野菜と洋服と、ついでにおまるも。お昼は題して「ふるさと野菜のパスタ 酒盗の香り」。やわらかい長なすに坊ちゃんかぼちゃ、とうもろこし、それからパクチョイという小松菜のいとこというか、兄貴風の青菜など。かつおの内臓の塩辛「酒盗」がアンチョビのようなアクセントになり。いつもの生活が戻ってくる感覚。ぼんやり、ぼんやり思い描いていた来月のメニューを形にしていかなくては。先日、精進料理の料理教室に参加してきた、という柳田さんとマクロビ談義など。いつもの日々が始まる。
 貴重なジャムが狙われている。

黒蜜きなこのかき氷


 約1週間の実家のんびり生活も今日で終わり。いつものようにファーマーズマーケットまんさんかいでたくさんの野菜を買い込む。ついでに米粉パンなども。みんなでオリンピックを見て、のんびり過ごし、近くの川へ散歩へ。水遊びをするあては。この暑さ、心配なのはあてはではなく、父。「大丈夫だよ。」と言いながらもフーフーしている。夕方、父の運転で静岡へ。通り道、すすきの穂が風になびき、コスモスの花が咲いている。そういえば、ここ数日は夜、コオロギの鳴き声が聴こえていた。こんな暑さの中でも秋が近づいている。みんなでかき氷を食べに行く。静岡名物・安倍川もちやさんの店「きなこ」にて。黒蜜きなこのかき氷など。そして新幹線のホームへ。窓越し、父と母の笑顔に見送られ。手も振らず、通路向こうの席の人が開くお弁当が気になって仕方がないあては。出発早々、お弁当タイム。新幹線に乗って、お弁当を食べるそれはそれは楽しいのだろう。ご機嫌なのはいいのだが、とにかく声が大きいのだ。窓越しに移る自分の姿を指差し、大声で「あてちゃん!あてちゃん!」夕方遅めの新幹線、仕事帰り風の男性陣も多く、かなりのプレッシャー。お弁当作戦の後は、ミニカーにお絵かきなど盛り上げさせすぎてもいけないのが難しいところなのだ。そして無事東京。東京駅にて1週間ぶり、仕事帰りのだんなさんと待ち合わせ。3人で帰る。夜の国立駅に着くと、あれ?秋の風が吹いている。大はしゃぎで走り歩きしている2人を眺めながら、自分の家族を実感。そして帰宅。やっぱり自分の家は落ち着くのだ。

プチプチ同窓会


 あてはを父と母にお願いし、プチプチ同窓会へ。電車での待ち合わせ、懐かしい顔。席に座り、しばし料理談義。「聞きたいことがたくさんあって。」と本気モードの彼女。まずは、「あのね、小松菜なんだけど」。毎日、毎日のこと。少しでも日々の料理が楽しくなる手助けになれば幸い。あっという間に富士駅に到着。またまた再会の喜び。今日のランチは「ラ・メゾン」にて。メインの「帆立のポアレ プロバンス風」、ちょっと懐かしいオイルメインのソースにジェノベーゼときりっとしたトマトソース、そして添えられラタトゥイユ、帆立との相性よく、時にはこういうしっかりしたソースもいいもの。子供なし、落ち着いてゆっくりの食事を満喫し、友人宅へおじゃますることに。中学、高校時代、何度遊びに伺い、何度泊まったことか。みんなで一緒に夏休みの宿題をしたり、ゲームをしたり、踊ったり、昼寝したり、懐かしい想い出が次から次へと。それぞれがそれぞれの生活を送る日々。昨日までリトミックの大きな大会に参加していた彼女、リトミックに対する熱い想い、そしてリトミックの講習を通して、改めて我が子との接し方について、子育てについても考えさせられることがたくさんあった、とのこと。音楽が流れると自然に体が動いて、自然に楽しく、心地よくなる。あてはを見ていると日々感じること。自然な流れ。そして子供の自然な流れを大切にすること。私自身も日々、そう心がけているつもりではあるのだが。いつか我が子たちを連れて、彼女のリトミッククラスに参加したい、と意気投合。実現させようね。帰りの電車もついつい料理談義であっという間に時が過ぎ。彼女の、日々の料理に対する悩み、とまではいかずとも、なんとなくの思いが手に取るようにわかるからこそ、伝えたいことが次から次へと。昨日から珍しく「甘いものが食べたい。」という父のリクエストに富士「クローバー」の煎茶ロールケーキ。驚くほどのスポンジ生地のやわらかさ。フォークの入りが生クリームと同じくらい。私的にはかなり美味、と報告しておくね。

丸子ぶらり


 母とあてはと丸子方面へ。東海道・丸子宿。宿場町の面影を残す趣ある地。山道を登り、まず立ち寄ったのは母が1度訪れたという小さな美術館「くにじ庵」。館内に展示された静岡県各地の風景を描いた木版画もさることながら、建物奥、大きな窓から見渡す、山の景色をそのままに生かした庭には思わずため息がもれる。素敵すぎる。そしてすぐそばにある北欧家具の店「クラフトコンサート」へ。店内に入り、釘付けになる母、私、そしてあては。1階には北欧家具と一緒にストッケのベビーカーやトリップトラップチェア、そしてテーブルには魅惑的なレゴ。いつのまにかレゴで遊ぶあては。その隙にショップ内をのぞく。もともとあった古民家を改築したギャラリー。もちろんあてはをそこから連れ出すのには一苦労どころではなかった。そこから歩いて山を下り、アンティークショップ「オディオン」に立ち寄り、今日の目的地「駿府匠宿」、今日までのイベント「おもちゃ展」へ。タミヤなど静岡にあるいくつかのプラモデルメーカー商品が展示され、遊ぶことができる。あてはが飛びついたのは、動物の形をしたプラモデル。馬、きりん、ねずみ、亀など。きりんが気に入ったようで、足をばたばたさせるきりん片手にあれこれ物色。そんなあてはを母と2人、ソファに腰掛けながら眺めてみたり。お昼は「たくみ亭」にて麦とろろ膳をいただく。丸子は自然薯の産地でこの周辺にはとろろ専門店も数多い。数日前、家での夕食で麦とろを食べたとき、見事に口の周りが腫れあがったあては。今日はものすごい食べっぷりにも関わらず、こまめなケアのおかげか腫れ知らず。そう、静岡の麦とろのポイントはすりおろしたとろろに一般的なだしを加えるのではなく、みそ汁を加える、ということ。もちろん家でも。こくが出て美味なのだ。おみやげ処で先日買った利き茶セットの中で1番私好みだった「おくみどり」の茶葉を買い、ついでにあてはの横笛を買う。なんとも優しい音色。次に向かったのは、匠宿すぐ裏にあるアイスクリーム工房「くまさん牧場」。実はそのすぐ裏には小さな牧場が。とってもきめが細かく、優しい味のするアイスクリーム。今日は枝豆アイスと丸子紅茶。実は丸子は日本での紅茶発祥の地だったりもする。坂を上がり、こわごわと牛を眺め、今度はやぎの元へ向かった母とあては。「メ~、メ~」、あまりに威勢のいいやぎのなき声かと思いきや、母の声であった。さすがにそんなやきはいない。「おいで」、こわごわとやぎに草をあげているあては。丸子散策、大当たり。「どこか遠くへ来たみたいだね。」と母。夜、妹と焼津荒祭りの御神楽祭を見に。「アイエートン」「アイエートン」ものすごい迫力と熱気。白装束の男衆の熱気とついでにお酒臭さはすごかった。

「あてバテ」警報


 早めに家を出て、あては初めての海水浴へ。小学生の頃によく来た焼津・浜当目の海。すぐに夢中になって遊ぶあては。とにかく楽しそう。波打ち際に座って、向かってくる波を楽しんだり、砂遊びをしたり、いつの間にか果敢に波に向かっていくのをそばで常時スタンバイしているのも楽ではない。足だけではあるが、久しぶりに入った海、私自身、いろいろな感覚がよみがえってくる。2才のあてはにとって、初めての体験。我が子の何か「初めて」のことを一緒に迎えるのはやっぱりうれしいもの。早めに海水浴を切り上げて、あてはを洗い、海を見渡す屋根つきのベンチにておやつでも。時間が早いせいか、心地よい風が吹く。海を眺め、船を眺め、灯台を眺め。知っているところなのに、どこか遠くへ来たような錯覚。また泳ぎに来ようね。気分転換に自転車に乗ってお目当てのカフェへ、が、本日定休日で残念。ぷらりと街散策。懐かしい場所もあり、すっかり様変わりした場所もあり。久々に通った懐かしい商店街。コーヒー専門店「川島」にてコーヒーを買う。当時はここが焼津の中心、そんな場所だった記憶。アーケードの元、たくさんの店が軒を連ね、買い物に行くのが楽しみだった。今はアーケードもなく、商店街全体がこぎれいに舗装され、店と住宅とが混在している。夕方、仕事帰りの父を出迎えにあてはと家を出る。道の向こう、暑いのせいか、少々フラフラしながら歩いている父の手に白いものが巻かれている。聞けば、痛みを感じ、病院へ行ったところ、炎症を起こしている、とのこと。どこかでぶつけましたか?の質問にも特に思い当たる節なし。もしかして「あては炎症」かも?ついでに暑さとの相乗効果、かなり疲れ気味の気配。明らかに「夏バテ」兼「あてバテ」。焼津生活ももうすぐ1週間。そろそろ「あてバテ」が家じゅうに充満しつつ。恐るべし。もちろん当の本人はそんなことお構いなし。海水浴の心地よい疲労もあったのか、夜は自分で子守歌を歌い、拍手をし、を数回繰り返し、すーっと眠りに落ちた。そして賢いパオ(♂ねこ、すっかりおじいちゃん)は警報を守るべく、初日からうまくあてはを避け、「あてバテ」知らず。
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR