fc2ブログ

2月29日 3.4月春の和モダンフレンチレッスン、スタートしました

DSC_1124.jpg


3.4月春の和モダンフレンチレッスンがスタートしました!
レッスン初日、みなさんからのうれしいお声がこぼれつつ、私自身からも思わず、「うわあ!!!」、と。
頭の中でのお皿のイメージはもちろん事前に広げつつも、実際のその眺めを体感する瞬間。
うれしいのは、事前のイメージを越える眺めに出会える瞬間。

テーブルには春爛漫の眺め。
これからご参加のみなさま、心よりお待ちしております!


DSC_1125.jpg


DSC_1099.jpg


今回のレッスンに向けて、あれこれ思案した1つが、イタリアのスパイスジャム、とでもいうべく、モスタルダ。
レッスンでは、お家での気軽に作っていただけるべく、とっても気軽なレシピに。
モスタルダ、実はリクエストいただくまで、お恥ずかしながら、知らなかった存在。
ここしばらく、モスタルダ、モスタルダ、と大騒ぎしていたら。
ありがたくもあちらからこちらからたくさんの、モスタルダヒントをいただき。
最後に、とってもお手間をおかけして×おかけして、差し入れいただいた1瓶がとっても印象的で!


DSC_1117.jpg


こちらは、日本の作り手さんの、グリーントマトのモスタルダ。
グリーントマトをベースに、辛みはマスタードではなく、唐辛子に、そしてしょうが!
ふわりとシナモンやクローブのスパイスの香り。
これはこれは。
スパイスでこっくりしつつ、トマトと唐辛子としょうがの、さわやかな辛みのまとめ方。


DSC_1115.jpg


爽やかな1皿に、と、イメージが広がり、広がり。
まずのさっそくは、いちごとほたてとチーズのサラダに。
甘い×軽やかな辛みが、絶妙にさわやかな引き立て役!
改めて、こうやって優しいみなさまに支えられて、そして成長させていただいているのだなあ、と、モスタルダ一件で、しみじみ。


DSC_1114.jpg


DSC_1116.jpg


ふと寒さを感じつつも、春は近づいている実感。
すっかり冬色になっていた玄関先の多肉リースも、大慌てで、春に向けてのメンテナンスなど。


DSC_1112.jpg


DSC_1110.jpg


いつもよりカラフルに、そしてセダムなどの小さなグリーンを多めに。
どこか思わせぶりな春のイメージ。


DSC_1111.jpg


DSC_1113.jpg


季節を感じる食材に支えられる日々。
心身ともに、とはまさによく言ったもので、特に春のほろ苦い食材のデトックス効果は、毎年毎年、この時期、身に染みて。
春のほろ苦い食材代表、ふきのとう。
みじん切りにして、ハーブ感覚で楽しむのも実におすすめ。


DSC_1118.jpg


とある日は。
ストックしていた牛すじのスープがあったので。
豆腐を少々、味付けは塩のみでシンプルに。
器に盛ってから、その場で刻んだふきのとうを散らして。
頬張った瞬間に、無条件に体が喜ぶ実感。


DSC_1120.jpg


DSC_1119.jpg


なんて、ふきのとうに魅力されているタイミング。
ご参加の生徒さんから、たくさんのふきのとうをいただき!
ふきのとう談議にも思わず花が咲き。


DSC_1142.jpg


スープもおすすめながら、これまたおすすめなのが、ごま油和え。
刻んだふきのとう、そのままにしておくと、切ったそばから空気に触れて酸化し、褐色化。

ということで、刻んだそばから、少々の塩とごま油でささっと和えて。
我が家では、ごはんにのせたり、豆腐にのせたり、刺身に合わせるのもおすすめ。
そのままちびちび、これまた上々。


DSC_1141.jpg


DSC_1143.jpg


季節の食材は、間違いなく、わがエネルギー。
広島産の、あまりに立派な牡蠣が届く、の巻。
我が家の牡蠣好きの中では、まずの初日は何にするかの牡蠣会議など。
満場一致の、カキフライ。
ああ、何度おいしい!!!、と声がこぼれたことか。
2日目は牡蠣グラタン。
そして、初日レッスンが終わった日の、夕方の、ご自愛用に。


DSC_1135.jpg


牡蠣のソテー うどを添えて。
年を重ねるごとに、牡蠣が大好きになりすぎていく実感。
頬張った瞬間の、香りを想像するまだまだ明るい夕方。
大好きな食材には、余計な手出しは失礼。
小麦粉をまぶして、ふわっとソテーした牡蠣にレモンを添えて。
あああ、今日もお疲れ様です。


DSC_1137.jpg


DSC_1136.jpg


スポンサーサイト



2月27日 ミニガトーショコラレッスンと、いちごに支えられる日々




2月キッズおやつ教室&ジュニアおりょうり教室が全日終了しました。
キッチンの風景を7アップしました。
チョコレートが恋しい2月は、みんなでミニガトーショコラ作り。


2402k02L.jpg


最終日は園児さん向けキッズレッスン。
春からは小学生!、のお子さんがほとんど。
みんなとにかくエネルギッシュ。
常に同時にみんなからの声掛けもエネルギッシュ!
レッスン中、対応待ち依頼、何度、「ちょっと待ってね。」、と、言ったことか。
思いついたことをその場で思いっきり言える、まぶしさも感じながら。

さあ、次回は、3月末から4月あたまあたりで開催予定の、春休みおやつ教室&おりょうり教室。
初めてのお子さま、単発でのご参加のお子さま、お友達同士でのご参加もぜひぜひ。
ただいま絶賛試作中、ご案内まで、もうしばしお待ちくださいませ!


DSC_1046.jpg


DSC_1048.jpg


2月キッズレッスンも然り。
毎年ながら、いちごの支えられているこの季節。
今週からスタートする3.4月レッスンに向けて、買い出しが始まり。
いつのレッスンになく、ドライフルーツやナッツなどの登場が多くなりそう。
買い出し帰りに、春休みおやつレッスンに向けて、あれこれイメージしていたら無性に頬張りたくなり。
あちらこちらで春のデニッシュなど。


DSC_1059.jpg


デニッシュ生地×カスタードクリーム×いちご、の無敵感。
そして食べ比べると感じること、あれこれ。
そしていちごぢから。


DSC_1061.jpg


DSC_1063.jpg


いちごに支えられる日々。
今週からスタートする、和モダンフレンチレッスンに向けて。
さっと焼いたステーキに添えるべく、いちごのモスタルダ風。
おいしさはもちろん、お皿の上での演出力。


DSC_1056.jpg


そして合わせるソースもう1種がようやくまとまり。
リクエストいただいている、ナッツオイルを生かしたソース。
いやはや、これは何につけても美味なり、です。


DSC_1055.jpg


DSC_1058.jpg


いちごに支えられる日々。
牛すじ煮込みに必須、地場の大根を買いに行きがてら、maikaさんへおやつを買いに。
お目当ての、ストロベリージャムサンドマフィンなどなど。


DSC_1012.jpg


さっそく、抹茶アールグレイと合わせて、ふわっと、1人お茶じかん。
優しい甘さのいちごジャムにこちらも優しいバタークリームの相性たるや。
ふと、中学高校時代の、学校で注文する、ジャムサンド食パンの記憶がフラッシュバック。
地元のパン屋さんの、ふわふわっとなめらかな食パン2枚の間にいちごジャム×バター。
本当に大好きだったなあ。
思いがけず、10代の記憶が蘇るとは。
食の記憶。


DSC_1021.jpg


DSC_1013.jpg


いちごの春色に、思わず心浮き。
3.4月春レッスンに向けて、春モビールの準備など。
春色を合わせた折り紙を使って。
昨年の春レッスンでも作ったものを、再度。


DSC_1036.jpg


DSC_1043.jpg


1つ作るとついついもう1つ、もう2つ。
手が止まらなくなる、手しごとの楽しさ。
さあ、数は足りそうなので、糸で留めて。
春色レッスンの、演出役となりますように。


DSC_1041.jpg


DSC_1045.jpg

2月26日 今年もジップロック手前味噌仕込みと、雨の日の金継ぎ




大寒はだいぶ過ぎつつも、先日の初夏のような暑さは、ああ、やっぱり勘違いですよね、そんな3連休。
材料は調達しつつも、何とか子どもたちと・・、そんなタイミング見計らっていたところ。
毎年恒例の、季節しごと、ジップロック手前味噌仕込み。


DSC_1015.jpg


DSC_1019.jpg


我が家は平日毎朝の味噌汁+週末朝にはたっぷりの豚汁、ということで、自家製ですべて賄うのは難しい日々。
ということで1年に1度のこの時期は、味噌仕込み感覚を満喫すべく、戻したりゆでたり、つぶしたり、の工程を、追われることなく、ただただ楽しめる分量での仕込みにして、ここ何年になるだろう。
こういう、季節の手しごとを、子どもたちも一緒に楽しんでくれるのも、すっかりのカウントダウン。
今年はなんとか、いけそう!
朝一の下準備を仕込んで。


IMG_0353.jpg



IMG_0350.jpg


手軽に、気楽に作ることができるように、少量の仕込み。

大豆またはひよこ豆(乾燥)・・・・・・・・・500g
米麴・・・・・・・・・・・・・・・500g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・200g

① 大豆やひよこ豆を一晩水につけて、戻す。
② 豆がやわらかくなるまでゆでる。
③ 米麴と塩を混ぜ合わせる。
④ フードプロセッサーで豆を細かくする。
⑤ ③と④を混ぜ合わせる。
⑥ ジップロックに詰めて、できあがり!お家の中の涼しいところに置きましょう。
  ジップロックは二重にするのがおすすめ。発酵してくると、香りも強く、液漏れすることもあるので。
おいしくなりますように。


DSC_1025.jpg


ふと試作に想いを馳せて、思い立って久しぶりの、大東京綜合卸売センターへ。
少し前の、アジアンリサーチからの、ハーブ調達にうずうず。
アジアンミールへ。


IMG_0331.jpg


IMG_0330.jpg


連休中ということもあったのか、市場全体に、活気があり。
さっそくの、こぶみかんやレモングラス、バタフライピーなどを買い込み。
それから今夜の、ご近所さんとの集まり用に、貝や魚も調達。


IMG_0332.jpg


IMG_0333.jpg


さあ、帰ろう、と思ったら、小さな骨董市の旗。
ふらりと立ち寄れば、時々開催している、とのこと。
今回はじっくり眺める時間が取れず、だったので次回はタイミングを合わせて、の参戦予定。


IMG_0339.jpg


IMG_0336.jpg


IMG_0341.jpg


仲良しのご近所さんと夕方前から我が家で。
春のお料理をいくつか。

うどとのらぼうには、玉みそと、それから醤油麹ナッツオイルを添えて。
うどはスティック状に大ぶりにカットし、生のままそのまま。
頬張った瞬間に広がる、春の香り。


DSC_1011.jpg


そして、フリッジのふきのとう和え。
ゆでたてのフリッジと菜の花にマヨネーズと生クリームを加え、さっと和え。
仕上げに、刻みたてのふきのとうをふんだんに加えて。
ふきのとうのほろ苦い風味に全体が包まれて。
そしていつもの、いちごときんかんのフルーツサラダなど。


DSC_1005.jpg


DSC_1007.jpg


玄関先の七輪で、あれこれ焼きながら。
いつもようにたくさん食べて、たくさん飲んで、そしてたくさん笑って。


IMG_0342.jpg


寒い寒い雨の日。
外の雨景色を眺めつつ。
ここしばらくやりたくてうずうずしていた、金継ぎなど。
先日、金継ぎ用に調達した赤絵のなます皿たちや、レッスンで欠けてしまった器などいくつかをまとめて。


DSC_0979.jpg


DSC_0980.jpg


相変わらずの、慣れない手つき。
仕上がりも素人感満載、ながらも、金継ぎされた器たちの、また新しい表情がたまらなくて。
さあ、日々使っていこう。


DSC_0982.jpg


DSC_0978.jpg


外の雨景色を眺めつつ。
玄関先に飾っているリースのメンテナンスなど。
先週買ってきた淡いピンク色のスターチスをドライにして、春向けに。
と、隣では娘が、箱詰めドライフラワーのリメイクなど。
こちら、定期的にアレンジして、教室キッチンに飾っているもの。


DSC_1029.jpg


DSC_1031.jpg


こんな寒い雨の日、ということもあったからか、リースはやけにラブリーな仕上がりになった印象だが、まあ春に向けて、よしとすることに。

DSC_1033.jpg


DSC_1027.jpg


2月22日 1.2月レッスン全日終了しました&モスタルダ食べ比べ




1.2月真冬のあったか台湾茶アフタヌーンティーレッスンが全日終了しました!
楽しみにご参加くださったみなさま、心よりありがとうございます。
あ~、終わっちゃったあ。
毎度ながらのレッスンロスに包まれて。


240106Ljpg.jpg
キッチンの風景」にて、アップしました。
今回も我ながらのお気に入りレシピ揃い。
そしてついついご紹介したいレシピがあれもこれも、と品数も年を増すごとに多くなり。
みなさん、ぜひぜひお気に入りを1品2品での復習でお楽しみいただければ幸いです。


240103Ljpg.jpg


240104Ljpg.jpg


さあ、ふわっと一休みして。
2年ぶりの台湾茶レッスンを終えて、改めて、台湾茶に惹かれる実感。
お茶を淹れているひとときから、そして口へ運んだ瞬間に、ふわあと心が緩み、舞う感覚に、すっかりの虜に。
そんなタイミングに。
西荻にある、大好きな、オーガニックジャスミン茶専門店「サウスアベニュー」のジャスミン茶をいただき。


新しい茶葉を調達に行きたいなあと思いつつ、行けずにいたタイミングに、のありがたさ!
さっそくのジャスミン茶飲み比べのひととき。
2種。
針王と小針
まずの針王。
春一番に芽吹く旨みの多い新芽のみを手摘みし緑茶に仕上げ、最も気温の上がる7月に咲くジャスミン花(一番濃厚な香りがする季節)で7回香りづけしたもの。
そして、小針は、針王の二番茶。
針王の芽を摘んだ後に出てくる、次の新芽の手摘みに、5回香りづけ。
この時期恒例、大の苦手な事務仕事の、心のよりどころに。


DSC_0940.jpg


いただきもののすてきなチョコレートと合わせて。
針王は圧巻の、華やかな香りと風味。
まるで、うっとりほろ酔いになるくらいに。
そして小針はそんなバランスがほどよく。
華やかな香りにうっとりしつつ、お茶のコクも楽しむ心地よさ。


DSC_0939.jpg


1.2月レッスンのアフタヌーンスイーツ盛り合わせに大活躍した台湾茶が、鉄観音茶。
こっくりとした深煎りのコクが魅力。
1.2月レッスンでは、湯圓のシロップに、台湾カステラのフレーバーに大・大活躍。
最終日レッスン後、その香りの余韻に浸るべく。


DSC_0970.jpg


今回のレッスン前にいただいた鉄観音茶があまりにおいしくて。
そこから一気に魅力された、鉄観音茶。
気まぐれ朝食用に時々焼くスコーンに、鉄観音茶葉を加えて。
オーブンからの、ほどなくのこっくりとした香り。


DSC_0969.jpg


DSC_0966.jpg


さあ、来週からは、3.4月春の和モダンフレンチレッスン。
大皿盛り合わせに登場予定の、ミニステーキには2種のソースを添えて。
ということで、ここしばらくはほどよいステーキ肉選びあれこれ、あれこれ。
ようやくめどが立ったところ。
合わせる2種のソースのうちの1つは、リクエストいただいていた、ジャムとマスタードの融合、モスタルダ。
なかなか調達できず!、と大騒ぎしていたら、レッスンご参加の方々から、ありがたすぎるサポートをあちらからもこちらからも。
改めて、ご参加くださるみなさまに支えられて、の、わが身なのだなあと、しみじみ、しみじみ。

とある日には、ずうずうしくもご調達の数種のモスタルダをシェアさせていただき。
さっそく、自家製いちごのモスタルダと、ナッツオイルと合わせて。


DSC_0973.jpg


モスタルダ食べ比べ。
①先日調達した、マルメロのモスタルダ
 大ぶりにスライスした西洋かりんのコクに粉マスタードの、きりり、きりりっとしたシャープな辛み。
②シェアしていただいた1つ いちじくのモスタルダ
 ①と同じメーカーの、シングルオリジンなモスタルダ。きりりとした粉マスタードに、こっくりとしたいちじく。
③シェアしていただいた1つ ぶどうのモスタルダ
 伝統的なモスタルダ。ぶどうの砂糖漬けの上澄みだけに、マルメロや洋なし、いちじくなどのフルーツ、さらにくるみなどの
ナッツ、そしてクローブなどスパイスを加えた、伝統的なモスタルダ。
④絶賛試作中の、いちごのモスタルダ。
⑤こちらも絶賛試作中の、醤油麹ナッツオイル


一言にもスタルダ、といっても、味わいはまさにそれぞれ。
まったくの別物。
伝統的な③ぶどうベースは、フルーティー、というよりも、コクやうまみの凝縮。
ワンオリジンのモスタルダは③とはまったくの対象的、それぞれのフルーツの魅力が引き出され。
ということで、いちじくには目がない私好み、②にはもちろんの、うっとり。
そして、みなさんからいただいた情報をもとに、より気軽に、そして活用量を求めて。
まだまだこうやって未知の食材や調味料を探求できる日々に、心から感謝して。
そしてその感謝をみなさんに還元したい一心!
お楽しみに!!!


DSC_0972.jpg


DSC_0974.jpg


あたたかな空気から一転、まだまだ真冬を実感する数日。
真冬の小雨。
買い出し前のひと散歩。

ふわっと、あああ、早春の香り。
開花のタイミングを心待ちにしつつ、少々見逃した感。
大好きな沈丁花の花があちらこちらでほころび始め。
花に顔を寄せると、今だに胸がきゅんきゅんきゅんとする香りに包まれて。
雨に滴る眺めもこれまた趣あり。


IMG_0296.jpg


IMG_0305.jpg


そして、早咲きの桜の、しっとりした眺めも、これまた美しく、お礼をお伝えしたくなるほど。


IMG_0299.jpg


IMG_0301.jpg


そして、あちらこちらに菜の花も咲きほころび。
早春のしっとりとした眺めに心奪われ。


IMG_0298.jpg


IMG_0295.jpg

2月20日 ガトーショコラずらりと、ナッツボール、ホーリーバジルにこぶみかんの香り




春を通り越した、そんな時期の空気感に包まれる週明け。
すっかりの春気分に心奪われそうになりつつも、まだまだ2月下旬の頃。
バレンタインは過ぎたものの、もうしばらく、チョコレートの余韻を楽しみたい、そんな季節、のはず。


DSC_0937.jpg


ということで、今週のジュニアレッスンは、リクエストもいただき、バレンタインの余韻、ミニガトーショコラ。
ここ数年は、みんなで一緒に大きなボウルで、の作業から、1人ずつ最初から最最後まで、そんな作業へすっかりの移行。
混ぜる、混ぜる、ひたすら混ぜる。
まずは卵黄と砂糖をとろりとするまで混ぜて、そこへ粉とココアを加え。
そしてチョコレートとバターを加え。
最後に、ゆっくり、を意識して、と何度も声掛けしつつ。
ふわふわのメレンゲを加えて、混ぜ。
「混ぜる」と一言で言っても、その混ぜ方はそのシーンそのシーンに異なり。
ここではぐるぐる、ここではゆっくり大きく、練らないようにね、「混ぜる」あれこれを体感してもらえたはず。


DSC_0916.jpg


DSC_0959.jpg


焼き上がりを待ちながら、リボンの準備など。
そしてほどなく焼き上がったガトーショコラにトッピングあれこれをのせて。


DSC_0961.jpg


DSC_0918.jpg


DSC_0914.jpg


さあ、早いもので、次回は、春休みおやつ教室&おりょうり教室。
まだまだノープラン!、なので、リクエストなどあればぜひぜひ。
春休みは、単発でのご参加もぜひぜひご案内しますので、ご興味ある方は、ご案内までもうしばらくお待ちくださいませ!


来週からの3.4月レッスンに向けて、試作も大詰め。
スイーツ盛り合わせの1つは、リクエストいただいていた、ナッツとベリーの一品。
試作では型に詰めて、包丁でスクエアに切り分けて、と思案していたところ。


DSC_0946.jpg


ふとレシピをまとめ上げる段になって、3.4月レッスンのお菓子がすべてスクエアものになりそうだったところ。
型が多くなるのもNGだし、仕上げのカットが多くなるものNG、ということで。
こちらは気軽に丸めるナッツボールタイプにしようかと。
ぐっと気軽で上々。


DSC_0949.jpg


DSC_0950.jpg


すっかりのあたたかさ。
あっ、見に行きそびれていた!
散歩ついでに、近所のふきのとうスポットへ。
ここしばらくで、一気に芽吹き。
少々、ほころび始めているものも。
摘んだ瞬間の、春爛漫の、青い青い香り。


DSC_0932.jpg


平日はなかなか家族みんなの食事のタイミングが合わないので、天ぷらはまたのお楽しみに。
今夜は、我が家定番の、ふきのとう香るショートパスタサラダに。
ショートパスタと春野菜をさっとゆでて。
ゆでたてにマヨネーズと生クリーム。


DSC_0941.jpg


そして切りたてのふきのとうをたっぷり加えて。
前もって切ると、切ったそばから褐色化するので、混ぜるタイミングで。
和えた瞬間に、春の香り全開。
ほろ苦い香りに、体が無条件に反応する心地よさ。


DSC_0942.jpg


DSC_0933.jpg


レッスンの合間に。
免許更新を済ませ。
帰り道、やや湿気を感じるあたたかい空気の中、お店の前を通ったら、ふわっと魅惑の香り。

カオマンガイバザールakariへ。

思わず店内に入ると、炊きあがったジャスミンライスの香りと、ココナッツやナンプラーの香りに包まれて。
この時期でも珍しい、湿気を含んだ空気感も相乗したのか、一瞬にして、昔訪れたタイのごはんやさんの香りの記憶が見事にフラッシュバック。
あまりに時を経ているのに、体のどこかにその香りの記憶。
もちろん、立ち寄る、の流れ。
この時期なのに、心地よさそうなので、テラス席にて。
遠い昔のタイの、ライステラスを想い出しつつ。


IMG_0274.jpg


IMG_0270.jpg


ソムタムサラダがたっぷりのった、辛みのしっかりと効いたソムタムごはん。
目玉焼きを崩しつつ、ビュッフェのおかずと合わせつつ。
グリーンカレーの甘いココナッツの風味に救われ。
そして爽やかに体が喜んだのは、ラープ。
ほろほろのひき肉に、フレッシュのホーリーバジルと、そして千切りのこぶみかんの、圧巻の存在感。
ああ、体が欲する香り。
真冬のはずのこの時期に、しっとりとしたアジアンの空気感と香りの記憶。


IMG_0266.jpg


IMG_0271.jpg

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR