FC2ブログ

12月17日 新年レッスンスケジュールをアップしました&3日間にわたる「シュトーレンのじかん」終了しました

DSC_8217.jpg


*おしらせ*
新年レッスンのスケジュールを「おしらせ」にアップしました。
新年はこちらの事情で1.2.3月までを1クールとさせていただきます。
新年レッスンは、早春和食です!前菜にはごま豆腐に揚げ出し豆腐、白和えなど豆腐づくしの前菜盛り合わせに、春鯛の鯛茶も添えて。メインにはこちらも豆腐を使ったラザニア風を予定しています。お食事はかわいらしいおいなりさん、そして食後スイーツは春らしいミニ大福を検討中です。


DSC_8067.jpg


DSC_8109.jpg



3日間にわたるクリスマスイベントレッスン「シュトーレンのじかん」が無事終了しました!
今年もキッチンのオーブンでは50本近いシュトーレンが焼かれ、今でもまだキッチンには香りの余韻。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!





今年もフィリングを少々アレンジし、ますますみなさん、「どれにしようかな?」、うれしそうに、時に腕組みしながら思案されていたご様子が印象的。
ちなみに今年のフィリングは、定番のラムレーズン、オレンジピールに加え、クランベリー、そしてマロングラッセ、ホワイトチョコレート。
そしてアーモンドスライスに、ひまわりの種、くるみに、カシューナッツ、そしてココナッツファインなどなど。
ご参加の回ごとに人気フィリングが異なるのも印象的。
圧倒的にマロングラッセの回あり、圧倒的にココナッツファインの回あり。
それでもフィリングは全体的に見事にまんべんなくみなさん選んでくださったようで。
その中でも今年人気があったのは、定番のオレンジピール、そしてマロングラッセなど。
マロングラッセにはお好みでさらにラム酒を追加でたらり、たらり。

毎回のレッスンでは、私も1本デモンストレーション用にシュトーレンを焼き、そのシュトーレンが翌日のレッスンでのみなさまのご試食用に、という流れ。
試食用はまずはの定番で、ラムレーズン、オレンジピール、アーモンドスライスにくるみ、あたり。
またはかわいらしい変化球に、定番のラムレーズンまたはオレンジピールに、ホワイトチョコレートを加えて。


DSC_8193.jpg


DSC_8195.jpg



さあ、みんなで作りましょう!
生地を麺棒で軽く伸ばし、フィリングを加えて。
100g、かなりの量なので、1度では入りきらず。
なので、2度に分けて、がおすすめ。
まずは伸ばした生地に半分強のフィリングを加え、巻き込み、再び伸ばして、残りのフィリングをくるくる巻き込んで、巻き終わりを上にすれば、いつの間にかシュトーレンの姿に。
おくるみに包まれたイエズス・キリストの姿に見立てたお菓子、シュトーレン。

表面がつるんとしていても、フィリングが思いっきり飛び出していても大丈夫。
焼き上がりにバターを塗り、粉糖をたっぷりかけると、どれもがしっとりと落ち着いたシュトーレンの姿になるのが、なんとも魅力的。包容力のあるお菓子、といえるのでは。



DSC_8259.jpg


DSC_8290.jpg


DSC_8294.jpg


DSC_8297.jpg


オーブンでシュトーレンを焼いている間に、ご参加の皆さんには、シュトーレンのご試食をしていただきながら束の間のお茶時間など。
今年はご参加人数が多くなったので、ご試食用のシュトーレンを数人分ずつ枡重でご用意し、テーブルへ。


DSC_8211.jpg


最後にラッピング。
お好きな毛糸やひもを選んでいただき、お好みのグリーンや実ものを選んでいただき。
それぞれに、とってもすてきなシュトーレンができあがり。
最後に、シュトーレンの集合写真を撮影して、レッスン終了。
うれしそうにお持ち帰りなさるみなさまをお見送りし。



DSC_8301.jpg


DSC_8228.jpg



レッスン終了を、シュトーレンの香り広がる教室キッチンにて片づけをしつつ。
私へのご褒美に1本焼き。、セレクトしたのは、ラムレーズンにオレンジピール、そしてちょっと欲張ってクランベリーを少々、ラム酒を多めに加えて。そしてアーモンドスライス、カシューナッツ。明日の私へ。
せっかくなので定点観測風に。

DSC_8313.jpg


DSC_8315.jpg


DSC_8316.jpg


DSC_8318.jpg


DSC_8320.jpg


DSC_8326.jpg


DSC_8329.jpg



改めて、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
お気に入りレシピになりましたら幸いです。
お菓子を作ろう、と思う気持ち、わくわくしながら材料を選ぶひととき、オーブンからのすてきな香り、そして焼き上がりの表情。
できあがったお菓子をラッピングして楽しむひととき、そして頬張るうれしさ。
お菓子には、料理とはまた違う、なんともなんとも幸せなひとときが生まれる、そんな力があることをしみじみと感じ。

シュトーレンレシピについては、ちょうど2年前に発刊された「箱詰めおやつの贈りもの」に、レッスンでの、私のアバウトなお伝えよりもずっと丁寧に、載っています。ページを開くだけでクリスマスの気分を感じていただける、とってもすてきなページになっています。よろしかったら、ごらんくださいませ。


DSC_8312.jpg


DSC_8275.jpg


DSC_8191.jpg
スポンサーサイト

12月15日 2018年「シュトーレンのじかん」、始まりました

DSC_8257.jpg


2018年クリスマスイベントレッスン「シュトーレンのじかん」がスタート。
1日目2日目が無事終了。
初めてご参加の方はもちろん2度目のご参加の方もいらしてくださったり。
シュトーレン好きなみなさまのご集合。


DSC_8201.jpg



さて、レッスンがスタート。
まずはみなさんの簡単な自己紹介をしていただき。
と、2度目にご参加の方々からは、何度も、「今までに食べたシュトーレンの中で一番おいしかった!」とのうれしいお声をいただき、思わずにんまり。

まずはフードプロセッサーを使っての、あっという間の生地作り。
ほどなくスパイス香る生地ができあがり。
そして、テーブルにはずらりフィリング10種類。
ベーシックなものは変わらないものの、アクセント的なものは毎年少しずつアレンジしつつ。

さっそく、お1人4種類ずつのフィリング選び。
あれにしようか、これにしようか、どれにしようか、うれしそうに迷っている姿、みなさんの動向をじっくりながめてから、心決めて、などなど。
4種類、計100g、たっぷりのフィリング。


DSC_8195.jpg



ではいざ作りましょう!
まずはみなさんに仕上げ方をごらんいただき、シュトーレンの成型を終えると、、「あれ?、それだけ?」、そんなお顔をされる方も多々。
とっても難易度の高そうなシュトーレン作り、と気合を入れていらしたところ、なんともうれしい拍子抜け。
そしてオーブンからはさっそく、スパイスの香りが広がり始め。
その香りを楽しんでいただきながら、シュトーレンのご試食を楽しんでいただくひととき。
慌ただしい12月だからこそ、束の間ながら、ゆったりとしたこんなクリスマス時間を楽しんでいただけたら。
今年は、1レッスンでのご参加人数を少々増やしたので、窓際にもテーブル席をご用意し。
昨年までとはまた違った風景となり。
お菓子を囲む、ちょっとしたひととき。
改めて、お菓子の魅力をしみじみ。


DSC_8263.jpg


DSC_8251.jpg



おしゃべりをしている間にシュトーレンが焼き上がり。
そしてバターを表面にぬり、最後に粉糖やきび砂糖をかければ、シュトーレンのできあがり!
最後にラッピングをして。
それぞれに、とってもすてきなシュトーレンができあがり。
うれしそうにお持ち帰りなさるみなさまをお見送りし、「シュトーレンのじかん」1日目2日目が無事終了。
3日目ご参加のみなさま、心よりお待ちしております!


DSC_8270.jpg


DSC_8275.jpg

12月13日 12月イベントレッスン「シュトーレンのじかん」に向けて

DSC_8201.jpg



*おしらせ*
新年1.2.3月レッスンに向けて。
平日レッスンにご参加いただいているみなさまには、昨日、平日レッスンご案内をメールさせていただきました。
現在のメール管理を、今後なんとかよりよいかたちにしなくては、と思いつつの日々。
メールが届いていない方があれば、ご連絡くださいませ。

ホームページでのご案内は、追って12月15日過ぎを予定しております。
ご参加希望の方はしばしお待ちくださいませ。
新年1.2.3月は早春和食レッスンです。


DSC_8191.jpg



12月イベントレッスン「シュトーレンのじかん」に向けて。
毎年恒例のシュトーレンレッスン。
季節のイベントレッスンは準備を整える私自身がこれでもかというくらいにその季節を存分に感じられるもの。

まずは即席ラムレーズンを仕込み。
甘みのしっかりとあるカリフォルニアレーズンとそれから甘みの優しいサルタナレーズンを半分ずつで。
このつややかさとラム酒の香りは言うことなし。
ついついのつまみ食い。


DSC_8194.jpg



レッスンで、ラッピングしたシュトーレンに添えるグリーンや実ものを今回は、AKI FLOWERSのアキさんにお願いし。
アトリエにうかがうと、すてきにブーケに仕上げてくださっていて、それを抱えながらウキウキとクリスマス気分を満喫しながらの帰り道。


IMG_5466.jpg


DSC_8181.jpg



キッチンの準備を整えて、それからみなさんのご試食用のシュトーレンも焼き、教室キッチンにはスパイスの香り。
毎年恒例のシュトーレンレッスン。
楽しみにしてくださる方が多くいらっしゃるので、今回は1レッスンでのご案内人数を昨年までよりも増やし、テーブル配置や椅子の配置もちょっとアレンジなど。
ご参加のみなさまに楽しく、そして心地よく過ごしていただけますように。


DSC_8183.jpg


DSC_8188.jpg



12月イベントレッスン「シュトーレンのじかん」にご参加のみなさま、心よりお待ちしております!
すてきなクリスマスのひとときとなりますように。


DSC_8185.jpg


DSC_8199.jpg


12月12日 11.12月クリスマス&おせちレッスンが全日終了しました、そしていちごのショートケーキ





11.12月クリスマス&おせちレッスン、最終日が終わり。
今年の通常レッスンが全日無事終了し、ひとまずほっと一息。


重箱前菜盛り合わせには、「冬野菜と海老のゼリー寄せ」に、「ハムのリエット」、そしてしっとり炊いた「鶏ひき肉の昆布巻き」。
今年のご当地雑煮は、穴子とじゃこ天が魅力の「愛媛風雑煮」を一番だしで作り。
そしてテーブルセンターには、クリスマスにもお正月にもぴったりの、「お家でできるパテ・ド・カンパーニュ」。
最後に食後のクリスマスデザートは、「キャラメルパウンドケーキ」。
すっかり愛おしいレシピたち。


DSC_8138.jpg


DSC_8157.jpg



さて、駆け抜ける12月。
今週はキッズおやつ教室と、そして今週後半からはシュトーレンレッスン。
そして来週のジュニアおりょうり教室、最後に1年の締めくくりのおせち仕事。
ということで、おせち買い出しもスタート。
昨年と同じくらいのご注文とイメージしていたところ、いざふたを開けてみれば、全品少しずつ昨年の仕込み量より少しずつ右肩上がりに。
ほどよくをやや超える緊張感はおせち仕事が終わるまで続くはず。


12月キッズおやつ教室は、「いちごのショートケーキ」。
いちご大、大、大好きな子どもたちがやってきて、途中からは、みんなでオリジナルのいちごソングまで飛び交うほど。
まずはすでに焼いておいたロールケーキ生地を使って、スポンジの型抜きをし。
ショートケーキを作る前に、まずは12月ならではのジンジャーブレッドアイシング。
こちらもすでに焼いておいたジンジャーブレッドマンに、1人ずつ目をつけ、お口をつけ、ボタンをつけ。
それはそれは真剣に、みんな身を乗り出して。


DSC_8161.jpg



表情のできたジンジャーブレッドマンたちはお皿のわきに置き、さあショートケーキ作り。
先ほどの型抜きしたスポンジ生地1枚にホイップクリームを絞り、アーモンドやホワイトチョコレートを散らし。
そしてもう1枚のスポンジ生地をのせ。
もう1度ホイップクリームを絞り、大好きないちごをのせて。
いちごの周りには、アーモンドやホワイトチョコレート、それからアラザンなどを散らし。
最後に星を飾り、ジンジャーブレッドマンを添えて、できあがり!


DSC_8159.jpg



DSC_8174.jpg



テーブル準備をととのえ、お茶の準備をしている間に、早く頬張りたい子どもたちの、再びのいちごソングなど。
そしていただきます!


DSC_8167.jpg


DSC_8177.jpg


DSC_8170.jpg

12月10日 ジンジャーブレッドマンツリーに、ベトナムコーヒーで〆る忘年会





ぐっと寒さが増し、12月らしさを感じる週末。
先日焼いたジンジャーブレッドマンクッキーの生地を少々残しておいたので、娘と。
スパイスの香りの余韻がいっぱい広がる教室キッチンにて。
毎年恒例、ジンジャーブレッドマンを袋詰めし、ツリーに飾り。


DSC_8111.jpg


DSC_8118.jpg


IMG_5447.jpg


DSC_8123.jpg


DSC_8126.jpg



この時期恒例、娘の保育園の展覧会へ。
子どもたちの作品の展示や、年長さんになると大物の木工作品まで。
今年は高尾山遠足の想い出から、子どもたちオリジナルの駅とそれからケーブルカー2台。
お友達とケーブルカーに乗ったり、お友達が乗ったケーブルカーをひいたり、そんな姿を眺めながら。
保育園生活もあと数か月かあ、としみじみ。


IMG_5299.jpg


IMG_5300.jpg


IMG_5317.jpg



ぐっと12月を感じる週末。
大学通りのライトアップを眺めながら、お店に到着。
教室の日曜日レッスンのみなさんにお声がけいただき。
大学通りの、「くにたち桜サイゴン」にての忘年会。
ランチには何度もうかがっているのだが、夜うかがうのは初めて。
みんなでずらり、貸し切りのカウンター越し、窓には大学通りのライトアップの眺め。


IMG_5328.jpg


IMG_5348.jpg


IMG_5336.jpg



みんなでカウンターを囲みながら、大いにおしゃべりしつつ、時にキッチンの手さばきを拝見しつつ、時に本気質問攻め。
以前ベトナム料理レッスン前にも彼女のもとへうかがい、あれこれレクチャーしていただいたこともあるのだが、改めて、彼女のお料理には感動。
味付けがとってもとっても洗練されていて、そしてとにかくひたむきに食材と向き合っている姿。
いつもながら、うっとりするほどのおいしさのゴイ(ベトナム風サラダ)には、日本人の口にほどよくミントと青じその香り。
そしてバインミーのバゲットも、お店オープン以来常により良いものを探し、今にたどり着いた、そんなエピソードも。
自家製レバーペーストになマスの風味がぴったり。
そして印象的だったのは、水餃子。
タピオカ粉を使った生地の、ツルッ、モチッとした食感の魅力。
最後に目の前で淹れていただくベトナムアイスコーヒーを楽しみながら、こうやって優しくてすてきなみなさんに囲まれるありがたさをしみじみ、しみじみ。


IMG_5338.jpg


IMG_5339.jpg


IMG_5342.jpg


IMG_5346.jpg


IMG_5345.jpg



12月を感じる週末。
みんなで近くの公園へ。
年賀状の写真撮り、という名目で。
毎年家の中の時計の下で撮影していたのだが、今回は、長男が私の背を超えた、ということで、たまには外で撮ってみよう、そんな流れで。
公園で子どもたちと一緒に駆け回り。
ぐっと12月を感じる週末となり。


IMG_5419.jpg


IMG_5439.jpg


プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR