FC2ブログ

9月30日 甘栗さま、さま、甘栗ときのこのリガトーニ、そして11.12月に向けてレバーペースト

DSC_9765.jpg


秋の発酵料理の旅レッスンの日々。
かご盛り前菜盛り合わせには、ロシア風オリヴィエサラダに、それから栗を使った2品。
甘栗と発酵バターのパテに、甘栗ときのこのリガトーニ。

どちらも、この時期には大、大、大活躍の甘栗を使って。
甘栗と発酵バターのパテ、レッスンではクラッカーにぬって、楽しんでいただいているのだが、丸めて、きゅきゅっとかたちをととのえれば、栗きんとん風のお菓子に。


DSC_9767.jpg


そしてもう1品、「甘栗ときのこのリガトーニ」。
リガトーニ、筋の入った太めのマカロニのこと。
パスタは、あっという間に出来上がる上に、手軽に季節感を楽しむことができる魅力。
毎年秋のレッスンで登場するきのこたち。
今回は、マッシュルームにエリンギなど。
事前に炒めたりせず、ゆで上がったパスタと甘栗と一緒に最後にフライパンへ。
さっと、クリームとチーズとからめてできあがり。
火を通しすぎずに仕上げると、とにかくきのこの風味や香りがよく、色も黒くならず、かさもほとんど減らず、いいこと尽くめ。
お好みですだちをきゅきゅっと絞って、召し上がれ。


DSC_9778.jpg


DSC_9766.jpg


甘栗さま、さま、の秋。


DSC_9258.jpg



秋の発酵料理の旅レッスンもすっかりの中盤。
そして早いもので、11.12月レッスンに向けて。
毎年恒例の、クリスマス&おせちレッスン。
今回は、ここしばらく勉強中の、フルーツを使ったレシピをあれこれを検討中。
もちろん、まだまだリクエスト絶賛、募集中です!!!

リクエストいただいていた1品、レバーペースト。
ずっと以前には豚レバーを使ったレバーペーストをご紹介しているのだが、今回はよりマイルドな鶏レバーを使って。
そしてフルーツ感を合わせると、驚くほどに相性よく。
この相性たるや、まるで別の料理が仕上がるような。


DSC_9796.jpg


ここしばらく、クリスマスメニューやお雑煮などの考え事をしつつ、すーと肌をぬける秋深まる風。
早々と、冬に向かう感覚。
どうか心穏やかな冬となりますように。


DSC_9788.jpg


DSC_9803.jpg
スポンサーサイト



9月28日 甘栗のバスク風チーズケーキに、どんぐり拾い、ハナビリウム

DSC_9761.jpg


すっかりの秋。
味覚の秋。
大、大好きな栗。
ここ最近はすっかりの甘栗頼り。
9,10月レッスンでも、甘栗と発酵バターのパテに、甘栗ときのこのリガトーニ、などなど、手樽に「栗」感を満喫できる魅力。

週末には、甘栗を即席ラム酒漬けにして。
ほどなくしっとり落ち着いた甘栗をそのまま頬張るのももちろん美味。


DSC_9741.jpg


たとえば、型の底に忍ばせて、甘栗のバスク風チーズケーキに。
今日は丸型ではなく、パウンド型でテリーヌ仕立てに。
ばたばたとしていたら、うっかり焼き上がったオーブンからチーズケーキを取り出すのがしばし遅くなってしまい、とろり感は弱くなってしまったのだが、しっとり濃厚なおいしさは存分に。
そして甘栗の存在感。
改めて、この手軽さでこのおいしさとは。


DSC_9743.jpg


DSC_9745.jpg


DSC_9760.jpg


すっかりの秋。
プラネタリウムを観に行く前に、秋を満喫へ。
学校の工作で使う、ということで、どんぐり拾いなど。
木々の下には、落ちてる、落ちてる!
まだまだ青々しい、帽子付きのどんぐりもあちらこちらに。
あちらこちらでの虫の合唱を聴きながらの、どんぐり拾い。
秋を満喫の、ひととき。


IMG_8237.jpg


ほどなく袋いっぱいのどんぐり。
そして木々を眺めると、まだまだ小さなどんぐりの赤ちゃんの愛らしいこと。


IMG_8242.jpg


IMG_8257.jpg


あちらこちらの秋の眺めと響き渡る虫の音。
草むらには、これでもかというくらいのとんぼに、トノサマバッタが舞い。


IMG_8213.jpg


IMG_8236.jpg


IMG_8218.jpg


IMG_8263.jpg


プラネタリウムで観たのは、実はとっても楽しみにしていた、「ハナビリウム」。
東京・日本橋の花火業者・株式会社丸玉屋が制作したプラネタリウム作品「 ハナビリウム~花火って、なんであるの?」。
花火×プラネタリウムの新感覚花火体験。


IMG_8264.jpg


花火師以外は決して入ることができない、「花火の真下」からの視点をとらえた、実写でのクライマックスのシーンは圧巻。
初めて眺める真下からの、花火の眺め、そして花火大会が開催されなかったこの夏だったからこそ、のたくさんの打ち上げ花火の眺め。まさに花火の特等席。
余韻を満喫しながら、さあ10月スタートする今週もがんばろう。


rectangle_large_type_2_29a84fa7a4002b3f10061bec1c8039bf.jpg


2462571_s-1.jpg


9月25日 新米で、落花生のごはん、そして白みそホワイトソースでハロウィングラタンに、シュトーレン風クグロフ

DSC_9733.jpg


*キャンセルご案内*
10月22日木曜日レッスンに1名キャンセル出ました。
秋の発酵料理の旅レッスンです。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


DSC_9697.jpg


ここ数日で、ぐっと秋の空気に。
秋の料理がより一層しっとりと落ち着いた眺めに。
秋の発酵料理の旅。
白いプレートには、主菜2品と、ごはんものの盛り合わせ。

秋といえば、味覚の秋、食欲の秋。
新米の秋!
気づけば20年近く注文させていただいている淡路島産の、無農薬のゆきひかり。
よくレッスンでも、お米がおいしい、とお問い合わせいただくのだが、いまだに、夜炊き上がったごはんを毎日必ずつまみ食いしてしまうほどの、我が家の日々にはなくてはならない存在。
そして、今年も無事新米が届き。


DSC_9679.jpg


つやっつやの新米で炊くのは、「落花生のごはん」。
そう、ちょうど今は、生落花生の収穫の時期。
土付きの落花生のゆでたてのおいしさに魅了される方も多いはず。
今回は、ゆで落花生のようなホクホク感を満喫できる、びっくりするくらい手近な食材を使ったお手軽レシピ。
みなさん、頬張りながらにんまり、にんまり。
ほんのり塩味を効かせて、ついつい箸が進んでしまうおいしさ。
さらに、新米に、みずみずしくしっとりとしたおいしさで、まさに止まらず。
食べすぎ注意の、食欲の秋。


DSC_9707.jpg


DSC_9700.jpg


同じ白プレートに並ぶのは、サーモンの白みそホワイトソースがけ。
こちらも、大好評いただいており。
そして、この、白みそホワイトソースが実に実に優れもの。
バターいらず、ながらも、白みその力で、通常のホワイトソースにまったく引けを取らないコクとおいしさ。
そして、ぐっとぐっと手軽。

今回のメニューの中でも、一押しレシピ。
ということで、10月キッズ&ジュニアレッスンでも、白みそホワイトソースを使うことに。


DSC_9725.jpg


白みそホワイトソースの、ハロウィングラタン。
かぼちゃやみんなの大好きなショートパスタを加えたフィリングに、白みそホワイトソースをたっぷり加えて。
キッズ&ジュニアレッスンについては、1度のレッスンでのご参加人数が多いので、10月も、いただきますはせず、お持ち帰りスタイルとさせていただく予定です。
ハロウィングラタンをお持ち帰りいただいて、お家で焼いていただき、熱々の、白みそホワイとソースを親子でご堪能いただければ、と思います。
魅惑の、白みそホワイトソース。


DSC_9710.jpg


DSC_9726.jpg


そして、早いもので、そろそろ11.12月レッスンに向けて。
11.12月はそう、毎年恒例の、クリスマス&おせちレッスン。
毎年この時期なると、信じられない!、早すぎる!とひと騒ぎふた騒ぎするのだが、今年は特に、例年以上に実感が伴わないような。
とはいえ、暦は進み。

食後の、クリスマススイーツは、パウンドケーキ生地のリクエストをいただいていることもあり。
以前カフェでいただいて、なるほど~と感激した、シュトーレン風パウンドケーキ、のイメージをクグロフ型で、と思案中。
オーブンからは、シナモン、ナツメグ、カルダモン、冬のスパイスの広がり。
シュトーレン風クグロフ。

11.12月レッスンの、ホームページでのご案内は10月15日前後を予定しています。
どうか心穏やかな冬を迎えられますように。


DSC_9715.jpg


DSC_9729.jpg


DSC_9738.jpg

9月23日 萩の花とおはぎ

DSC_9668.jpg


すっかり秋めいた連休。
秋分の日には、毎年恒例のおはぎ作り。
朝から小豆を炊くいい香りがキッチンに広がり。


DSC_9661.jpg


いくつかつまみたいので、我が家のおはぎは小ぶりなサイズ。
ラップを使えば、手がべたべたすることもなく、とっても手軽にできてしまう、おはぎ。


DSC_9662.jpg


IMG_8163.jpg


定番の小豆に、こがしきなこ、そしてナッツ。
小豆が苦手な娘の分には、試作用を調達した小ぶりないちごを忍ばせて。
秋を感じるひととき。


DSC_9664.jpg


DSC_9665.jpg


DSC_9670.jpg


そうそう、萩の花が咲いていて。
春は牡丹の花が咲くからぼたもち、秋は萩の花が咲くから、おはぎ。
連休中に、ちょっと遠くの公園まで、と武蔵丘陵森林公園へ。

丘陵の中に広がる、本当に本当に広々とした公園。
とても出ないけれど全部は回り切れず、ながらも、あちらこちらの秋の眺めと、しっとりとした秋の空気、そして虫の音。
ただただ心地よい、秋の空気をどれだけ待ちわびていたことか。

萩の花が咲き、背の高いススキの穂が風に吹かれ。
そしてひがんばなが咲き。


IMG_8162.jpg


IMG_8159.jpg


IMG_8117.jpg


IMG_8122.jpg


すっかりの秋の眺め。



IMG_8134.jpg


IMG_8137.jpg


IMG_8140.jpg


IMG_8125.jpg


連休中に、久しぶりのエプロン作りなど。
白とグレーのリネン生地で。


DSC_9588.jpg


DSC_9589.jpg


エプロンが新しくなると、心地よく気分も一新されるもの。
できあがった早々、さっそく試着して過ごしていたら、下2人はそれぞれ見た瞬間に、「あっ、新しくなったね。」と。
娘など、なぜか写真まで撮ってくれたり。
一方で、どんなに目の前をちらちら動いても、まったく気づかない長男。
本当に、まったく気づかないんだろうなあ。
まあ、それもよし。


DSC_9610.jpg


DSC_9590.jpg


9月20日 新作 秋のきなこのブラウニーと、ロシア風秋のオリヴィエサラダ

DSC_9632.jpg


お菓子のご注文。
定番のブラウニーに、秋の新作「きなこのブラウニー」。
頬張ると、きなこの風味がふわあ。
仕上げにシナモンの香り。
抹茶とホワイトチョコレートのブラウニーと、それぞれの魅力。


DSC_9627.jpg


DSC_9629.jpg


季節のマドレーヌ 秋。
ココア風味のマドレーヌには甘栗をのせて。
そしてもう1種、こちらにもきなこを加えて。
きなこのマドレーヌにはナッツをのせて。

ブラウニーも、マドレーヌも、同じ生地ながらも、フィリングやトッピングを変えれば、がらりと印象も風味、そして季節感もがらりと変わるものが生まれるおもしろさ。
みなさまのお口に合いますように。


DSC_9622.jpg


DSC_9624.jpg


さて、9月キッズおやつ教室&ジュニアおりょうり教室が全日無事終了。
新年度レッスンがスタートしていたものの、今月ようやくのようやく、ほぼみなさんがご参加いただけるようになり。

以前は、1テーブルに子どもたちがぎゅぎゅぎゅっと大密集だったところ、今は、狭いスペースながら、可能な限り、お席の間を空けて、今回は2テーブル+作業台も合わせて、3スペースに別れて。
今月からの、久しぶりの、みんなでのレッスン。
いつも通りの、到着したそばから、あっちから、こっちから、そっちから、みんなそれぞれの、おだんごエピソード報告が始まり。
そうそう、対応に追いつかない、この感覚がなんとも懐かしくあり。
うれしそうに、できたての、みたらしお月見団子をお持ち帰り姿を見送り。


DSC_9641.jpg


DSC_9635.jpg


DSC_9639.jpg


DSC_9642.jpg


連休スタートは週末レッスン。
だいぶ秋めく空気となりつつ、秋の発酵料理の旅。


DSC_9651.jpg


旅気分をご満喫いただくべく、前菜の一品は、ロシア風オリヴィエサラダ。
ポテトサラダの原型ともいわれている、ロシアのクラシカルなサラダ。
ということで、じゃがいもは基本的に入るのだが、その他については、入ったり、入らなかったり。
定番としては、りんごやビーツ、ゆで卵に、ピクルスなど。


DSC_9439.jpg


今回は秋、ということで、じゃがいもと一緒に、さつまいもも加えて。
魅惑の発酵食材は、ベーコンとピクルス。
身近な食材ながらも、やはり、発酵食材をいくつか合わせると、ぐっとコクが増す印象。
そしてドレッシングにも発酵食材のヨーグルトを使って。

食べるときに、混ぜながら召し上がっていただくスタイルに。
ビーツのおかげで、混ぜながら、ほんのりのピンク色に移ろう眺めも楽しんでいただきながら。
秋を感じる、オリヴィエサラダ。


DSC_9643.jpg


DSC_9652.jpg


DSC_9647.jpg
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR