FC2ブログ

12月10日 ジンジャーブレッドマンツリーに、ベトナムコーヒーで〆る忘年会





ぐっと寒さが増し、12月らしさを感じる週末。
先日焼いたジンジャーブレッドマンクッキーの生地を少々残しておいたので、娘と。
スパイスの香りの余韻がいっぱい広がる教室キッチンにて。
毎年恒例、ジンジャーブレッドマンを袋詰めし、ツリーに飾り。


DSC_8111.jpg


DSC_8118.jpg


IMG_5447.jpg


DSC_8123.jpg


DSC_8126.jpg



この時期恒例、娘の保育園の展覧会へ。
子どもたちの作品の展示や、年長さんになると大物の木工作品まで。
今年は高尾山遠足の想い出から、子どもたちオリジナルの駅とそれからケーブルカー2台。
お友達とケーブルカーに乗ったり、お友達が乗ったケーブルカーをひいたり、そんな姿を眺めながら。
保育園生活もあと数か月かあ、としみじみ。


IMG_5299.jpg


IMG_5300.jpg


IMG_5317.jpg



ぐっと12月を感じる週末。
大学通りのライトアップを眺めながら、お店に到着。
教室の日曜日レッスンのみなさんにお声がけいただき。
大学通りの、「くにたち桜サイゴン」にての忘年会。
ランチには何度もうかがっているのだが、夜うかがうのは初めて。
みんなでずらり、貸し切りのカウンター越し、窓には大学通りのライトアップの眺め。


IMG_5328.jpg


IMG_5348.jpg


IMG_5336.jpg



みんなでカウンターを囲みながら、大いにおしゃべりしつつ、時にキッチンの手さばきを拝見しつつ、時に本気質問攻め。
以前ベトナム料理レッスン前にも彼女のもとへうかがい、あれこれレクチャーしていただいたこともあるのだが、改めて、彼女のお料理には感動。
味付けがとってもとっても洗練されていて、そしてとにかくひたむきに食材と向き合っている姿。
いつもながら、うっとりするほどのおいしさのゴイ(ベトナム風サラダ)には、日本人の口にほどよくミントと青じその香り。
そしてバインミーのバゲットも、お店オープン以来常により良いものを探し、今にたどり着いた、そんなエピソードも。
自家製レバーペーストになマスの風味がぴったり。
そして印象的だったのは、水餃子。
タピオカ粉を使った生地の、ツルッ、モチッとした食感の魅力。
最後に目の前で淹れていただくベトナムアイスコーヒーを楽しみながら、こうやって優しくてすてきなみなさんに囲まれるありがたさをしみじみ、しみじみ。


IMG_5338.jpg


IMG_5339.jpg


IMG_5342.jpg


IMG_5346.jpg


IMG_5345.jpg



12月を感じる週末。
みんなで近くの公園へ。
年賀状の写真撮り、という名目で。
毎年家の中の時計の下で撮影していたのだが、今回は、長男が私の背を超えた、ということで、たまには外で撮ってみよう、そんな流れで。
公園で子どもたちと一緒に駆け回り。
ぐっと12月を感じる週末となり。


IMG_5419.jpg


IMG_5439.jpg


スポンサーサイト

12月7日 一番だしの湯気に、ジンジャーブレッドマンずらり、星に願いを





11.12月レッスンも残りわずかとなり。
急に冬の寒さとなった今日は、ようやく、教室キッチンの一番だしの湯気や、オーブンにパテ・ドカンパーニュを入れてほどなく、オーブンの熱で教室キッチン全体があたたまり始める感じなど、この時期らしさを感じるひととき。


DSC_8065.jpg


DSC_7751.jpg


DSC_7921[1]


DSC_8078.jpg



レッスンを終えたキッチン、今日は大急ぎでジンジャーブレッドマンたちを焼き。
来週から始まる12月キッズ&ジュニアレッスンに向けて。
いつものクッキー生地に、シナモン、ナツメグ、ジンジャーパウダーを加えて。
ほどなくオーブンからは、この時期の香りが広がり。
オーブンからのシュトーレンの香りと同じくらい、思わず胸がきゅんとするほどにこの時期を感じる香り。

そしてジンジャーブレッドマンずらりの眺め。
ジンジャーブレッドマンにクリスマスツリー、そして満点の星。
思わず、クッキーの星に願いを。


DSC_8090.jpg


DSC_8096.jpg


DSC_8098.jpg

DSC_8093.jpg

12月5日 重箱前菜盛り合わせにはハムのリエット、あたたかい日のシュトーレン





11.12月レッスンもあっという間に終盤へ。
来週あたまの年内最終レッスンに向けて。


DSC_7996.jpg



クリスマスとおせちのテーブルを囲みながらのおしゃべりも、いつのまにか師走らしい会話など。
重箱前菜盛り合わせには、「冬野菜と海老のゼリー寄せ」と、「豚ひき肉の昆布巻き」、そして、「ハムのリエット」にはクラッカーを添えて。
この「ハムのリエット」、驚くほどにお手軽&調味料いらずのシンプルレシピ、ながらも、さりげなく気の利いた一品に。
パテやリエット、ディップなどは、前菜に一品あると、各自がクラッカーやスライスしたバゲットにさっとぬったりと、テーブルでの動きが出てるそんな楽しさもあり、わりと登場することが多く。
今回は白いお猪口にハムのリエットを入れて、クラッカーを添えて。
優しいピンク色と頬張るとコクのあるおいしさ。
クリスマスにもそれからお正月にもぴったりの一品。
サンドイッチのフィリングにももちろん。


DSC_8008.jpg


DSC_7996.jpg


DSC_7757.jpg


DSC_7989.jpg


詰める重箱によって、また印象が変わるおもしろさ。
今回は白木、白、塗りなど4種類の5寸の重箱からみなさんのその都度選んでいただき。
並ぶ重箱にちょって、テーブルの眺めの印象も異なり。
そんなその日その日の風景を堪能できるのも、私の楽しみ。
食後のクリスマスキャラメルパウンドケーキとツリーの眺めもそろそろの見納めに。


DSC_7955.jpg


DSC_7887.jpg



さて、来週後半はクリスマスシーズン恒例のイベントレッスン「シュトーレンのじかん」。
先日からちびちび楽しんでいるダンディゾンのシュトーレンに感化され。
レッスン後に大急ぎで試作の1本。
それにしても今日は12月とは思えないあたたかさ。
シュトーレンを焼きながらの教室キッチンはあまりのあたたかさに窓を全開し。
こんなに暖かい空気の中で焼くシュトーレンは初めて。
と、シュトーレンが焼き上がる頃に、シュトーレンレッスンに向けて、粉やらナッツやらドライフルーツやらの大量の材料が届き。
焼きあがったシュトーレンは切り分けて、カジュアルにラッピングし、ほのあたたかいまま、ちょっとしたお礼に。


DSC_8053.jpg


DSC_8058.jpg


DSC_8060.jpg



そろそろ来年のレッスンに向けて。
新年最初のレッスンは、「早春和食」。
冬の食材から春の走りの食材などを取り入れて、今回は特に豆腐などの大豆製品を使ったメニューもあれこれ思案中。
ホームページでのご案内は12月半ば過ぎ頃を予定しています。


DSC_8064.jpg


12月3日 バースデーロールケーキにアップルシュトゥルーデル、そしてシュトーレン

DSC_8019.jpg



12月がスタート。
主人のバースデーケーキを子どもたちと作り。
トッピングにはいちごとクランベリー、オレンジピール、それからドライの柑橘など。



IMG_5215.jpg


IMG_5221.jpg


DSC_8021.jpg



大急ぎで、毎年恒例のアドベントカレンダーを作り。
折り紙で作った封筒に、1日3つずつのキャンディーやラムネ、ビスケットなど。
ようやく空気も冬っぽくなってきたような。
きっとここからは駆け抜ける日々。



DSC_8039.jpg



先日のレッスンで生徒さんからいただいた折り紙のトナカイも、クリスマス演出に。
なんとも言えない愛らしさ。
そして素晴らしい折り紙スキル。



DSC_8025.jpg



大学通りの銀杏がまさに見頃。
ランチ帰りに散歩しながら、黄金色の並木を眺めつつ。


IMG_5234.jpg


IMG_5236.jpg


IMG_5228.jpg


今の季節にぴったりのお菓子やお茶に恵まれる週末。
お散歩途中に立ち寄ったのは、以前大学通りにあった老舗のお菓子屋さん「伊藤屋」。
今は住宅街の中で曜日限定での営業、ながらも、季節限定の焼き菓子が魅力。
今回のお目当ては、ウィーン風アップルパイ「アップルシュトゥルーデル」。
薄いパイ生地の中にはしっとりとしたりんごとスパイスの香りが広がり。


IMG_5229.jpg


DSC_8026.jpg



そして、うれしいお声がけをいただき、それはそれは心待ちにしていた、ダンディゾンのシュトーレン。
最近は本当にあちらこちらのお菓子屋さんやパン屋さんでシュトーレンを見かけるようになり。
シュトーレンは大好きなお菓子なので、わりとあちらこちらのものをいただいてきたのだが、私の中では、ダンディゾンのシュトーレンが秀逸かと。
ドライフルーツやナッツがふんだんに入った、天然酵母のほどよい酸味の効いた、滋味深い生地。
まだまだ作り立て、まわりはしっかりとカリカリ香ばしく、バターの風味もリッチで。
周りにまぶされたきび砂糖の食感も魅力。
薄く切り分けながら、日が経つにつれてまた違った食感や風味を楽しみつつ、の予定なのだが、到底クリスマスの頃までに残る気配なし。
大忙しの12月は、自分へのご褒美に、自分で焼くシュトーレンも含め、お気に入りのシュトーレンをちびちび切り分けて頬張りながら、乗り切るのがここ数年の恒例となりつつ。


DSC_8027.jpg


DSC_8029.jpg



シュトーレンにも合わせて。
お友達に連れて行ってもらった、中野の日本茶専門店「OHASHI」。
店内はまるでパリのお菓子屋さんのような。
クラシカルな日本茶から季節にぴったりのフレーバーのブレンドなどなど。
テイストの魅力はもちろん、そのパッケージのかわいらしさ。
オーナーさんの世界観がきちんと伝わってくるすてきなお店。
いちご緑茶にキャラメルほうじ茶などなど、あれこれ調達して、今週からのレッスンでもみなさんにお楽しみいただく予定。
さあ一息も二息も、時に三息も入れて、12月も楽しく有意義に過ごしたいもの。


IMG_5241.jpg


IMG_5245.jpg


IMG_5243.jpg


DSC_8032.jpg

11月30日 11月はかおおにぎり、12月はいちごのショートケーキ

DSC_7942.jpg




11月キッズ&ジュニアレッスンが全日終了。
元気いっぱいいっぱいの子どもたちが、元気いっぱいな表情のかおおにぎり作りに、ケーキおにぎり作り。
連日、テーブルの下には、のりやら、ふりかけやら、ごまやらが大散乱の日々!
1人1人の作業が始まると、教室キッチンが突然静かに静まり返り、みんながそれはそれは夢中になって作業していた姿が印象的。


DSC_7637.jpg


DSC_7999.jpg


DSC_7972.jpg



おにぎりと一緒に添えたのは、みそ汁。
まずはお椀に好きな具材を入れて。
具材は6種。
豆腐に海藻に、花麩に丸麩、天かすに、ねぎ、そしてかぶの葉。
みんなの勢いにのせられて、いつもは口にしない食材にチャレンジしてみる子も。
おにぎりが出来上がる頃に、一番だしにみそを溶き、お椀に汁を注ぐと、ふわあと優しい香りが広がり。



DSC_7969.jpg


DSC_7971.jpg


DSC_7977.jpg


DSC_7984.jpg


DSC_8004.jpg


DSC_7980.jpg


さてもう12月は目のまえ。
12月キッズおやつ教室&ジュニアおりょうり教室は、クリスマスにもぴったりの「いちごのショートケーキ」を予定しています!

お問い合わせもいただいているのですが、今年は12月のレッスンがかなり立て込んでおり、キッズ&ジュニアレッスンの単発でのご案内はなしとさせていただくことにいたしました。
楽しみにしてくださっていた方々にはたいへん恐縮です。
春休みには、春休みレッスンをご案内させていただく予定ですので、それまでお待ちいただけると幸いです。


DSC_7945.jpg



プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR