FC2ブログ

12月4日 シュトーレンのじかん、スタートしました

DSC_1256.jpg


*おしらせ*
シュトーレン食べ比べセット 動画レシピ付きは、ご予約いっぱいになりましたので、締め切らせていただきます。
ご注文くださったみなさな、発送&お渡しまでもうしばらくお待ちくださいませ!


DSC_1199.jpg


12月イベントレッスン「シュトーレンのじかん」がスタートしました。
オーブンからのスパイスの余韻は、レッスン後ずっと続き。
教室キッチンに入るたびに、「ああ~、いい香り~」と、何度つぶやいていることか。
毎年恒例のシュトーレンレッスン、この香りの余韻も、すっかり、私にとって、クリスマス気分を大満喫する、密かなお楽しみとなり。


DSC_1212.jpg


初めてご参加の方あり、シュトーレンレッスンが数回目の方あり、それからそれから、今日が人生で初めてのお菓子作りだ、という方もあり!
今年は、通年よりもご参加人数をぐっと減らし、お席にも間隔を空けて、の開催。
いつもはみんなで丸くなって、たくさんの種類のフィリングとにらめっこ、だったひとときも2スペースに分けて、などなど。

人数が少なくなったからこそ、ということで。
今年はシュトーレン生地にお好みでフレーバーをつけていくチョイスも。
スパイス香りベーシックはもちろん、アールグレイ紅茶風味、抹茶風味、そしてココア風味。
初日は午前、午後共に、予想以上にアールグレイが人気、という結果に。
ずらりと並ぶシュトーレン生地に、色合いが。
こんな眺めも、今年ならでは。


DSC_1228.jpg


そしてお楽しみのフィリング選び。
今年は例年よりやや多い、12種類。
みなさんにじっくりお悩みいただきます!
即席ラム酒漬けも数種類、などなど。
お好みの4種をえらんでいただき。
それにしても、たっぷりのフィリング。


DSC_1161.jpg


DSC_1215.jpg


たっぷりのフィリングをシュトーレン生地に包みこむべく。
まずはデモンストレーションで生地の成型をみていただき、それからみなさん一斉に。
選ぶ生地によって、そして選ぶフィリングによって、まったく違うおいしさが生まれる、魅惑のシュトーレン。


DSC_1233.jpg


DSC_1234.jpg


DSC_1218.jpg


これからご参加のみなさま、心よりお待ちしております。
すてきなクリスマスのひとときとなりますように。


DSC_1247.jpg


DSC_1252.jpg

スポンサーサイト



12月2日 シュトーレンのじかん、キャンセルご案内

DSC_1161.jpg


*キャンセルご案内*
12月4日金曜日13時からのシュトーレンレッスンに1名キャンセル出ました。
間近でのご案内となりますが、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。


■12月4日(金) □13:00~ 

2時間ほどのレッスンとなります。
◇レッスン代 3500円(ご自分で焼いたシュトーレン1本お持ち帰り&ご試食とお飲物付き)
◇持ち物   エプロン、筆記用具

今年は、例年より1レッスンでのご参加人数を減らしてのご案内となります。
そして、今年は、ベーシックシュトーレンに加え、ココア風味、アールグレイ風味、抹茶風味など、お好みのフレーバーを加えた生地をお選びいただくことのできるスタイルを予定しています。
さらに、お好みのフィリングを加えて、シュトーレンをお一人1本ずつ焼きます。
オーブンからのシュトーレンの香りと一緒に、シュトーレンご試食とクリスマスのお茶じかんもお楽しみいただきます。
焼き上がったシュトーレンはラッピングしてお持ち帰りいただきます。


DSC_1159.jpg


明日からスタートする12月イベントレッスン「シュトーレンのじかん」に向けて。
まずは、一気に、即席ラム酒漬けから。
今年は、ラムレーズンに加えて、クランベリーのラム酒漬け、甘栗のラム酒漬けも。
いざ使おう、というタイミングで仕込むことができるのが魅力の、即席ラム酒漬け。

そしてさっそく、ご試食用のシュトーレンのフィリングに。
オーブンから広がる、うっとりするようなスパイスの香り。

今年も、「AKI FLOWERS」さんにお願いしたクリスマスのグリーンものと実ものも無事キッチンに並び。
スパイスの香りと合わせて、私にとっての、毎年この時期を感じる香り。


DSC_1167.jpg


DSC_1175.jpg


今年は例年とはいろいろとスタイルも変えながら、例年よりもゆったりとクリスマスをかんじるひとときを過ごしていただけますように、絶賛準備を整え中。
明日からご参加のみなさま心よりお待ちしております!


DSC_1169.jpg


DSC_1171.jpg


DSC_1199.jpg

12月2日 箱詰め遊びのご紹介、そしてバスク風チーズケーキに3種のソースを添えて

jbl_main.jpg


あっという間に12月がスタート。
いつもお世話になっている、モノ・モノさんのオンラインショップ「低座の椅子と暮らしの道具店」の中、「箱詰めレッスン 重箱、おせち編」にて、重箱の詰め方などをお伝えしています。


jbl_2.jpg


jbl_1.jpg


カジュアルな重箱の詰め方を順を追ってご紹介したり、重箱のサイズ選びのヒントや、おひとり様おせちのご紹介などなど。
2021年新年はお家で迎える方も多いのでは。
かしこまりすぎず、気軽に重箱での「箱詰め遊び」を楽しんでみませんか?
新年の食卓のお手伝いとなれば幸いです。
ご興味ある方は覗いてみてくださいね。


jbl_5.jpg


jbl_7.jpg


11.12月レッスンでもみなさんと、「箱詰め遊び」を楽しむ日々。
重箱前菜盛り合わせ。
小さな器やグラス、おちょこにれんげ。
小皿だけでなく、酒器も箱詰め遊びには大活躍。


DSC_1135.jpg


料理を詰めてから、クラッカーや添えるスプーンなどで、高低差や立体感を演出。
そして最後に、南天に万両、松などの飾り葉を添えて。
飾り葉を添えた瞬間に、重箱の中の絵がととのう瞬間。
毎回ながら、みなさんからの歓声は、私のお楽しみ。


DSC_1132.jpg


おせちというと、重箱というと、きっちり料理を詰めなくては、そんなイメージの方も多いのでは。
ぎゅぎゅっと詰められた眺めももちろんうっとりするほど美しいのだが、ゆったりと余白をもって詰めれたた眺めもこれまたすてきなもの。
重箱の、その懐の大きさにはいつもながら感服し。
重箱に魅了されて、早20年以上。
いつまでも飽きることない、箱詰め遊び。


DSC_1117.jpg


11月キッズおやつ教室も無事終了。
オーブンからもスモーキーな香りの余韻も、しばしこれで一区切り。
クリームチーズと砂糖を練り混ぜたり、卵を加えて泡立て器でしっかり混ぜたり。
園児さんには、なかなかハードな力しごと。
あっちから、こっちから、せんせい~、混ぜられない~、の声が。
それでもみんな一生懸命に混ぜている姿はなんとも愛らしく。


DSC_1120.jpg


混ぜた生地を型に流して、オーブンへ。
あっという間に、バスク風チーズケーキが焼き上がり。
お好みのソースをのせて、ビスケットをトッピングして、できあがり!


DSC_1124.jpg


レッスンは終わり、最後の1つには、3種のソースをふんだんに添えて。
マロンクリームに、ラズベリーソース、アプリコットソース。


DSC_1128.jpg


さあ、12月キッズおやつ教室とジュニアおりょうり教室では、みんなでクッキー遊び。
「お菓子の冬景色」、ご参加の元気いっぱいなみなさま、お楽しみに!
キッチンの風景」、11月バスク風チーズケーキをアップしました。
よろしければ、ご覧くださいませ。
さあ、明日からは、12月イベントレッスン「シュトーレンのじかん」。
ご参加のみなさま、心よりお待ちしております!


DSC_1127.jpg

11月30日 2021年おせちご注文、終了しました&ココア風味のいちごロールケーキ

2001e06L.jpg


*おしらせ*
2021年おせちのご予約を終了いたしました。
ご注文いただいたみなさま、心よりありがとうございます。
ご注文いただいたみなさまには昨夜までにご確認メールをさせていただいております。
届いていない方がありましたら、ご連絡いただけるとありがたいです。
1つ1つ心を込めてご用意させていただきます。

シュトーレン食べ比べセットにつきましては、あともう少しだけ承れそうです。
ご興味ある方がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ!


DSC_1086.jpg


おせちのご注文に、ククリスマス&おせちレッスンの日々。
ということで、毎年ながら、この時期から心はすっかり年越しモードなども恒例。
気づけば、2021年クリスマス&おせちレッスンの、年内最後の週末レッスン。

重箱には小さなお料理の盛り合わせ。
鮮やかな朱色が目を引くのは、海老のごま焼き。
ごまの下には、粒マスタードがたっぷりぬられているので、頬張ったときに海老のうまみとごまの風味、そして粒マスタードのビビットな酸味とが相まって。
気づけば、クリスマス&おせちレッスンもすっかりの終盤へ。


DSC_0981.jpg


DSC_0788.jpg


DSC_1080.jpg


駆け抜ける師走を目前に。
深まる秋を感じるべく。
束の間のリフレッシュに足が向かう狭山湖方面へ。


IMG_8993.jpg


IMG_9011.jpg


今年は遠方への紅葉狩りには行けずじまいだったけれど、近場で存分に秋の景色を眺めることができて。
いつの間にかすっかり深まる秋から冬へ向かう季節。
以前よく足を運んでいた六道山公園。
秋から冬へ向かう空気。


IMG_8982.jpg


IMG_9035.jpg


家族の誕生日にはロールケーキを焼いて、いつの間にかのことが、いまではすっかりのお約束ごとのように。
数日後の主人のバースデーに合わせて、一足先のお祝いに。


DSC_1112.jpg


いつものロールケーキ生地に、ココアパウダーとブラックココアパウダーを加えて。
中にはいちごをずらり並べて。
トッピングには、ドライクランベリーやドライのシトラスなどなど。
もちろん登場のはりきり娘、ふんだんなトッピングでも、それはそれで様になってくれる、ロールケーキの包容力たるや。


DSC_1091.jpg


DSC_1093.jpg


DSC_1094.jpg


巻き上がったケーキに、クリームを絞って、トッピングをのせて。


DSC_1097.jpg


DSC_1099.jpg


DSC_1100.jpg


DSC_1101.jpg


生地にしても、トッピングにしても、ちょっとしたレンジが自由自在なロールケーキ。
トッピングなしのシンプルなロールケーキもこれまた魅惑的。
家族の誕生日になんとなく、なんとなく焼いてきたロールケーキ。
なんとなく、から見えてみたもの、あれこれ。
本日は、ココア風味のいちごロールケーキ。


DSC_1108.jpg


DSC_1109.jpg

11月28日 黒豆甘納豆の即席ラム酒漬け、そしてヒュッゲなテーブルとお菓子の冬景色

2001e11L.jpg


*おしらせ*
今年もおせちのご注文をさっそくたくさんいただいています。
ご注文くださったみなさまへは、昨夜からご確認メールをさせていただております。
確認メールが届いていない方がありましたら、お手数おかけしますがご連絡いただけるとありがたいです。
ありがたくもご検討中の折、お早めにお申し込みくださいませ。

シュトーレン食べ比べセットにつきましても、もうしばらく受付中です。
ご興味ある方はご検討くださいませ。


DSC_0788.jpg


レッスンの日々。
ここ何か月も、窓際席がすっかりの撮影スポットに。
重箱には、クリスマスやおせちにぴったりの、小さな前菜詰め合わせ。
その中でも、今回特にご好評いただいているのが、「黒豆甘納豆の即席ラム酒漬け」。
お正月、我がおせちでも1番の定番は黒豆。
もちろん、黒豆の煮豆が極上なのだが今回はぐっとぐっと手軽に。
市販の黒豆甘納豆が、それはそれはすてきな前菜に。

今回は、丹波の黒豆の甘納豆を使用して。
即席ラム酒漬けにした黒豆にピスタチオをまぶして、マスカルポーネチーズと合わせれば。
みなさん、目を丸くして頬張っている姿がとっても印象的。

甘納豆がなければ、黒豆の煮豆でももちろん。
ご自分で炊いた黒豆の煮豆で、極上なもう1品が。
重箱にまるで絵を描くように。
小さなお料理たちを盛り、クラッカーなどを添えて、最後に南天や松、万両などの飾り葉を飾り。


DSC_0777.jpg


さあ、気づけば、もうすぐ12月。
そろそろ新年1.2月レッスンに向けても、メニューをイメージしつつ。
新年1.2月は、真冬のあったか北欧料理を予定しています!
デンマーク語「HYGEE(ヒュッゲ)」、とは、居心地よい時間。
真冬に、体も心もあたたまるヒュッゲなテーブルをみなさんと囲むことができますように、そんな願いを込めて。

絶賛、リクエストも募集中です!
北欧料理、ではないのですが、今回リクエストの1品、オニオンスープ。、
本来じっくりじっくり仕上げるべく、炒め玉ねぎを、ぐっとぐっと手軽にクイックに。
まさに、寒い季節に心も体もあたたまる一品。


DSC_1048.jpg


DSC_1000.jpg


それにしても、炒め玉ねぎの底ぢからたるや。
玉ねぎの、旨みたるや。
まさに、手をかけるおいしさ。


DSC_1045.jpg


そしてこちらは、12月に向けて。
12月キッズおやつ教室&ジュニアおりょうり教室。
今年のクリスマスのお菓子を何にしようかあれこれ、あれこれ迷いつつ。
みんなが1人ずつ夢中になれること間違いなし。
題して、「お菓子の冬景色」。


DSC_1055.jpg


DSC_1058.jpg


12月もお持ち帰りスタイルを予定しています。
クリスマスまで眺めて楽しむもよし、すぐに頬張るもよし。
さあ、駆け抜ける12月を目前に。


DSC_1070.jpg


DSC_1073.jpg

プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR