FC2ブログ

3月1日 1.2月北欧レッスン全日終了しました&いちごのフルーツサンドタワー

DSC_3931.jpg


キッチンの風景」をアップしました。
1.2月真冬のあったか&ヒュッゲな北欧料理レッスンが全日終了しました!
ご参加くださったみなさま、心よりありがとうございました。


210101L.jpg


210102L.jpg


210103L.jpg


前菜盛り合わせには、グラブラックスサーモンとチーズのスモーブローと、いちごとサラミのスモーブロー2種に、サーモンと早春野菜のハニーマスタードソース添え。
手間をぐっと省きつつ、甘みとコクを存分にご堪能いただくべく、オニオンスープ 北欧風。
メインのお皿には、ジューシーなミートボール。リンゴンベリーにクリームソース、トマトソースなど3種のソースを添えて。
食後スイーツは、スパイスの香り広がるキャロットケーキ。
それもこれも、想い出溢れるレシピとなり。

さあ、明日からは3.4月レッスンがスタート。
春の和モダンなアフタヌーンティーレッスン。
ご参加のみなさま、お待ちしております!


210104L.jpg


210105L.jpg


210106L.jpg


3月がスタート。
ようやくようやくひな人形を飾り。


DSC_3919.jpg


ひな祭りにもぴったり、おやつには、いちごのフルーツサンドタワー。
フルーツサンド。
生地は食パン頼み、が、なんともなんとも気楽なもので。
材料は、食パンと、フルーツ、そして生クリームとマスカルポーネチーズ、砂糖。
ソースだったり、トッピングをすれば、おやつ感覚から、スイーツへと昇華するのもこれまた魅力的。


DSC_3920.jpg


DSC_3923.jpg


今日は、1.2月レッスンで残ったリンゴンベリーのジャムをお皿に広げて。
そこへ、カットしたフルーツサンドを積み重ねて。
トッピングには、ピスタチオとストロベリーフレーク、それからアラザンをぱらりぱらり。
最後にはちみつをたっぷりかけて、できあがり!
スイーツ感あふれる、いちごのフルーツサンドタワー。
もうすぐの、桃の節句の、手軽スイーツに、おすすめです。


DSC_3931.jpg


DSC_3930.jpg

ふらりと、いつもの、狭山湖方面へ。
今年ほど、せっせとよもぎ摘みをする年は初めてなのでは。
日を増すごとに、よもぎの葉が広がり、そして摘んだ瞬間のよもぎの香りも深みを増し。


IMG_0576.jpg


IMG_0574.jpg


IMG_0579.jpg


ふきのとうと一緒に、天ぷらに。
これだけ摘んで、これだけいただいていれば、存分なデトックスとなっているはず。
心も体もすっかり浄化して、過ごしていくことができますように。
春本番に向かう季節。


DSC_3907.jpg


DSC_3912.jpg
スポンサーサイト



2月26日 キャンセルご案内と、キャロットケーキ

DSC_3866.jpg


*キャンセルご案内*
3月5日金曜日レッスンに1名キャンセル出ました。
来週からスタートする春の和モダンなアフタヌーンティーレッスンです。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

重箱盛り合わせ前菜の1つは、ケールとベリーのパワーサラダ。
ほろ苦いケールと、甘酸っぱいベリーの相性。
ぜひぜひご紹介したい1品です!


DSC_3864.jpg


1.2月真冬のあったか&ヒュッゲな北欧料理レッスンも、すっかりのすっかりの終盤。
少しずつ春めく、この時期だからこそ、できあがりのテーブルの華やぐ色合いが、これまた季節にぴったりの眺めに。


DSC_3820.jpg


DSC_3826.jpg


食後のスイーツは、キャロットケーキ。
生地には、約1/2本分にフレッシュのにんじんを入れて。
優しいにんじん色と、口の中にふわあと広がるスパイスの香り。


DSC_3838.jpg


DSC_3850.jpg


DSC_3845.jpg


新刊「春夏秋冬 季節の焼き菓子とスイーツ」にも、キャロットケーキを合わせた、春夏秋冬のパウンドケーキが登場しています。
バターを使用せず、植物性オイルで作る生地は、しっとりしながらも、軽やかでふわりと香るスパイスがなんとも癖になるおいしさ。
私がもう何年も何年も作り続けている、野菜ケーキレシピです。

季節が変われば、野菜を変えて。
1つのベーシックレシピが楽しくおいしく、季節感あふれて展開します。

◎パウンドケーキ
基本のパウンドケーキ
春のパウンドケーキ キャロット
夏のパウンドケーキ ルッコラ×ホワイトチョコ
秋のパウンドケーキ かぼちゃ
冬のパウンドケーキ ごぼう×ブラックチョコレート

写真 馬場わかな
スタイリング 曲田有子


Img102151.jpg


Img102177.jpg


国立駅周辺の書店さんにも、新刊をずらりと置いていただき、本当にありがたい限りです。
書店さんの前を通るたびに、一人にやにや、かなり怪しい姿など。
よろしければ、ぱらりぱらりとご覧いただければ幸いです。


IMG_0496.jpg


IMG_0519.jpg


IMG_0517.jpg


来週からスタートする、春の和モダンなアフタヌーンティーレッスンに向けて、レシピもほぼ仕上がり。
引き続きのマイブームは、大豆ミート。
家族のリアクションが本当に上々で、日々活躍中。

大豆ミートのメニューを目にする機会もだいぶ増えている印象。
モスバーガーの、グリーンバーガー。
ほうれん草ピューレを練り込んだバンズに、大豆ミートのパテと、それから大豆ミートソース。
この大豆ミートソースが想像以上に野菜の風味とコクがあり、そして大豆ミートのひき肉感には、しっかりとした満足感。
ミートソースにはごぼうなどの加えられているそうで、野菜のコクが存分に。
大豆ミートのパテにはこんにゃくなども加えられて、食感を引き立てている、などなど。


IMG_0341.jpg


IMG_0342.jpg


それから先日いただいたのは、タリーズコーヒーの、セレクトサンド。
3種のうちの1つは、ソイミートのキーマサンド。
スパイスがしっかりと効いていて、玉ねぎなどの甘みと食感も相まって、すっかりのキーマ感。


IMG_0522.jpg


IMG_0524.jpg


大豆ミートに魅力される日々。
3.4月レッスンに登場する、大豆ミートと豆腐のミニグラタンも、我ながらの自信作。
ご参加のみなさま、お楽しみに!


DSC_3442.jpg

2月24日 スイーツ仕立てのおいなりさんレッスン終了&春のバスク風チーズケーキ

2102k01L.jpg


キッチンの風景」をアップしました。
スイーツ仕立てのおいなりさん。
2月キッズおやつ教室が終わり、スイーツ仕立てのおいなりさんレッスンが全日終了。
園児さんレッスンも、まずはスプーンで酢めしを、おあげさんに詰めて、詰めて。
詰めた後に登場するのは箸1本。
端の後ろ側を水で濡らし、詰めた酢めしの1か所にぐぐっと差し込み、小さな穴をあけて。
こういう作業はみんななんとも張り切るようで。


2102k02L.jpg


2102k04L.jpg


穴をあけたところに。
そう、サーモンやサラミ、牛肉のしぐれ煮を差し込む、という流れ。
いくらをのせて、野菜もトッピングしてできあがり。
お家でうれしそうに頬張る姿が目に浮かぶような。
さあ、来月は春休みレッスン。
おやつ教室は、フルーツサンドを予定しています!


2102k05L.jpg


DSC_3770.jpg


穴をあけたところに、つながりで。
休日のおやつには、春のバスク風チーズケーキ。
バスク風チーズケーキ。
クリームチーズと生クリームと卵と砂糖、薄力粉少々とお好みでラム酒少々。
ワンボウルで混ぜるだけ、こんなに簡単なの?、そして手間をはるかにはるかに超えたおいしさ。

いつものようにシンプルに焼いたバスク風チーズケーキの中央にスプーンで穴をあけて。


DSC_3792.jpg


穴には、ジャムにレモン汁などを加えたフルーツソースを流し込み。
今回はラズベリージャムに冷蔵庫にあった夏みかんの果汁を加えて。


DSC_3794.jpg


DSC_3796.jpg


カットすると、鮮やかなフルーツソースがたらり。
ジャムの酸味と甘みが、濃厚なバスク風チーズケーキに、なんとも爽やかなアクセント。
真ん中に季節のジャムソースを忍ばせて。
こんな手軽な演出もぜひぜひおすすめです!


DSC_3803.jpg


DSC_3811.jpg


新刊「春夏秋冬 季節の焼き菓子とスイーツ」にももちろん登場しています!

◎バスク風チーズケーキ
基本のバスク風チーズケーキ
春のバスク風チーズケーキ ベリー
夏のバスク風チーズケーキ 黒こしょう×レモン
秋のバスク風チーズケーキ 甘栗
冬のバスク風チーズケーキ チョコ風味


DSC_3807.jpg


最近の日々の買い出しがまた楽しみになったのは。
わが家にやってきた新しい市場かごたち。
食材の型崩れがないので、買い出しにはいつも市場かごを持っていくのだが、今までのものがかなり消耗してしまったため、この度新調し。
今回は持ち手が籐ハンドルのものに。
サイズ違いで、買い出しの量によっての使い分け。


DSC_3734.jpg


春のような心地よい空気も相まって。
さあ、1.2月北欧レッスンもすっかりの終盤。
さあ買い出し、買い出し。


IMG_0510.jpg


DSC_3709.jpg



2月22日 春休みおやつ教室は、フルーツサンド!

DSC_3758.jpg


すっかり春のような週末。
ここまであたたかいと気分もすっかり春、と錯覚するような。

春休みに向けて。
毎年恒例の春休みおやつ教室&春休みおりょうり教室についても、あれこれ考え中。
春休みおやつ教室は、新刊にも登場する、みんなの大好きなフルーツサンドを予定しています!


DSC_3735.jpg


お好みのフルーツをサンドして、仕上げにかわいらしいトッピングをして、スイーツ仕立てに。
今回もお持ち帰りスタイルを検討しているので、お家でのおいしいおやつじかんとなりますように。
ご案内までもうしばらくお待ちくださいませ。


DSC_3748.jpg


DSC_3761.jpg


度重なり、香りにはっとした記憶。
備忘録として。

久しぶりに、手打ちそば、きょうやさんへ。
こちらの手打ちそばはもちろん、季節のお料理が本当に丁寧で。


IMG_0381.jpg


そばの実雑炊には、炙りぶりの香ばしい香りが絶妙。
そして印象的だったのは、揚げじゃがいものふきみそ和え。
ふきみその甘くほろ苦い香りにはっとするような。


IMG_0388.jpg


IMG_0386.jpg


こちらは初めての参戦。
以前からうかがってみたかった、グリーンスプリングスのフレンチ「Cle4」へ。

カウンター12席のみの、落ち着いた雰囲気の店内にて、遊び心溢れる爽やかなフレンチをいただくことのできるお店。
まずは鍵を受け取り、席にある引き出しの鍵を開けるところから始まり。
日本の季節の食材、それから日本の調味料、などなど、和のテイストがふんだんに取り入れられて、すっかり魅了されるひとときとなり。


IMG_0426.jpg


IMG_0428.jpg


アミューズには、いのししのパテのプチシューと、それからフォアグラのマカロン。
コクのあるフォアグラのペーストには、粕漬だったかな、東北地方の漬物のみじん切りが、絶妙なアクセントに。


IMG_0438.jpg


IMG_0430.jpg


箱に入って、缶に入って、そんな演出で登場したのは、ずわいがにのムース。
かに酢でいただく、まるで和食のような。


IMG_0440.jpg


IMG_0437.jpg


野菜の一皿は、種類多くの野菜がそれぞれの調理法で調理され、1皿に詰められて。
ソースは、生ハムの香りふんだんな葛ベース。
フレンチで葛のソースは初めてだったのだが、なんとも優しく。
そして、添えられるのは、真っ白な胡麻油のパウダー。
口に入れるとすっとなくなり、ごま油の香りがふわあ、と。


IMG_0441.jpg


帆立貝のソテーと牡蠣のコンフィは目の前でソースを注ぐ演出。


IMG_0446.jpg


鹿フィレ肉にはごぼうのピューレ添え、そして自家製黒七味が添えられ。


IMG_0447.jpg


IMG_0448.jpg


食後のデザートは、柑橘の香りがふんだんに。
香りの秘密がちりばめられていて、その中にうっとりと迷い込むことしばし、そんな感覚。
最初から最後まで、1皿1皿の小さなサプライズと遊び心。
季節を変えて、また伺いたいお店。

はっとする冬の香り、そして春の香り。



2月21日 春に向けて、ビスケットトリュフの動画レシピ

DSC_3678.jpg


*おしらせ*
先日お知らせしました、ビスケットトリュフの動画レシピをinstagramにて、アップしました。
これからの季節、ひなまつりやホワイトデースイーツにもぴったりの春らしいキュートなお菓子です。


Img102914 - コピー


こちらに補足など。

*材料*12個分
プレーンビスケット・・・・・・・・・・40g
ホワイトチョコレート・・・・・・・・・80g
くるみ(粗みじん)・・・・・・・・・・20g
甘納豆(大きければ刻む)・・・・・30g
ラム酒またはオレンジジュース・大さじ1/2~1
粉糖や抹茶パウダー、ストロベリーパウダーなど

*作り方*
①大きめのボウルにビスケットを入れ、めん棒などで細かく砕く。
②耐熱容器にチョコレートを入れ、電子レンジで1~2分加熱し、スプーンで混ぜ、なめらかに溶かす。
③①にくるみ、甘納豆、②、ラム酒またはオレンジジュースを加え、混ぜ合わせる。
④ざっと4等分にする。(12個分できる分量)
⑤ラップの上にのせ、軽く茶きんに絞って丸く整える。これを12個作る。
⑥ラップをはずし、粉糖や抹茶パウダー、ストロベリーパウダーを茶こしでふる。


Img102347 - コピー


プレーンビスケットはなるべく香料など少ないシンプルなものがおすすめです。
ホワイトチョコレートは市販の板チョコを使用しています。
甘納豆は白花豆の甘納豆を刻んで使用していますが、お好みの甘納豆、またはミックスのものを使用してもよいでしょう。
電子レンジに一気にかけると、ホワイトチョコレートが焦げることがあるのでまずは1分かけて様子をみましょう。
生地がまとまりにくいときには、ラム酒またはオレンジジュースを小さじ1/4~小さじ2追加すると、まとまりやすくなります。

オーブンも火もいらずに気軽に作ることのできる即席おやつ、ながらも、味はしっかり本格派。
パウダーで色とりどり、華やかに仕上がります。
春に向けて、おいしいひとときの手伝いとなれば幸いです!

新刊「春夏秋冬 季節の焼き菓子とスイーツ」では、ベーシック+春夏秋冬5種のビスケットトリュフをご紹介しています。

◎ビスケットトリュフ
基本のビスケットトリュフ
春のビスケットトリュフ 甘納豆
夏のビスケットトリュフ キャラメル×オレンジ
秋のビスケットトリュフ 甘栗×ほうじ茶
冬のビスケットトリュフ チョコサラミ


IMG_0300.jpg



プロフィール

くにたちの食卓 いづい

Author:くにたちの食卓 いづい
くにたちにある小さな食のギャラリー、「くにたちの食卓 いづい」。料理教室や食のイベントなど、「食」を通して、人が集まる場所です。
ホームページをリニューアルしました。http://kunitachinoshokutaku.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR