FC2ブログ

待ち遠しくない


 家族3人で国立のロシア料理店「スメターナ」へ。予約しておいたので一番手前の席へベビーカーごとスムーズに。さっそく店員さんからの「お父さんにそっくりですねえ。」の言葉にすかさず「ありがとうございます。」とだんなさん。褒められたのかなあ。まずはロシア風コールスローに始まり、定番のボルシチ、メインはロールキャベツにハンバーグ。全体にディルのふわっとした香りがアクセント。大好きなライ麦パンにはスメターナ(サワークリームのようなもの)を添えて。デザートのブリニ(そば粉のパンケーキ)とロシアンティー。いつもながら、あては担当のだんなさんの協力というか犠牲のもとに、心地よい時間。いろんな人に「もうすぐ一緒に連れての外食は難しくなる」と言われる。その兆しが見えつつある今日この頃。帰り道、大学通りを散歩しながら。まだ桜のつぼみはふくらみが小さいかな。今日は買い物中、知らぬ間に2回もデザートやらお酒やら、知らないものが買い物かごに入っていた。きっと、いつかはこれが倍になるのかなあ。グルになっただんなさんとあては。そんな日が待ち遠しいような、待ち遠しくないような。待ち遠しくないかな?
 「ペルメニ」 ロシア風水餃子 スメターナを添えて

3/4才


 今日も朝から大磯への料理の仕込みと来月の料理教室の試作。近くではあてはが遊んでいる。ここ最近、できる動きが増え、手が届く範囲も広がり、一人で夢中。ふと見ると立てひざから正座になっていたり。その姿はもう赤ちゃんって感じではないよね。試作のために分厚い料理の本を取り出し、見ていると、紙切れが出てきた。何かな?見れば、多分、6、7年前に私が書いた自分の未来設計図。すごい!夢がけっこう叶ってるんだ!そして、そこにはまだまだこれからの夢も書かれていた。今もしっかりたくらんでいるその夢たち。夢にはいつしか出会う我が子、つまりあてはのことも。夢の1つ、我が家のあてはは今日も、「コッコ~、コッコ~」と言いながら体にリボンを巻きつけて近寄ってくる。今日で9ヶ月。3/4才。
 今日作った「アスパラガスのテリーヌ」

ミウラちゃんに会えた


 ようやくミウラちゃんとご対面。あてはの長びく体調不良のため、3度目の約束でようやく。3ヶ月になったばかりのミウラちゃん。健康そのもの。友人の「じゃがいも」「ぼた餅」の呼び名も思わず、納得。大学1年生の春、それまで静岡の田舎でぬくぬくと育った天真爛漫(自分でいうかなあ)というか脳天気な私にとって、彼女はとっても印象的だった。こういう人に生まれて初めて会った、と思った。彼女らしいミウラちゃんとの接し方。彼女と話していると、いつも頭の中がピンとする。こうやってまさか一緒に子育てをすることになるとは、思ってなかったなあ。今日は新宿タカシマヤにある「岡崎 美先」にて待ち合わせ。京都の「美山荘」の姉妹店。個室に4人(2人+2匹?)。本日のお椀は甘鯛の入った桜餅。お椀を開けた瞬間に広がる桜の香りと道明寺のもちもちとした食感。そしてなんといってもおいしかったのは白いごはん。「本日は金沢のお米です。」とのこと。「お代わりをお持ちしましょうか?」「はい!」今日のお店はなかなかだった?次回も良さそうなお店、探しておくね。
 先付け盛り合わせ 春満載

持ってきちゃった


 まだぎっくり腰が治らないだんなさんとは対照的に、すっかり回復したあてはを連れて、だんなさんの実家へ。先週は笑顔もほとんど見せられなかったので。着いてさっそく立派ないちごを食べさせてもらうあては。初孫の特権。今日はこれでもか、というくらいにひたすら動き、ひたすら立ち上がり、ひたすら笑い、大泣きもし・・・。何を言おうとしているのか、「コッコ、コッコ」と連発。昼寝もほとんどせず、ひたすら。リビングの窓際にはいくつもの写真が飾ってある。旅行の写真、結婚式の写真、など。そこにはこの間から数枚あてはの写真がフレームには入らずに重ねて置いてあった。「じいじがいつも眺めてるのよ。」とお母さん。最近はあてはのお世話をお願いし、キッチンに1人立つこともしばしば。キッチンからみんなの声を聞いているのも大好き。今日はあてはの夕ごはんをお母さんに食べさせてもらって。「あてちゃん、ちょっとペースが速いんじゃない?」 帰りにはお父さんお手製のつみれ汁まで持たせてもらって、帰宅。家に着き、車から降りようとすると、あてはの手から何かが落ちた。何だ?あっ、あては、ウルトラマン持ってきちゃった。これはだんなさんが子供の頃に遊んでいたもの。家から家まで約30分、ずっと持っていたんだね。このことを話したら、きっとお父さん、うれしそうに笑うんだろうなあ。
 今日作ったふきのとうとたらの芽の天ぷら。春の香り

語り出したら止まらない


 朝、ほんの一瞬雪が降った。今日、料理教室の間、あては担当のだんなさん、ぎっくり腰はよくならず。とっておきのおもちゃをたくさん用意してスタンバイ。なんといっても抱っこできないのは致命的なのだ。生徒さんにも事情を話し、万が一にはあてはをおんぶしながらになる旨を伝えてのスタート。無事料理も完成し、試食の時だけ、あてはお気に入りのいすに座っての参加。みなさんご協力ありがとう。今日は新しい生徒さんが1人来てくれた。こちらも気持ちが引き締まる。私は初めて来てくれた生徒さんには堅苦しくではなく、まず包丁の持ち方と切り方の基本を説明している。それを知ると、「切る」ことが楽しくなると思うので。「包丁の持ち方を教わったのは初めてです。」と、意識しながら切る彼女。包丁の使い方にしても、火の使い方にしても、料理は「料理」というだけあって、とっても理にかなっていることが多い。より楽しく料理をするために、知っておくといいよ、と思うことがたくさんある。そして伝えたいことは山ほどある。語り出したら止まらない。ので今日はこの辺で。ひとまず、研いだ包丁を使うこと。これだけで料理はずっと楽しくなる。よろしかったらお研ぎしますので。
 「教室の風景」更新しました。よかったら。
 今日みんなで作った「アップルクランブル」。りんごの酸味がたまらない。

ひたすら前かがみ

 朝、洗面所の掃除をしていると、朝食を食べているだんなさんのものすごい叫び声が。急いでいくと、かがみこみ、「あてはを頼む!」なんと、ぎっくり腰になってしまった。もちろん、あては抱っこのため。そして、あてはの頭にはだんなさんの叫び声と一緒に飛び散ったごはん粒がいくつも。ひとまずは前かがみのまま車で出勤していった。今日はママ友みんなで布のおもちゃ作り、のはずだったが、あてはは突発後なのでお休み、と思っていたら、かなり風邪っぴきが多い、とのこと。日程があったら、ぜひ第2回を!今日はじっくりアルバム作り。いつか、いつかと思いながら、あてはの写真整理ができていなかったので。我が家はだんなさんの職業柄かなり写真が多い。ざっと見ただけでもあてはの写真が400枚。印刷していない画像はこの何倍もある。日記と照らし合わせながら、あてはの生まれたところからアルバムにまとめていく。私の片手に頭がすっぽり納まって、小鳥のような足をしていたあては。それが、今では目の前でむちむちの足を使って、ひたすら動き回り、今日もまた大好きなプリンターをいじり回し、よじ登ろうとし、格闘している。急いでアルバムを仕上げるつもりだったが、思いのほか楽しくて。もったいないので少しずつまとめていくことに。ひとまず今日はあては2ヶ月のところまで。夜、前かがみのだんなさんが帰宅。あては抱っこができないので、魚焼き係。明日は料理教室。あてはの子守りはできるのでしょうか。

思い出の色


 今日は久々オフのだんなさんがカレーを作る。料理って、作ってもらうのもやっぱりうれしい。キッチンに材料一通りを用意し、私は隣のテーブルで「ラピュタ」のDVDを見ながら。ふと気づくと、家の中がもくもく。鍋を空焼きしすぎたのだ。さて、気を取り直して。だんなさんのカレーには必ずソーセージが入る。半分に切ったものとそうでないものがあったりして。聞けば、半分は最初に炒め、切ったものからはソーセージのうまみを出したい、とのこと。いろんな思いがあるのだ。それにしても、出しておいた材料を全部使い切るところがまさに男の料理。かなりたくさんのソーセージ。「残すなんて失礼だよ。」そうかなあ。火にかけながら、何度となく換気扇のフードに頭をぶつける。そっかあ、そこにぶつかるのかあ。「そういえば、前作ったときもぶつかったなあ。」とか言いながら。今日のあてはの夕ごはんにじゃがいもとにんじんを取り分け。あてはももちろん完食。おいしかったあ。だんなさんの体に似合わず、小さく小さく切ってあるにんじんがなんだかおかしくて。ついついおかわり、だんなさんも2度、大量におかわり。久々ついついワインも進む。久々にフルボディ、渋みのある赤。食事中から、あっ、頭が痛い。やっぱりかなり弱っている私。こんなこと絶対になかったのに。片づけをしながら、鍋を洗う。こげではないが、底が微妙に色づいて、どうやっても落ちない。あらら。きっと、この鍋を使うたびに今日のカレーのことを思い出すんだろうなあ。思い出の色、ということで。ほろ酔いの私はかなり寛容だったのでした。

覚えてたんだ


 最近はおむつを外すと動きやすいのか、かなり動きが機敏になるあては。風通しをよくするために、少し外しておくことも。今日もおむつを外し、片付け、チラッと見ると、あれ!窓際のプリンターを支えにまっすぐ立っているあては。突発性発疹の後はすごく元気になる、と聞いてはいたが。おむつもせずの、その立ち姿が印象的だった。お昼前、予定より1日遅れで帰宅のだんなさんから、「今から帰る」メール。頼んだ買い物と一緒に、なんと、ホワイトデーのお返しのチョコレート。まったく予想していなかった。今年も間違いなく忘れていると予想していたので、帰ってきたら、ホワイトデーにかこつけてケーキでも買いに行こうかと思っていたのだ。久しぶりに一緒にお昼ごはんを食べ、起きたあてはと3人で写真を撮ったり、3人で昼寝をしたり。「あては、今日、日曜日みたいだね。」うれしいホワイトデーになったのでした。
 1日1粒、と思ったが・・・。

おとなしく、ね


 あてはの熱は下がり、上半身の発疹もだいぶ落ち着いてきた。本に書いてある通り、腰周りなど下半身に新たな発疹が。今日はあてはを連れて病院へ。「突発性発疹」の診断。免疫力が下がっているので、しばらくはおとなしくするように、とのこと。はい。そのまままっすぐ帰宅。しばらくは私も家で静かに過ごそう。ここ最近、ずっとそうしているような気もするが。あてはのお昼寝の合間に気になっていた残りのいよかんをマーマレードに。今日は皮ごとフードプロセッサーにかけて。家中に爽やかな香り。夕方、少し元気に動き出し、やっと笑顔もちらほらのあては。ここ数日は大好きな鏡の前に連れて行っても顔をこわばらせていた。いつも当たり前のように見ていたあてはの笑顔がなかった。いつもの笑顔が少しずつ戻ってくる。しばらくのんびりしようね。
 今日もできたてをアイスクリームと一緒に。料理にも使えそう。

2階のキッチンにて


 朝、あてはまた熱がある。おむつを替えようを服をめくると、「あっ!」胸と背中全体に発疹が。そっかあ。突発性発疹。免疫力の下がるこの頃にかかりやすく、高熱の後、あせもに似た発疹がまずは胸やお腹、それから全身に広がるもので、2~3日で治まる、とのこと。通りで熱があるわりには食欲もあるし、まあまあ元気もあるし。病院に電話で問い合わせをし、今日は安静にし、明日、病院へ行くことに。体がなんだかすっきりしないのか、いつもよりぐずぐずも多かったが、昼寝も多かった。半分諦めていた大磯への料理の仕込みも思いがけず進んでしまった。いつもなら1階のキッチンで外とあてはを見ながら、だが、今日は2階のプライベートキッチン(こういうとなんだかおおげさ)で、あてはを見ながら。オーブンの様子を見に、何度となく行き来するのがちょっと、ね。外は限りなく青空。我が分身あてはの体調不良は時折自分が病気になっているような錯覚を起こす。昔、風邪をひいたときにふと外を眺めた、その記憶に似ている。夜、眠りに落ちる前に、今日もちらっと笑顔を見せてくれたあては。私はこの笑顔をいつも見ていたいのだ。
 今日作った「おひたし3種 うるい、せり、そばの芽」
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR