FC2ブログ

4月9日 4月レッスンお休みのおしらせと、いちご白玉

DSC_5660.jpg


*おしらせ*
先日の緊急事態宣言を受けまして、改めて、4月いっぱいのレッスンをお休みとさせていただきます。
楽しみにしてくださっているみなさま、間近でのおしらせとなり、たいへん申し訳ありません。
和食レッスン、ということで、私自身も大好きなメニュー揃い、そしてご参加予定のみなさまにもぜひぜひお伝えしたいレシピ揃いです。状況が落ち着きましたら、振替レッスンとして、季節や食材を変えながらご案内させていただければ、と思います。
状況をみつつ、追ってご案内させていただきます。

レッスンはなしとなりますが、こんなときだからこそ、「食」を通して私自身ができることを模索しながら、日々の生活を丁寧に過ごしていくことができれば、と。
ふと思えば、家族みんながこんなにもずっとずっと一緒に過ごすことは、今までもなかったし、そしてこれからもきっとないはず。
大騒ぎ過ぎて、夕方くらいからはぐったり、の毎日ですが、そんなこんなで気が沈む間もないことはありがたいというべき。
きっとこの先、想い出すこともあるはず。



先日のいちごのフルーツサンドに続き、やっぱり愛らしいいちごを使って、和スイーツに。
いちご白玉。頬張るとふわあといちごの香りと酸味が広がり、なんとも爽やか。
小豆がなくても、黒蜜やきなこでぐっと和のおいしさに。


<いちご白玉>

DSC_5659.jpg

*材料*
 白玉粉・・・・・・・・50g
 いちご・・・・・・・・50g

 黒蜜やきなこ
 アイスクリーム

DSC_5639.jpg


*作り方*
① 白玉粉に細かく刻んたいちごを加え、手でつぶしながらこねる。


DSC_5643.jpg


DSC_5644.jpg


② 1つにまとまったら、お好みの大きさに分けて丸める。
  今回は、白玉粉に水同量の水を加えたプレーン白玉も。

DSC_5648.jpg


③ 鍋に湯を沸かし、②をゆでる。完全に浮き上がったら氷水に入れて冷ます。

DSC_5652.jpg


DSC_5655.jpg


④ 器に、白玉、アイスクリームを盛り、お好みできなこや黒蜜をかける。


DSC_5660.jpg


さあ、もう少し先になりそうな次のレッスンに向けて。
じっくりじっくり試作もできるというもの。


DSC_5666.jpg


DSC_5410.jpg


店舗休業も次々と。
近所のとある焼き鳥屋さんのシャッターには、1か月ほど旅に出ます、そんな張り紙も。
大急ぎで、近所のクロスステッチのお店に刺繍糸を買いに行き。

戸惑いが続く日々の中でも、暮らしは続き。
今は、静かに、でも凛として、日々の暮らしを続けていくこと。


DSC_5668.jpg
スポンサーサイト



4月7日 新年度キッズおやつ教室 募集のご案内と、いちごのフルーツサンド

DSC_5609.jpg


*おしらせ*
*新年度キッズおやつ教室 募集のご案内*

新年度園児さん向けおやつ教室が5月からスタートします。
〇募集人数 4名
〇対象    4歳児(年中さん)~5歳児(年長さん) 3歳児(年少さん)については、ご相談くださいませ。
〇日時    毎月第4月曜日
        15:15~16:30くらい
〇レッスン代 1600円

新年度は今のところは5月25日からのスタートを予定しております。
この頃には落ち着いた日々となっていることを心より願って。
ご興味ある方はお気軽にお声がけくださいませ!

小学生向けジュニアおりょうり教室は、継続の方で満席となっているため、新年度の募集はありません。また夏休みなどの単発レッスンのご案内をさせていただきますので、ご了承くださいませ。

ついこの間まで開催していた春休みおやつ教室やおりょうり教室が、なんだか遠い昔のことのよう。いつも賑やかな教室キッチンが静かすぎる日々が続き。1日も早く、いつもの日々が戻りますように。


さて、お家おやつレシピのご紹介。
切り口を眺めているだけでうれしくなるような。
フルーツサンド。
一見カットするのが難しそうに見えるのですが、こちらのレシピには生クリームとそれからマスカルポーネチーズが入るので、クリームにほどよく固さがあり、カットもぐっとしやすく。
お家おやつにぜひぜひ!


<いちごのフルーツサンド>

DSC_5605.jpg


*材料* 8カット分
いちご・・・・・・・・・・・・・・・・・10粒
Aマスカルポーネチーズ・・・50cc
 生クリーム・・・・・・・・・・・・50cc
 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ2
サンドイッチ用食パン・・・・4枚

DSC_5590.jpg

*作り方*
① ボウルにAを入れ、泡立て器で角が立つまで泡立てる。

DSC_5591.jpg

② 食パン4枚に①をたっぷりぬる。

DSC_5592.jpg

③ ②の2枚にいちごを5個寝かせて並べる。

DSC_5594.jpg

④ 残りのパンをのせて挟む。

DSC_5595.jpg

⑤ ラップでぴっちり包み、冷蔵庫で30分ほど冷やしてから、4等分の三角形に切る。

DSC_5597.jpg

DSC_5598.jpg

DSC_5602.jpg


包丁でカットするときのコツは、包丁の入れ方。
まずは包丁をたててを中央に切り込みを入れてから、その後、包丁を寝かせて。
クリームにもほどよく固さがあるので、カットしやすいです。


DSC_5600.jpg


DSC_5601.jpg


DSC_5610.jpg


朝早めの公園へ。
春から新緑に季節へ少しずつ向かう頃。
花から、そして新緑から励まされる日々。


IMG_5449.jpg


IMG_5472.jpg


IMG_5434.jpg


先日、運よくおすそ分けをオーダーさせていただき。
エジプト塩などを作られる、料理家、たかはしよしこさんのデリをいただくことができ。
スパイスやナッツがふんだんに入っているエジプト塩は以前いただいたことがあるのだが、たかはしさんのお料理やスイーツをいただくのは初めて。
ありがたくも、対話するように1つ1つ楽しませていただき。


DSC_5588.jpg


もちろん、お料理にはすべてスパイスの香りがふんだんに。
印象的だったのは、ひじきや切り干し大根、たくわんなどとスパイスの取り合わせ。
ふわりと香り、がらりと印象が変化するおもしろさ。
そしてキャロットケーキのクリームにも、クミンやコリアンダーなどのスパイスの香りがとっても魅惑的で。
スパイスの余韻が続くこと、しばし。


DSC_5586.jpg


週末は、またまたチクチク、チクチク。
季節の刺繍ブローチ。
初夏から夏へ。
さくらんぼに、夏野菜のきゅうりに、それからトマト。
以前に比べて、だいぶ手先も慣れてきたようで、1つが仕上がる時間も以前よりだいぶ早くなり、ついついもう1つ、もう1つ。
チクチク、チクチク。
どうか、この刺繍ブローチをつけるころには、穏やかな日々となっていますように。


DSC_5624.jpg


DSC_5623.jpg


4月3日 4月12日までのレッスンについて




*おしらせ①*
新型コロナウイルスの拡大のため、4月12日までのレッスンはお休みとさせていただきます。
ご連絡が間際になり、たいへん申し訳ありません。
1日1日変わりゆく状況の中、どうご案内すべきか、なかなか決断がつかず、を繰り返す日々。
と、とある報道番組のキャスターのことば、このような状況下なのだから、その都度のきちんとした思案の上で、朝令暮改での訂正、でもよいのでは、と。そのことばには、私自身も救われるような。
13日以降のレッスンにつきましては、状況をみつつ、追ってご案内させていただきます。
まずはこれ以上の感染拡大を防ぐために、小さな1人としてできること。

*おしらせ②*
本日、キッズおやつ教室とジュニアおりょうり教室にご参加のみなさまへ、新年度のご案内メールをしました。
届いていない方などありましたらご連絡くださいませ。
なお、ご新規のご案内はしばしお待ちください。
継続の方のご案内後、空きがあれば、ご案内させていただきます。


*おしらせ③*
多摩エリアの不動産会社「藤和ハウス」さまの広報誌「AMITY」にて、おべんとうやレッスン風景についてご紹介いただいています。
晴れ晴れと新学期や新年度スタート、とは状況が異なりますが、おべんとう新生活がスタートする方も多いはず。
また、今だからこそおべんとう生活の方も。
お家じかんでのリフレッシュに、初めてのレシピに挑戦する、というのもおすすめ。


DSC_5575.jpg


DSC_5578.jpg


DSC_5583.jpg


ご紹介しているものの1つは、おにぎらず。
1枚切りののりの中央にごはんを広げ、その上に具材を重ねていき。
最後にもう1度ごはんをのせて、のりで包み。
ラップできつめに包んでしばし。
のりがほどよくなじんだころに、半分にカットすれば、魅惑的な切り口。


DSC_5308.jpg


つい先日作ったおにぎらず。
ハム&チーズ&ミニトマト&グリーンリーフ
しゃけほぐし&チーズ&グリーンリーフ
生ハム&アボカド&チーズ&グリーンリーフ
前日の残りのキーマカレー&チーズ&ミニトマト&グリーンリーフ


DSC_5323.jpg


手軽な材料をふんだんに包むことができるので、満足感もあり。
ごはんに合いそうな具材であれば、バリエーションも幅広く。
テーブルに具材あれこれを並べて、手巻き寿司感覚で、みんなで、それぞれに包みながら、頬張る、のもおすすめ。
長引くお家じかん、ちょっとしたおいしい気分転換になりますように。


DSC_5557.jpg


3.4月レッスンの先行きを案じつつ、なんだか遠い遠い先のように感じる次のレッスンに向けて。
リクエストいただているパイナップルサンド。
台湾スイーツ、パイナップルケーキの変化球で、パイナップルケーキとレーズンバターサンドのいいことろ取り、といったところ。
それから、クッキー遊びのリクエストもいただいており。
試作をするときはいつもながら心躍り。
そんなひとときがこんなにもありがたく感じる日々。
1日も早く落ち着いた日々となりますように、そしてみなさんとのキッチンじかんを心待ちにして。


DSC_5564.jpg


IMG_5391.jpg

4月3日 春休みおやつ教室&おりょうり教室、終了しました

DSC_5506.jpg




DSC_5440.jpg


ホームページ「キッチンの風景」をアップしました。
春休みおやつ教室&おりょうり教室が全日、無事に終了しました。
このような中、お天気が悪い日もありつつ、ご参加くださった元気いっぱいなみなさま、ありがとうございました。
それから、心配ごとが絶えない日々、泣く泣くキャンセルされたみなさま、まだまだこれからもたくさんご案内させていただきますので、またのご参加を心よりお待ちしております。

春休みおやつ教室は、みんなで「春色フレンチトースト」。


DSC_5443.jpg


DSC_5494.jpg


春休みおりょうり教室は、みんなで「具だくさんサンドイッチ」。


DSC_5142.jpg

DSC_5431.jpg


DSC_5455.jpg


DSC_5501.jpg


DSC_5506.jpg


フレンチトーストも、具だくさんサンドイッチも、手軽な材料でできるのが魅力。
特にフレンチトーストは、食パンに卵、牛乳、砂糖で、ふわっふわのできたておやつを楽しむことができ。
甘さ控えめの卵液なので、目玉焼きソーセージなどを添えれば、軽食にもぴったり。
長い長いお家じかんのリフレッシュにも、ぜひ。
春休みレッスンのご参加くださったみなさんも、ぜひぜひ復習のヒントになりますように。

フレンチトースト。
子どもの頃、大、大、大好きなおやつの1つだった記憶。
母からは、自分が考えたおやつなの、と聞かされていて、小さいながらに母ってすごいなあ、と尊敬の念。
だいぶ、だいぶ後ほど、お菓子の本か何かで、それはフレンチトースト、というきちんとレシピのあるものだったと知り、密かにショックを受けた記憶。
フレンチトーストを焼くたびに、その記憶がちらりと蘇るような。


<フレンチトースト>

DSC_5530.jpg

*材料* 2人分
食パン・・・・・・・・2枚
卵・・・・・・・・・・・・・1個
牛乳・・・・・・・・・・150cc
砂糖・・・・・・・・小さじ1

オリーブ油・・・・少々
バター・・・・・・・少々
お好みで生クリームや粉糖やはちみつ

DSC_5520.jpg

*作り方*
①ボウルに卵を入れて、よく溶き、牛乳、砂糖を加えて混ぜる。

DSC_5521.jpg

②食べやすい大きさに切り分けた食パンを①に10分ほど浸す。

DSC_5522.jpg

③フライパンに薄く油をひき、②を並べ入れ、両面こんがり焼く。

DSC_5524.jpg

④皿に③を盛り、薄くスライスしたバターをのせる。

DSC_5525.jpg

⑤お好みで緩めにホイップしたバターや粉糖、はちみつなどをかける。

DSC_5530.jpg


長い長い春休み。
今年は立ち寄り忘れていた、と少し遠回りをして。
まだまだ、あった、あった!
あちにもこっちにもつくし、つくし、つくし。


IMG_5397.jpg


子どもたちと摘んだら、あっという間にハンカチに包み切れないほどに。


DSC_5555.jpg


さっそく、せっせとはかまをとって、今日はつくしとのらぼうとスナップエンドウにきんぴらに。
そうそう、このほろ苦さ、今年も無事、口に運ぶことができたこと。


DSC_5571.jpg


DSC_5572.jpg

4月1日 春色フレンチトーストと具だくさんサンドイッチ

DSC_5479.jpg


春休みおやつ教室&おりょうり教室は、通常とはいろいろとスタイルを変えて、の開催。
手洗いうがいマスクはもちろん、子どもたちのお席も普段より間隔をあけて。
それから作業についても、みんなで一緒に、の作業はなしとし、すべて、1人ずつ、の作業とし。
レッスン中も窓は開けっぱなし。
そして、いただきます、のタイミング、通常では保護者の方にもキッチンに入っていただくのだが、今回はキッチン越しのデッキからご見学いただくスタイルに。

そんなこちらの気苦労の労を吹き飛ばしてくれるような、いつもとまったく変わらない子どもたち。
午前①はおやつ教室。
みんなで夢中になって、チョコペンじかんなど。


DSC_5435.jpg


DSC_5436.jpg


焼き立てのフレンチトーストにほんのちょっぴりのバターをのせて。
それから自分好みのトッピング。
ずらりと並んだ「春色フレンチトースト」。


DSC_5440.jpg


DSC_5441.jpg

そして窓際での記念撮影などなど。


DSC_5446.jpg


続いては午前②、春休みおりょうり教室。


DSC_5433.jpg


DSC_5453.jpg


こちらは、もともとはお弁当レッスンの予定だったのだが、1人ずつ作ることのできる「具だくさんサンドイッチ」にメニュー変更し。
お弁当もおすすめ一押しメニュー揃いだったので、またの機会での登場待ち、ということで。

具だくさんサンドイッチ。
まずは、具材選びから。
今日はみんなすべての野菜や具材が大好き、または大丈夫な子どもたちばかりだったので、1人ずつの具材のお皿は山盛りに。

そして、さあ、みんなで同時進行で、具だくさんサンドイッチ作り。


DSC_5458.jpg


具だくさんサンドイッチ、これでもかというくらいにたっぷりの具材を、これでもかというくらいにどっさり盛り重ねていくので、子どもたちの大盛り上がり。
「もう無理無理!、これ以上のらないよ!」、
「トマトがすべりおちる~!」、とか。
それでも有無を言わさず盛り重ね、最後にチーズで覆い、その上からもう1枚のパンをかぶせ。

春休み中にもさっそくお家で復習できるように、カットも子どもたちが1人ずつ順番に。
切り口をみたときのそれはそれはうれしそうな表情。

DSC_5469.jpg


DSC_5465.jpg


レッスン後に、「春休み唯一の楽しみなイベントでした!」、などのご連絡もいただき。
どんな時でも楽しそうな子どもたちに励まされるような。
春休みの想い出となりますように。
今日もう1日開催の、春休みおやつ教室&おりょうり教室。
ご参加の元気いっぱいなみなさま、お待ちしております。


DSC_5476.jpg


桜雪からの週明け。
用事がてらのサイクリングでは、雪だるまと桜の眺めは生まれて初めて。
初めてのことが起こり続ける日々。


IMG_5356.jpg


IMG_5332.jpg


IMG_5350.jpg


IMG_5327.jpg


IMG_5328.jpg

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR