fc2ブログ

8月10日 9.10月平日レッスンご案内と、レシピ絵本完成

DSC_7982.jpg


*おしらせ*
本日中に、9.10月平日レッスンスケジュールをすでにご参加のみなさまへ送付予定です。
届かない方がありましたらお手数おかけしますが、ご連絡いただけるとありがたいです。
9.10月は、発酵を感じる、秋の箱詰め和食レッスンです!
ホームページでのご案内は、8月15日以降を予定しております。
もうしばらくお待ちくださいませ。


ホームページ、キッチンの風景をアップしました。
夏休みおやつ教室&おりょうり教室の余韻。
クロワッサンフルーツサンドに、フルーツ白玉パフェ、それから、自家製ナンを添えたバターチキンカレーなど、よろしければご覧くださいませ。


DSC_7622.jpg


DSC_7631.jpg


2208k203L.jpg


2208k201L.jpg


2208j02L.jpg


2208j12L.jpg


記憶がみずみずしいうちに。
毎年恒例の、レシピ絵本作り。
写真をはって、コメントを書いて、それから異様にふんだんなシール貼りなど。
なぜか、我が子3人中、もっとも字が汚い娘。
レシピ絵本も、字が汚いのが、たいへんたいへん口惜しいところ。


DSC_8024a.jpg


DSC_8025.jpg


教室キッチンには、長男1年生からスタートしたレシピ絵本などが合わせて25冊以上に!
ハンバーガーに、オムライス、ぱっかんおにぎりに、キンパ、クッキーサンドにわらびもちパフェなどなど、などなど。
ページをめくれば、当時の記憶がうっすらと蘇り。
子どもたちの自由研究、という名の、私の宝物。


DSC_8027.jpg


DSC_8883a.jpg


またまた猛暑到来の日々。
買い物帰りに、寄っちゃおっか?、と一休み。
テニスの部内大会の慰労、ということで。
ロージナ茶房のフルーツパフェ。


IMG_5554.jpg


IMG_5555.jpg


IMG_5558.jpg


IMG_5560.jpg


季節のフルーツとクリーム。
シンプルなおいしさの相乗。
フルーツパフェも然り、お店も然り。
いつも変わらない、ほっとする、落ち着く場所。


IMG_5553.jpg


秋の気配を感じるべく、試作の追い込みなど。
まずは、リクエストいただいている一品は、だしジュレ。
季節の野菜や魚介、フルーツなどにたっぷりのせれば、気の効いた前菜に。


DSC_7974.jpg


DSC_7964.jpg


DSC_7967.jpg


グラスに盛れば、まるでデザートのような愛らしさ。
走りのシャインマスカットも加えて。


DSC_7978.jpg


DSC_7980.jpg


大皿に盛れば、またがらりと印象が変わり。
だしジュレが口の中で具材ときちんとまとまり、全体を包み込むまとめ役。
9.10月秋レッスンにて、登場予定です!


DSC_7982.jpg


そしてこちらも。
今回の一押しレシピの1つ、発酵バーニャカウダ。
にんにくの下ゆでなく、材料を混ぜ合わせるだけで、あっという間にできるのが魅力。
そして発酵の力、さまさま。


DSC_8032.jpg


お店に並んでいたので、思わず手が伸びたのは、水なす。
秋を感じる、大好きな食材の1つ。
発酵バーニャカウダをつけながら頬張れば、水なす1つ2つ、一人でぺろりと進んでしまうそうな。


DSC_8033.jpg


DSC_8029.jpg


今年最初のシャインマスカットがきたら。
飽きもせず、飽きもせず。
もちろんの、ブッラータのフルーツサラダ。
本当に、飽きもせず、飽きもせず、季節を巡るサラダ。
食から感じる、早秋。

DSC_7983.jpg


DSC_7987.jpg
スポンサーサイト



8月8日 栗おこわに甘栗バスク風チーズケーキ、早秋を感じる週末

DSC_7545.jpg


早秋を感じる週末。
早いもので立秋。
また今秋からぐっと暑さがぐっと増す予報。
まだまだ秋なんて、と思いつつ。


IMG_5483.jpg


娘のテニスボール球出し係など。
もうとてもでないけれど相手にならず、なので。

公園には一面のねこじゃらし。
それから、あれ?、もう?
ヨウシュヤマゴボウがいつのまにかすっかり色づいていて。


IMG_5476.jpg


ヨウシュヤマゴボウ。
ここ数年は、摘んできては吊るしておき、すっかりドライになった実を、秋冬のリースなどに飾ったり。
ということで、少々おすそ分けいただき、の帰り道。


DSC_7928.jpg


DSC_7930.jpg


DSC_7932.jpg


この時期にもうこんなに色づいているなんて驚き。
眺めていると、心はすっかり秋モードになるから不思議。
さっそく教室キッチンに吊るしたり、実だけを結び、こちらも吊るして。


IMG_5482.jpg


DSC_7936.jpg


早秋を感じる週末。
近所を散歩していたら、え?、え?、え?
近所のいちょうの木の下に、なにかころころ、ころころ。
いやいやまさか、と思いつつ。
近づいてみると、まだまだ色づく前ながらも、ぎんなんがあちらこちらに落ちていて。
嘘でしょ、まだ8月。

そして近所の栗林には、いつのまにか、青々とした、たくさんの栗のいが。
眺めが目に入った瞬間に、秋を錯覚する戸惑いのような。


IMG_5479.jpg


IMG_5480.jpg


ここ数日少し暑さが落ち着いていたのと、ここ数日、秋の試作が続いていたのと、そんなこんなもあり。
秋の気配をふんだんに感じ。
味覚の秋に向けて。
栗繋がりで、秋に我がキッチンで大活躍の食材の1つ、甘栗。
実に手軽に、秋を楽しむことができるのが魅力。


DSC_7923.jpg


DSC_7924.jpg


さっそくは秋レッスンに向けての、試作の1つ、栗おこわ。
秋が閉じ込められているような、眺め!


DSC_7545.jpg


DSC_7547.jpg


それから、久々に焼きたくなったのは、甘栗のバスク風チーズケーキ。
型の底にラム酒と砂糖でマリネした甘栗をちりばめて。
いつものバスク風チーズケーキ生地を流して。
バスク風チーズケーキは、焼くたびに、あれ?これだけでいいの?、我がレシピながら毎回拍子抜けするほどの、お手軽さ。


DSC_7926.jpg


焼き上げること20分。
表面には漆黒の焼き色。


DSC_7938.jpg


さあ、冷蔵庫で冷やしてから。


DSC_7940.jpg


DSC_7943.jpg


底面にしっかりと顔をのぞかせる甘栗の存在感。
一足先に、早秋を感じる週末。


DSC_7950.jpg

8月6日 夏休み復習会と、ふらり原宿じかん




夏休みキッズレッスンが終わり、記憶が新しいうちに、自由研究と合わせて、娘と復習会など。
こんな風にお付き合いしてもらうのも、きっとあと数年。
まずはカラフル白玉パフェから。


DSC_7707.jpg


DSC_7715.jpg


DSC_7722.jpg


DSC_7739.jpg


DSC_7764.jpg


DSC_7771.jpg


それから、自家製ナンを添えたバターチキンカレー。
まずなナンの生地作りから。


DSC_7796.jpg


DSC_7801.jpg


ナン生地を発酵させている間に、まずはバターチキンカレー作り。
改めて、鶏肉を下ゆでしておくと、我ながら驚くほどにあっという間に、本当にあっという間に、コクのあるバターチキンカレーのできあがり。
そして、続いては、インドのサラダ、カチュンバル。
塩をパラリ、レモンをぎゅぎゅぎゅっと。


DSC_7831.jpg


DSC_7876.jpg


さあ、ありがたくも、夕ごはんのできあがり!
さあ、来週にもレシピブック作りをせっせと、の予定。


DSC_7892.jpg


DSC_7879.jpg


DSC_7894.jpg


ぐっと暑さが落ち着いたところ。
娘がとってもとっても楽しみにしていたキャンプを、ここしばらくの状況をみつつ、泣く泣くキャンセルなど。
その代わりに、のリクエストに、以前から大騒ぎしていた念願の、原宿へ。

竹下通りを通ったのは、何十年ぶりだろう。
それも、その頃にも竹下通り辺りのお店にはまったく興味がなかったので、私自身、あちこちの散策は初めて。
こんなに小道があったなんて!
ふらりと歩いた小さな路地道、お店の裏側には、とっても素敵なアンティークが並ぶショーケースなど。トリップ感満載。


IMG_5264.jpg


IMG_5265.jpg


IMG_5314.jpg


IMG_5342.jpg


ファンシーモードに危うく洗脳されそうなくらいの世界から、ほっとする表参道へ。
久しぶりにうかがったのは、やさい家めい


テーブルにまず運ばれてきたのは、氷に盛られて涼やかなバーニャカウダ。
ビーツにおくら、バターナッツかぼちゃ、白とうもろこしにつるむらさきなど。
コクのあるソースにつけながら、の野菜のいただき方。


IMG_5293.jpg


そして黒い飯台に盛られるのは、夏御膳。
小さな野菜料理がずらりずらり。
冷製茶わん蒸しには、モロヘイヤがたっぷりで、よいバランス。
安定感のあるおいしさの、なす田楽にはにらのお浸しが添えられ。


IMG_5303.jpg


IMG_5298.jpg


野菜と鶏唐揚げの香味サラダには、しょうがの効いた爽やかなソースが全体を引き締めていて。
野菜とのバランスもよく。
サラダの中に入っていた、加賀野菜、キンジソウ。
ほろ苦い、心地よい癖のある風味が、アクセントに。


IMG_5302.jpg


IMG_5306.jpg


IMG_5307.jpg


帰り道、eatrip soilに立ち寄り。
日本の調味料や食材のセレクトショップ。
今回は、邦栄堂製麺の餃子の皮と焼き菓子を少々。


IMG_5309.jpg


IMG_5313.jpg


IMG_5310.jpg


DSC_7899.jpg


最後に立ち寄ったのは、娘のリクエスト、ロールアイスクリーム専門店「マンハッタンロールアイス」。


IMG_5325.jpg


もともとはタイの屋台から始まったとか。
マイナス20℃以下のコールドプレートの上にフルーツやクリームをのせて、混ぜながら生地を薄くのばし、最後は丸めて出来上がるロールアイスクリーム。
目の前で眺める臨場感も上々。


IMG_5330.jpg


IMG_5331.jpg


IMG_5334.jpg


初めていただいだロールアイスクリーム。
口どけよく、そして存分なコク。
あの短時間でアイスクリームが出来上がる魅力。
2人で頬張りながら、なんとか家で再現できないかなあ、あれこれアイデアを浮かばせて、そんな密談など。
そして、気づけばすっかりの帰宅時間。
これはきっと、また行きたい!、と、せがまれるだろうなあ。
娘とふらり原宿じかん。


IMG_5336.jpg


お噂はかねがね、ながら、実ははじめまして、の、邦栄堂製麺の餃子の皮。
さっそく使ってみることに。
手作り感が伝わる、しっかりとした、もっちりとした皮。
皮がしっかりしているので、前もって包んでおいても皮がだれることもなく、他の皮とくっつくこともなく、その点でもとっても優れもの。
おいしそうな焼き色も美しく、皮を存分に堪能で切る餃子に仕上がり。
悲しいかな、写真撮り忘れ。


DSC_7902.jpg


この日は餃子に合わせて、次男の夏休み家庭科の宿題メニュー。
炒めもの2品、というテーマだったので、中華の本を眺めながら、青椒肉絲と、卵と海老の炒めものなど。
卵と海老の炒めもの。
さっと海老を炒めたら一度取り出して。
中火であっという間に卵を炒めたら、海老とそれからキュウリを加えて、ささっと炒めてできあがり。
仕上げにごま油をたらり。


DSC_7918.jpg


DSC_7916.jpg


我が家の青椒肉絲は、焼津の母のアレンジレシピより、定番のたけのこではなく、じゃがいものが入るのが特徴。
次男の宿題ながら。
こっそりと包丁しごとは娘がせっせと、そして火元番長として次男が炒め。
出かけていた長男に帰りがけにお肉の買い出しを頼んだら、上等の焼き肉用を買ってきた!、ので、いつも以上においしい青椒肉絲になったはず。


DSC_7913.jpg


DSC_7912.jpg


夏休みの、おいしい想い出の1つとなり。


DSC_7922.jpg

8月3日 夏休みおやつ教室&おりょうり教室、全日無事終了しました

DSC_7651.jpg


夏休みおやつ教室&おりょうり教室が全日無事終了しました!
ご参加くださった元気いっぱいなみなさま、ありがとうございました。
そして暑い暑い中での送迎など、保護者の方々にも感謝いたします。
自由研究に使う方などあれば、ぜひぜひ、楽しく復習やまとめなど仕上がりますように。

すべてのレッスンを終え、教室キッチンを片付けて。
さっきまでのにぎやかな空気の余韻を感じながら。


DSC_7421.jpg


B おやつ教室は、フルーツ白玉パフェ。
いちご白玉に、マンゴー白玉。
やっぱり粉もの作業は、本当にみんな楽しそうで。


DSC_7648.jpg


DSC_7679.jpg


白玉は、一人ずつざるに入れてゆでて、ざるごと冷まし。
大きい白玉、小さい白玉、みんな違って、みんないい。


DSC_7425.jpg


DSC_7654.jpg


C おりょうり教室は、自家製ナンを添えた、バターチキンカレー。
まずはバターチキンカレーの材料説明から。
スパイスは、シナモンと、それから唐辛子。
辛いのが苦手な子がいれば、唐辛子はほんの、ほんの少々。
参加のみんな、案外、辛いのが大丈夫な子が多かった印象。


DSC_7556.jpg


今回のバターチキンカレー。
鶏肉は、ちょっとした秘策で、短時間でしっとりやわらかく下ゆでしておき。
下ゆでにしたスープを計量し。

ここからはものの5分で、コクのあるバターチキンカレーができあがる魅力。
バターでスパイスを炒め、香りがしてきたら、カレー粉やカットトマト、ヨーグルト、スープ、鶏肉などを入れ。
あたたまったら残りの材料をすべて加えれば、いつのまにかそれはそれはいい香り。


DSC_7549.jpg


続いて、インドのサラダ、カチュンバル作り。
味付けは、塩とレモン。
仕上げにフライドオニオンと、カシューナッツを散らして、コクが増し。
シンプルながら、、まさにこの暑い暑い日々にぴったりの、爽やかなサラダ。


DSC_7562.jpg


そしてみんなのお愉しみは、ナン。
やわらかい生地を思い思いに広げて、伸ばし。
やっぱりやっぱり粉もの作業は、本当にみんな楽しそうで。


DSC_7663.jpg


DSC_7693.jpg


DSC_7687.jpg


DSC_7691.jpg


焼き立てナンのいい香り。


DSC_7666.jpg


DSC_7670.jpg


DSC_7672.jpg


お持ち帰りの袋からは、それはそれはおいしい香り。
夏休みの、美味しい、楽しい想い出の1つとなりますように!

今年の夏レッスンは、さすがに、急遽キャンセルになったり、それからキットでのお渡し、それから出来上がりでのお渡しへの変更の方も多々あり。
また春にも、夏にも、ぜひぜひのご参加をお待ちしております!

久しぶりに来てくれる子どもたちの再会は、本当にうれしくて。
まだまだおしゃべりがままならなった子が、すっかりおしゃべり上手になっていたり。
ついこの間まで小学校中学年だった子が、ぐっとお姉さん姿になっていたり、などなど。
時の流れをしみじみと感じながら。
さあ、夏休みおやつ教室とおりょうり教室が終わって、一区切り。
さあ、夏休み!


DSC_7673.jpg


DSC_7668.jpg


ここ数日は、予報通りの猛暑も、猛暑。
暑さにも負けず、レッスン中は、グラノーラを焼き。


DSC_7418.jpg


ほぼ同じ材料で、オートミールクッキーを焼き。
少々のアールグレイとチョコレートを加えて。
それなりにおいしいのだが、先日いただいた、B・A・K・E・Rのオートミールクッキーのあの、ザックザク感にはたどり着かず。
また隙間じかんに焼いてみよう。
急ぎではない試作もいいもの。


DSC_7511.jpg


DSC_7514.jpg

8月1日 クロワッサンサンドレッスン復習会と、発酵リサーチ




夏休みおやつ教室&おりょうり教室が続き。
A おやつ教室 クロワッサンフルーツサンド最終日が一足先に無事終了。


DSC_7384.jpg


夏休みレッスンでは、園児さんと小学生や、時に中学生も一緒にテーブルを囲んだり。
小学生のお姉さんが、園児さんのエプロン付けをお手伝いしてくれたり、お姉さんチームがクリームホイップの戦力になってくれたり、などなど。
こんな眺めも、夏休み、ならでは。
お家での、うれしい、おいしい、おやつ時間となりますように。
さあ、8月がスタート。
白玉パフェレッスン、それからキーマカレーレッスンにご参加のみなさま、お待ちしております!


DSC_7410.jpg


DSC_7577.jpg


DSC_7582.jpg


DSC_7583.jpg


キッズレッスンの間の週末レッスン。
同じ空間にて、まったく違う空気が流れる感覚。
ブッタボウルは、私自身が心待ちにしていたような。
混ぜながらいただくそのおいしさはもちろん、いただきながら、体がデトックスされる感覚があり。

かぼちゃにとろりとかけるのは、バルサミコ酢クリーム。
バルサミコ酢を煮詰めたもので、甘さと酸味がトロリと食材のうえにのってくれる魅力。
かぼちゃとの相性も抜群。


DSC_7595.jpg


DSC_6903.jpg


レッスン後に、自由研究の素材集めに、と、娘と、クロワッサンサンドの復習会など。
レッスン中はなかなかじっくりと撮れないので。


DSC_7604.jpg


DSC_7614.jpg


DSC_7621.jpg


DSC_7622.jpg


DSC_7627.jpg


夏休みの子どもたちの自由研究、という名の、私の想い出作り。


DSC_7640.jpg


吉祥寺用事のついでに、ちょっと足を延ばして。
発酵リサーチに、以前から一度足を運んでみたかった、発酵デパートメントへ。
各地のユニークな発酵食品・食材やお酒など、発酵に関するものがならぶお店。


IMG_5098.jpg


さっそく店内には、ずらりずらり、ずらりと並ぶ発酵食品。
定番の超魅力ももありつつ、地方の個性的な商品も並ぶ、発酵食品のセレクトショップ。

以前一時期はまった、福島の発酵調味料・さごはち。
原料は塩と米と糀。
そのバランスの割合がネーミングに。
塩が3、米が5、そして糀が8。
以前使ったものは、公示が、米が8だったのが、この辺りは地域に寄て、また作る方によって異なるのだろう。
やわらかさや色合いもまた異なるので、ひとまずはお試しに。

それから印象的だったのが、酒粕クラッカー。
酒粕のほんのり優しい甘みと風味が、トマトピューレの入った塩味のクラッカーによく合っていて。
などなど、定番の発酵食品から、地方ならでは、作り手ならではの魅力的な商品などなど。


DSC_7585.jpg


隣には、カジュアルなカフェスペースがあり。
せっかくなので軽くごはんなど。
選んだのは、ごと丼と冷や汁。
納豆を作る途中段階、とのお話なのだが、酸っぱ旨い青森県十和田の大豆郷土料理『ごど』に、『三五八』につけた鶏ひき肉、根菜の甘酢漬けなどをごはんに乗っけたどんぶり。

初めていただいた、ごと。
大豆の香ばしさと、こっくりととした旨みとそして酸味は、雰囲気としては、金山寺みそなどの、ずっとずっと初めの段階、そんな印象。
その酸味が不思議と体に心地よく。
そして三五八で下味した鶏肉は、優しい味付けながらも、発酵の底力で、旨み存分、存分。
温泉卵を混ぜながらいただくと、ぐっとまろやかに。
そして添えられた冷や汁の、おいしかったこと。
シンプルに、みそのおいしさ、、そしてごまや薬味のおいしさが際立ち。


IMG_5102.jpg


IMG_5104.jpg


店内には、発酵に関する書籍もずらり。
発酵を全身で感じることのできるひととき。


IMG_5099.jpg


IMG_5100.jpg


IMG_5097.jpg


あまりに久々の下北沢は、なんだかがらりと眺めも変わっていて。
せっかくなので、帰り道に立ち寄ったのはヴィーガンベーカリーUniversal Bakes Nicome
Universal Bakesの2号店。
おめあての、ヴィーガンスイーツや、米粉のドーナッツなどを調達し。


IMG_5107.jpg


IMG_5108.jpg


IMG_5106.jpg


こちらは、おやつ時間にさっそく。
抹茶アールグレイと合わせて。
キャロットケーキは、スパイシーすぎず、上品にしっとりとした優しい風味。
米粉のお菓子が本当に、お店によって、生地の感じ、風味、それから質感が異なり、それぞれのお店の想いや方向性が感じられるもの。
こちらの米粉のドーナッツは、とってもしっとりとしていているが重すぎず、フィリングのマンゴーのソースとの相性もよく。


DSC_7593.jpg


DSC_7591.jpg


暑い暑い週末。
プラネタリウムの帰りに
次男の自由研究用での、顕微鏡観察用に、池の水を少々。
この暑さの中の中、おそらくメダカさんたちは元気いっぱいに泳いでいて、あっぱれ、あっぱれ。
アスレチックにかける姿も、あっぱれ、あっぱれ。


IMG_5125.jpg


IMG_5131.jpg


IMG_5134.jpg

そばには、なんと萩の花が。
えっ、もう萩の花?、と思えば、あちらにはススキの穂。
改めて、季節の草花が早送りされている実感。


IMG_5121.jpg


プラネタリウムの帰り道、幸右衛門茶舗に立ち寄り。
以前から車窓から気になりつつ、うかがったのは初めて。


IMG_5135.jpg


IMG_5138.jpg


今回は、フレーバーの緑茶や紅茶を少々。
さっそく帰宅後にいただいたのは、みかんの緑茶。
こっくりと爽やかなオレンジの風味は、想像以上に芳醇な風味。
ふらりの寄り道で、うれしいお茶じかんに。


DSC_7645.jpg


IMG_5140.jpg
プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR